この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


異性愛をめぐる対話 (日本語) 単行本 – 1999/11/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥107
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

 「異性愛」と聞いて自分のことだとピンと来る人はどれだけいるのだろうか。女性を好きになる男性、男性を好きになる女性はすべて「異性愛」者なのに。女性であること、男性であること。私たちは性別についてきちんと考えることがあるだろうか?

   本書には、同性愛者のカップルである著者が行った講演の記録と、美輪明宏などの著名人をはじめ、障害者、文化人類学者、結婚相談所所長などさまざまな立場にある人との対談が収められており、多角的に「性」が語られている。

   世の中はすべて女性と男性の2つの性に分けられるわけではなく、生物学的な性、社会的な性、恋愛の対象としての性と、一言で「性」といっても多様な側面があること。男性、女性以外の第3の性が存在する社会があること。日本はもともと女性的な(男性優位社会ではない)文化だったこと…。

   性別とは個人の話であり、かつ、社会の話なのだ。性別を考えることは、自分とは何かを考えるきっかけになる。そして社会を考えることにもつながる。

 あとがきに、「『ふつう』『常識』『あたり前』に縛られていると、他人の生き方を自分で評価して『裁定』し、無意識に他人を傷つけてしまうこともあるかもしれません」とある。誰もが一個の人間として認められたいと願っているこの社会で、自分が認めてもらうには他者を認めなければならない。そして、そのためには、私たち一人ひとりが、社会が、意識して変わっていかなければ何も変わらないのではないだろうか。(つちだみき)

内容(「BOOK」データベースより)

オトコとオンナじゃ割りきれない。愛はグラデーションだ!美輪明宏、中山千夏をはじめ、性転換者、インターセックス、障害者、人類学者などとの対話が現代社会の孕む“異性愛中心主義”のアブナさを明らかにする。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2015年9月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告