通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
異世界修学旅行 (ガガガ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

異世界修学旅行 (ガガガ文庫) 文庫 – 2015/10/20

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 640
¥ 640 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 異世界修学旅行 (ガガガ文庫)
  • +
  • 異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)
  • +
  • 異世界修学旅行 3 (ガガガ文庫)
総額: ¥1,900
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新しい異文化コミュニケーションコメディ!

高校の修学旅行中だった沢木浩介をはじめとした2年1組の面々は、気づけば中世ファンタジー風の異世界へと辿り着いてしまう。どうやらこの世界では100年に1度くらい異世界から人間が漂着し、漂着者はその度に世界の危機を救ってくれるという言い伝えがあるという。

普段から接している漫画とゲームとラノベとゆとりある教育のおかげでその手の話をすんなり受け入れた2年1組は、サクっと世界を救ってやろうと決意する。

だが、世界を支配せんとしていた魔王は既に倒されたあと。彼らの活躍する隙間はもう残っていなかったのである。さらに次の日食の際に儀式を行えばもとの世界に帰れると知り、拍子抜け。

しかし、異なる文化と文化がぶつかるところでは、必ず摩擦が起こるもの。異世界中に散らばった少年少女たちが世界各地で様々なトラブルの種となっている。

浩介たちは異世界という修学旅行先の各地で思い思いにはしゃいで回る個性的すぎるクラスメートたちを全員回収し、無事にもとの世界に帰還することができるのか。

異世界から帰るまでが修学旅行の異文化コミュニケーションコメディ。

内容(「BOOK」データベースより)

高校の修学旅行中に異世界へ飛ばされた少年少女。そこで出会ったお姫様から「異世界からあらわれし者が世界を救う伝説」を聞かされる。しかし彼らは普段から漫画やゲームに接し、ゆとりある教育のおかげで話をすんなり受け入れることができたため驚かなかった。だが、そんな彼らでも少しだけ驚いたことがある。それはこの世界の魔王はすでに討伐済みだったことだ―。異世界を救うのでもなく、導くのでもなく、異なる文化と触れ合いながら何かを学び取る。新しい異文化コミュニケーションコメディ!


登録情報

  • 文庫: 294ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094515755
  • ISBN-13: 978-4094515756
  • 発売日: 2015/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 407,951位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
2巻までセールだったんでライカのついでに買ったんですが、こっちの方が面白くて5巻まで買っちゃいました。
しかし書評しにくいですね。何かテーマがあるかというとよくわからん。
バトルロワイヤルみたいなスーパー高校生に囲まれた、取り柄の有るようなないような、自称潤滑油主人公が、日本のここ30年のポップカルチャーにやたら詳しい異世界の姫にいじられつつ突っ込み入れつつ、行く先々の問題を解決していく、ロードムービー的日常ミステリー成長劇?
語彙も豊富で文章読みやすく、いろいろレベル高いんですが、この作品の売りが何かって言うと説明しにくい。
キャラはそれぞれたっているんですが、萌えさせて購買意欲を掻き立てるキャラはない。
委員長もヒロインなのか微妙。
王女と主人公の軽妙な会話劇が一番の魅力かなあ。

しらび先生絵はうまいんですが、この1巻の表紙は作品の魅力を表現してなくてまずいでしょう。このタイトルと表紙で本屋で買おうと言う人は少ないはず。
委員長のキャラデザもちと違和感あり、ロリっぽいショートでなく、セミロングの幼なじみで良かったんでは。藤崎詩織をキツくしたような。
kindleでキャラ紹介や挿絵スルーして読んでたので、2巻の表紙誰だかわかりませんでした。
まあ委員長のキャラで売る話じ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Shige 投稿日 2017/5/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
率直に言おう。読んでいて目を覆いたくなる文章だ。
どこぞの小説投稿サイトに置いてあってもまったく違和感がない。
タチが悪いのは、素人より筆力がある分、苦痛が酷く感じられることだろう。

ひたすらメタ発言、雑学の披露、設定の強弁 等々、書き手の思い付きをひたすら並べ立てていて、何というか寒々しい。
ただただ"面白い"の見事な勘違いであり、異世界モノというジャンルに微塵の敬意もない。よくぞまぁここまで暴投ができるものだと、ある種の驚きを与えてくれる。

個人的に、メタ発言自体は一向に構わないのだが、随所でキャラクター自身に設定の矛盾や細部を否定させた点は気に食わない。
これはスピーチの冒頭に「私はスピーチが下手でして・・・」と言うのに似ている。先走る書き手の保身が見苦しく、見ている方が恥ずかしくなる。なにより、人物と世界を激しく乖離させるから控えるべきだった(狙ってのことなら何も言うことはないが)

総評としては、期待外れを通り越し、もはや苦行の領域。
もし精神鍛錬を望むのであれば、もってこいのチョイスだろう。

やがて恋するヴィヴィ・レイン、ストライクフォール、月とライカと吸血姫と、良作が並んだセールにしれっと紛れ込ませるガガガの手腕には脱
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
(以下、若干のネタバレを含みます)
タイトルからして「ファンタジー異世界で修学旅行をする話かな」と思うと、それがそのまま何の捻りもなく大正解というあまりにも直球なタイトルな上に、物語の道具立てもテンプレなようで、中身はかなりの変化球。
異世界に高校生たちが辿り着くまではテンプレ展開ですが、世界を滅ぼそうとしていた魔王はとっくに倒されたあとで、古典的な「異世界からやってきて世界を救う勇者」的な展開はなし。
辿り着いた先の国はとても平和で繁栄していて、最近流行のいわゆる「内政チート」や「軍師もの」の余地もなし。
主人公は特技もないただの高校生な上に、異世界でも特別な能力に目覚めたりせず現実世界そのままの能力なので「TSUEEEE」系でもない。
女の子キャラは多数いるものの(イラストかわいい)、特に主人公ハーレムが作られるわけでもない。
戦闘能力は普通の高校生なのでゴブリンさえまともに倒せないし、異能に目覚めたりするわけでもない。
一応お約束として、現実世界の知識などを用いて異世界の人々を救ったりする展開もあるにはあるが、現実の高校生でもこれくらいならできるんじゃないかという範囲を超えない上に、ギャグを交えながらサクっと処理される。

…と並べてみると一見マイナスの要素ばかりですが、しかしこれが妙に
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
いいおっさんがたまにラノベを読みたくなる。
求めるものは「軽妙なトーク、ノリ」である。本書はその欲求を完璧に満たしてくれた。
登場人物が、自らキャラクターであることを自覚しているメタ物語的なノリもくすっと笑わせてくれる。
そしてそれが最終章で、「おっ」と思わせてくれるテーマ性へと変わる。
あの最終章は、「なにいい感じに終わらせてんねん!」とつっこんで後頭部をはたくのが正しい反応なのかもしれないけど、僕としては構造主義的歴史観として高く評価したい。
現実社会で、イスラム圏の連中がなぜ欧米に怒っているのか考えるとき、「世界観」というサブカル周辺の言葉を使うと意外にうまく説明できそうな気がする。
ゲームバランスが崩れるようなチートを持ち込まれたという。
バーチャファイターやってるのにマシンガン持ったキャラで参戦されたという。
そういう「お前ら出ていけ」感として子供たちに説明できるのではないかという気がする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー