通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
病気はなぜ、あるのか―進化医学による新しい理解 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆カバー、表紙状態:擦り傷などありますが、中古品としては概ね良い状態です。◆本文状態:書き込み、折れ、破れなど無く綺麗な状態です。◆丁寧な検品、迅速な発送を心がけます(主にゆうメールにて発送します。祝日、日曜日以外)◆簡易クリーニング済。◆ビニール防水梱包発送。◆女性スタッフが丁寧に検品、清掃していますが万が一コメント記載に違いがあった場合は対応致しますので、メールにてご一報下さい。ご注文お待ちしております。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

病気はなぜ、あるのか―進化医学による新しい理解 (日本語) 単行本 – 2001/4/15

5つ星のうち3.2 11個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥4,620
¥4,620 ¥1,525
お届け日: 9月23日 - 24日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
8 時間 50 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 病気はなぜ、あるのか―進化医学による新しい理解
  • +
  • 進化医学 人への進化が生んだ疾患
  • +
  • 進化から見た病気―「ダーウィン医学」のすすめ (ブルーバックス)
総額: ¥10,252
ポイントの合計: 102pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   私たちの体はこんなにもうまくできた構造をしているのに、なぜ病気にかかりやすいのだろうか。本書は「ダーウィン医学」(=「進化医学」、チャールズ・ダーウィンの自然淘汰の理論)をベースにして、病気やケガ、老化など我々にとって身近で重要な問題を、2人の進化学者がわかりやすく解説したものである。 

   著者らは病気の原因として、防御、感染、新しい環境、遺伝子、設計上の妥協、進化の遺産の6つを挙げている。そして、それぞれのカテゴリーの中で、病理は真価を認められないある種の利益と関係しているという例を紹介している。人間にとって病気は憎むべき存在だという思い込みが、根底から覆されるような考え方である。

   たとえば、防御について言えば、色白の人が重度の肺炎にかかると、顔色がくすみ、ひどい咳をするだろう。この場合、くすみは欠陥があることの表れであり、咳は防御の表れである。欠陥を治すことは有益であるが、防御を妨げて、排除してしまうと、大変なことになる可能性がある。しかし、実際の医療の現場はまさに、防御を妨げるような治療法が行われているのである。我々の体は長い時間をかけて、種の繁栄に有利なように進化してきていて、さまざまな肉体の現象は、どれもこの目的を果たす上で有効なのである。

   医学を進化の視点で見ることは、病気の進化的起源を理解するのに役立ち、その知識は医学本来の目標を達成するのに大いに役立つ、と著者らは自信をもっている。そして、我々は本書を手にすることによって、彼らの自信に間違いがないことを知るだろう。(冴木なお)

メディア掲載レビューほか

病気はなぜ、あるのか 進化医学による新し
著者のネシー氏はミシガン大学(Univ.Michigan)精神医学部教授で適応進化研究部門の代表、ウィリアムス氏は遺伝子淘汰説の提唱者の1人。生物の形態や行動に、永い進化の過程で培われた適応的な意味があるように、罹病や老化といったプロセスにさえ進化的な意味があると主張する。

 文人曰く、「人は病むように作られ、健やかにあれと願われ」。このギャップこそが人の多くの苦悩の源泉である。こうした文学的な命題を「進化医学」という独自の視点から解き明かしたのが本書。 

 例えば、著者らは「老化とは若さの泉だ」と指摘している。血管の老化、つまり動脈硬化にはカルシウムの沈着という現象が見られる。骨折に際して、カルシウムの代謝を変える遺伝子が関与し、その遺伝子はまた動脈硬化を促進する役割を果たす。

 つまり同じ遺伝子が一生の中でポジティブにもネガティブにも働くが、進化という立場から眺めると、この遺伝子は淘汰上有利に働く。遺伝子が老いた場合に不利に働いても、若いときにわずかに有利に働くならばその遺伝子は集団の中に広がり続けていくはずだ。

 このような研究報告を渉猟していくと悲惨で克服を至上命題とされている疾病の別な側面に気づかされる。例えば、記憶中枢である側頭葉が選択的にダメージを受けるアルツハイマー病。米国国立老化研究所(NCI)の研究者は脳の中でも最近になって進化した部位の異常が集中することに注目し、「過去400万年以上にわたって、人間の脳を非常に急速に増大させた遺伝子の変化が、ある人々にアルツハイマー病をおこさせているか、または、他の遺伝子の変化によって打ち消されることがまだないような副作用を生んでいるのではないか」と提案している。

 痛風はどうだろうか? うつ病は? 分裂病や児童虐待にも適応的な意味はあるのだろうか? 答えはすべて本書に書かれている。原題は「Why We Get Sick」だが、「病気はなぜ、あるのか」という邦題も意味が深い。


(日経バイオビジネス 2001/09/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画


登録情報

  • 単行本 : 414ページ
  • 出版社 : 新曜社 (2001/4/15)
  • 発売日 : 2001/4/15
  • ISBN-10 : 4788507595
  • ISBN-13 : 978-4788507593
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.2 11個の評価