中古品
¥ 149
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレ、が見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

異業種競争戦略 単行本 – 2009/11/10

5つ星のうち 3.9 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 143
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

流通vs銀行、家電vs光学機器、電気vsガス、フリーペーパーvs雑誌――成熟市場で「成長」を求める壮絶な戦いが始まった。予期せぬ競争相手の出現、破壊される収益構造など、進化するビジネスモデル戦争の本質を説く。

内容(「BOOK」データベースより)

新しいルールをつくれ!成熟市場で始まった顧客の奪い合い。それは、業界という枠組みを越えた戦い―“異業種格闘技”であり、ビジネスモデルの戦いである。この新しいタイプの競争構造を「事業連鎖」で読み解き、新たなビジネスのルールを確立するための手法を提示する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2009/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532314828
  • ISBN-13: 978-4532314828
  • 発売日: 2009/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 61,299位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 電力vsガスという対決の中にいる、エネルギー事業者にとって、本書のタイトルは気になるものなのではないだろうか。事実、電力とガスの競争についても紹介されている。
 異業種競争は、さまざまな場面で起きており、技術開発がこれに拍車をかけている。電力とガスの競争も、エコキュートやIHクッキングヒーターの開発が電力のガスの分野への参入をうながし、エコウィルやエネファーム、W発電の開発でガス会社が逆襲する、という構図だ。しかし、周囲を見渡すと、業界そのものがなくなるような競争が起きている。代表的な事例がカメラだ。デジタルカメラの登場によって、フィルムメーカーも街の写真屋もなくなってしまった。カメラメーカーは従来の家電メーカーがとってかわっている。あるいは音楽においては、ダウンロード配信によって、CDの販売量が落ちている。
 本書はこうした異業種競争における戦い方を分析したものだ。そこでは、消費者起点(音楽を聴く、画像を思い出に残す)でバリューチェーンを考えるという指摘、戦い方や自社の攻められそうな部分の分析などが示されている。とりわけ、大きな組織ほど、既存のビジネスモデルにしがみつき、消費者のニーズに対応できないという指摘は重要だ。また、異業種からの参入者が常に競争に勝つわけではない。キヤノンはデジカメ時代に十分な備えを持っていた。
 さて、本書で電力vsガスの
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
わかりやすい例満載で、読みやすいです。

既存の銀行vsネット銀行、証券会社vsネット証券、フィルム業界vsデジタル家電・・

今日起こっている、業界を超えた熾烈な競争を「異種格闘技」と呼び、
「今何が起こっているのか」「なぜ起こっているのか」を分析。

それをふまえて、「企業」と「企業」の競争を超えた、業界を超えた
事業連鎖、ビジネスモデルのしのぎあい、を身近な例をたくさんとりあげて
どのように闘うのか?どうすれば勝てるのか?どうすれば守れるのか?など
多面的な視点で分析しています。

残念なのは2点。
(1)同じ競争事例が何度も登場するし、また、類書や書籍で取り上げられて
いるビジネスモデルの競争の事例(マイクロソフト vs グーグルなど)も多い。
(2)ヤマト運輸、アップルの音楽配信、アマゾンの革新的なビジネス、など
残念ながら、異種格闘技を闘っているのは、産業、企業の最前線。決してコンサルティング
や経営コンサルタントの世界から、革新的なビジネスモデルは生まれていない。つまり
「後から分析」は、BCGをはじめコンサルのお得意ですが、概念的な競争の分類学、分析学を
読みすすんでいくうちに、
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者は本書を誰に向けて書いたのでしょうか。読み手が成長したいビジネスパーソンであるなら、本を読むことによって自分のビジネスや組織で応用、実践できないか常に考えながら読むのでしょうが、その点本書はそのニーズを満たしていないと思いました。新しい発想はなく、あったことをまとめて解説しているだけなので、新しいヒントを求めて本書を手に取ると失望してしまうでしょう。

もはや著者の視点は過去の現象をまとめている歴史家の視点なので、現在最新のビジネスに携わって、ビジネスの未来を作っていく現役のビジネスパーソンにとっては、So what?となってしまうのです。著者はビジネスパーソンでも、コンサルタントでさえありません。強いて言うなら語り部といったところでしょうか。既に多くの齟齬が表面化しているDELLのビジネスモデルを成功例と紹介するのはいくらなんでも古すぎます。強いて言うなら大学の一般教養の授業あたりが妥当なのではないでしょうか。

本書の内容は2008年ビジネスブレークスルーでの授業をまとめたものだそうですが、受講者の反応が知りたいところです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マーケティングを勉強している人や競争とはどういう概念かということを学ぶ上にはよく整理されていて分かりやすいと思いますが、私にとっては紹介されている事例や考え方が既に知っているものであったので少し期待はずれではありました。蔵書とするにはスペースがもったいないが、必要とする人も多いと思えるのですぐに図書館に寄贈するか、ブックオフにもっていきたくなったのが正直な感想でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック