¥2,530
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
疾風怒濤精神分析入門:ジャック・ラカン的生き方のス... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

疾風怒濤精神分析入門:ジャック・ラカン的生き方のススメ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/25

5つ星のうち4.7 12個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/9/25
¥2,530
¥2,530 ¥4,014
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 疾風怒濤精神分析入門:ジャック・ラカン的生き方のススメ
  • +
  • 生き延びるためのラカン (ちくま文庫)
  • +
  • ラカン入門 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥4,906
ポイントの合計: 48pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

かたおかいちたけ|早稲田大学文学研究科表象・メディア論コース修士課程

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

片岡/一竹
1994年栃木県生まれ。2017年早稲田大学文化構想学部卒業。早稲田大学文学研究科表象・メディア論コース修士課程。戸山フロイト研究会主宰、東京精神分析サークル会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社より

ニューロラカン 稲妻に打たれた欲望 はじめてのラカン精神分析 精神分析技法の基礎 ラカン派精神分析の治療論 ラカン派精神分析入門
ニューロラカン 脳とフロイト的無意識のリアル 稲妻に打たれた欲望 精神分析によるトラウマからの脱出 はじめてのラカン精神分析 初心者と臨床家のために 精神分析技法の基礎 ラカン派臨床の実際 ラカン派精神分析の治療論 理論と実践の交点 ラカン派精神分析入門 理論と技法
著者 久保田 泰考 ソニア・キリアコ 著 アラン・ヴァニエ 著 B.フィンク 著 赤坂和哉 著 B.フィンク 著
向井 雅明 監訳 赤坂和哉・福田大輔 訳 椿田貴史・中西之信・信友建志・上尾真道 訳 中西之信・椿田貴史・舟木徹男・信友建志 訳
内容紹介 ラカン対脳?!――これまでラカニアンにとって脳を語ることは暗黙のタブーだった。しかし真にフロイトへの回帰を志向するなら、その神経学的基盤にも回帰せざるを得ず、要するにフロイトは元来ニューロフロイトなのだ。では、ニューロラカンを語る根拠はどこに見出されるのか。人はそこで『エクリ』におけるピンポイント攻撃というべき脳への正確な言及を思い起こすだろう。精神分析と神経科学の交錯から明らかになるフロイト的無意識のリアルとは? 火事、強迫神経症、摂食障害、性的虐待、急性疾患など様々な外傷的な問題をもつ人の背後に両親や幼児期の葛藤、無意識に隠された欲望をみつけ、それを分析家に語ることで方向性を見いだしていく過程を鮮やかに描く。私たちが生きる上でみずからが自分自身の主体となって生きることの重要性を症例と共に分かりやすく解説する。ラカン派の精神分析の治療過程が分かるだけでなく、現代社会でトラウマに向き合う上で精神分析がなぜ必要とされるかが語られる。 日本語で読めるラカンに関する著作には、ラカンの没後30年を経た今日でも、ラカンの後期の概念・思想までを正確かつ端的に記述した入門書がこれまでなかった。本書は、これからラカンを学びたい人にとって、ラカンの概念・思想を平易に理解できる入門書であり、また自らラカンの原書にあたり理解を深めていくことができる手引き書である。 アメリカを代表するラカン派の精神分析家ブルース・フィンクが,現在流行する精神療法の諸理論との対比を通じて,今われわれを取り巻く臨床環境のなかで,どのような技法で具体的に何をするのがラカン的な精神分析なのかを明確化した画期的な書。ラカンに関心のある人々はもちろん,ラカンは難解で具体的なイメージが湧かないと無関心でいた臨床家にとっても,実にクリアにその実践イメージを与えてくれる好著。 本書は、ラカン派精神分析の実践について書かれている。ラカンの精神分析は、理論的には比較的知られているが、その臨床実践の部分はこれまであまり明らかにされてこなかった。著者は、現在もパリで続けられているミレールの講義(セミネール)を基にして、ラカン派の理論から実践の在り方を導き出した。したがって、本書には、ラカン派の技法が描かれており、加えて、後期を含めたラカンの思想体系の概要が記されている。 本書はラカン派精神分析の理論と技法に関する包括的で実践的な入門書である。著者ブルース・フィンクは2006年に『エクリ』全編の新英訳を完成させたアメリカを代表するラカン派の臨床家。ラカン理論を門外漢にもわかりやすく説明するその筆力には定評がある。ラカンの基本概念とラカン派の実践について豊富な事例を通じて手に取るように理解できる驚嘆の書。
疾風怒濤精神分析入門
疾風怒濤精神分析入門 ジャック・ラカン的生き方のススメ
著者 片岡一竹 著
内容紹介 精神分析の本質は病理的次元でなく倫理的な次元にある。そこでは病いに陥った人間が問題ではなく各人の生き方が問題とされる。精神分析を通して身体症状さえその多くが倫理的な意味をもっていることがわかる。哲学や思想や宗教と親和性のある精神分析の本質を、自らの経験をもとに分かりやすく書き下ろす。難解であるという定説を覆し不幸な受け入れられ方をした日本のラカン理解に楔を打ち込む一冊。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
評価の数 12
星5つ
93%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
7%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2018年8月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年7月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年10月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2017年10月2日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告