無料配送: 4月22日 - 23日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 22日の木曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
異世界建国記II (ファミ通文庫) がカートに入りました
+ ¥250 配送料
お届け日 (配送料: ¥250 ): 4月23日 - 25日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


異世界建国記II (ファミ通文庫) (日本語) 文庫 – 2017/12/29

5つ星のうち3.4 12個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥704
¥704 ¥1

よく一緒に購入されている商品

  • 異世界建国記II (ファミ通文庫)
  • +
  • 異世界建国記III (ファミ通文庫)
  • +
  • 異世界建国記 (ファミ通文庫)
総額: ¥2,112
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ロサイス王の国からアス領を与えられ、さらに王の実弟ライモンドの養子になったアルムス。アルムスはロサイス王の国の王位を継承するため、王の愛娘であるユリアと結婚することを決意する。そんな中、アス領の隣にあるディベル領から発生した難民問題が交戦へと発展してしまう。その問題に決着をつけるため、アルムスはディベル領の領主リガルから『神明決闘』を申し込まれるのだが…!?のちに『神帝』と呼ばれる男の英雄譚、第二弾が登場!

登録情報

  • 出版社 : KADOKAWA (2017/12/29)
  • 発売日 : 2017/12/29
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 320ページ
  • ISBN-10 : 4047349178
  • ISBN-13 : 978-4047349179
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 12個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
12 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年12月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 ユリアファンの方たち歓喜の2巻
ユーザー名: エリ8、日付: 2018年12月30日
1巻でヒロインとして涙を飲んだユリア逆襲のターンです!
まあそれはともかく1巻で主人公・アルムスは森の開拓村の村長から国の有力豪族アス氏族を束ねる長になったわけですが、2巻から本格的に「内政」を始めます。それに必要なキャラ達がアルムスの元に集い始めるわけで、WEB版ではもっと前に登場していた商人のエインズを書籍版では2巻にしたのはそれを強調する為かもしれません。
ロサイス国内の厳しい情勢を好転すべくアルムスを担ぎ上げようとするライモンド、敵対するリガル、そしてアルムスと結ばれたいユリア、ロサイス国を狙るドモルガル国の面々……様々な登場人物達の思惑が絡み合って7日間戦争と呼ばれる戦役が起こり、アルムスやユリア達が悩みながら行動します。1巻で好きになったら迷わず買って損はないでしょう。
WEB版との違いと言えばリガルの一族に対するアルムスの対処が書籍版では寛容になっていますね。これがどういう変化を生むのか……それとも「寛容」と「融和」という後の重大キーワードに繋がる事を示したのか……? これが気になるところです
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2021年2月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2017年12月31日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年4月24日に日本でレビュー済み