この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

疼痛学序説―痛みの意味を考える 単行本 – 2001/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(7)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 4,371 ¥ 1,997
単行本, 2001/2
¥ 8,953
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Pain is one of medicine's greatest mysteries. When farmer John Mitson caught his hand in a baler, he cut off his trapped hand and carried it to a neighbor. "Sheer survival and logic" was how he described it. "And strangely, I didn't feel any pain." How can this be? We're taught that pain is a warning message to be heeded at all costs, yet it can switch off in the most agonizing circumstances or switch on for no apparent reason. Many scientists, philosophers, and laypeople imagine pain to operate like a rigid, simple signaling system, as if a particular injury generates a fixed amount of pain that simply gets transmitted to the brain; yet this mechanistic model is woefully lacking in the face of the surprising facts about what people and animals do and experience when their bodies are damaged.

Patrick Wall looks at these questions and sets his scientific account in a broad context, interweaving it with a wealth of fascinating and sometimes disturbing historical detail, such as famous characters who derived pleasure from pain, the unexpected reactions of injured people, the role of endorphins, and the power of placebo. He covers cures of pain, ranging from drugs and surgery, through relaxation techniques and exercise, to acupuncture, electrical nerve stimulation, and herbalism.

Pain involves our state of mind, our social mores and beliefs, and our personal experiences and expectations. Stepping beyond the famous neurologic gate-control theory for which he is known, Wall shows that pain is a matter of behavior and its manifestation differs among individuals, situations, and cultures. "The way we deal with pain is an expression of individuality." --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

痛みとは何か!?さまざまなエピソードを交えながら、脳と痛みの微妙な関係を解き明かし、痛みの世界の不思議を科学する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 南江堂 (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4524223568
  • ISBN-13: 978-4524223565
  • 発売日: 2001/02
  • 梱包サイズ: 20.6 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,359,002位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

カスタマー
2002年5月10日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち4.7 10 件のカスタマーレビュー
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0Interesting
2013年6月6日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0How rare is a book...
2013年2月6日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0Everything You Need To Know About Pain
2016年11月18日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0Pleasant Reading About Pain
2000年8月22日 - (Amazon.com)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち4.0Four Stars
2017年4月23日 - (Amazon.com)
Amazonで購入