中古品:
¥11
お届け日 (配送料: ¥300 ): 5月23日 - 25日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★通常使用による若干の使用感はありますが、良好なコンディションです。 ★簡易クリーニング済み、防水梱包にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

異端者たちのセンターサークル──プロサッカー選手を育てるということ (サッカー小僧新書) (日本語) 新書 – 2011/10/25

5つ星のうち4.6 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2011/10/25
¥11
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

凋落の一途をたどる東京Vにとって、育成組織はなけなしの誇りだった。さまざまな苦境においても、育成に対する自負がクラブを支えていた。なぜ、多くのプロが生まれたのか。指導者が変わっても、方針やノウハウを保つことができるのか。そして、育成のアドバンテージをトップの強化につなげられなかった理由は―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

海江田/哲朗
1972年、福岡県生まれ。獨協大学を卒業後、フリーライターとして活動を始める。情報誌のライターを経て、2000年からサッカーの取材をスタート。2001年、ヴェルディの東京移転を機に定点観測を始める。以降、育成年代のサッカーにも対象を広げ、国内外の大会を取材。すっかりマイクラブとなった東京ヴェルディに軸足を置きつつ、日本サッカーの現在を追う。Jリーグ登録フリーランス(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 白夜書房 (2011/10/25)
  • 発売日 : 2011/10/25
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 190ページ
  • ISBN-10 : 4861918111
  • ISBN-13 : 978-4861918117
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
7 件のグローバル評価
星5つ
56%
星4つ
44%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年4月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年11月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年11月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年11月3日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年11月9日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年4月18日に日本でレビュー済み