¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
疑似科学はなぜ科学ではないのか―そのウソを見抜く思... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

疑似科学はなぜ科学ではないのか―そのウソを見抜く思考法 単行本 – 2009/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 551

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

占星術やUFO、超能力が科学的と言えない理由、あなたは説明できますか。ウソを見抜く思考法を伝授。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウィン,チャールズ・M.
ブロンクス科学高等学校およびニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業後、ミシガン大学で化学の博士号(Ph.D.)を取得。学位取得後、平和部隊にボランティアとして参加し、マレーシアに赴き、ペナン州にあるマラヤン教員養成大学において教鞭を執る。現在、東コネチカット州立大学の化学教授。コネチカット州コロンビアに妻と暮らしている

ウィギンズ,アーサー・W.
ノートルダム大学卒業後、ミシガン大学において物理学で理学修士(M.S.)を取得。現在、オークランド・コミュニティカレッジ物理学教授、物理科学部長。ミシガン州ブルームフィールド・ヒルズに妻と暮らしている

ハリス,シドニー
アイザック・アシモフから「米国最高」と評される科学マンガ家。ブルックリン大学およびニューヨークの美術学校、アート・スチューデンツ・リーグに修学。「アメリカン・サイエンティスト」誌に掲載されたマンガは600を超える。シグマ・ザイ名誉会員にも選ばれている。1985年から米国各地の美術館においてマンガや絵画の展示会を行っている。「ザ・ニューヨーカー」誌など多くの雑誌にマンガが掲載されている。コネチカット州ニューヘブンに妻と二人暮し

奈良/一彦
1967年盛岡市生まれ。1992年岩手医科大学歯学部歯学科卒業。1996年岩手医科大学大学院歯学研究科修了。国立研究所協力研究員、企業健診歯科医、大学助手、障害者施設歯科医師、自治体技官を経て、現在、Scientific Thought and Ideology Labとして研究、翻訳活動を行っている。歯科医師、歯学博士。現在の研究分野:理論神経生理学、病態生理生態学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 海文堂出版 (2009/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 430373490X
  • ISBN-13: 978-4303734909
  • 発売日: 2009/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 765,061位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この手の本のなかでは、真面目で特に索引が優れている。
UFO、零的体験、占星術、創造説(反進化論)、超感覚(サイコキネシス)については特に詳しい
日本で猛威を振るう血液型占いが出てこないのがさみしいところではあります

挿絵はユーモアあふれるのですが、文章は少し”お堅い”ですね
もっと 疑似科学の効用面、つまり疑似科学になぜ人は惹かれてしまうのかについて
あたたかい眼差しをもって、しかし厳しく断罪すべきところは何なのかはっきり書いたほうが
共感しやすい

リチャード・ドーキンスは創造説に対して、熱くて厳しいが、人がなぜ信じたがるのかについても
極めて眼差しは優しい。

「人類が知っていることすべての短い歴史」のビルブライソンは 科学の専門家では無いが、科学とは何か
を教えてくれる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告