通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書) 新書 – 2007/3/23

5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)
  • +
  • 留学で夢もお金も失う日本人~大金を投じて留学に失敗しないために~ (扶桑社新書)
総額: ¥1,598
ポイントの合計: 87pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ブログや、アマゾン、MIXIのレビューで紹介され
増刷に次ぐ増刷で、発売から1年足らずで5刷まで発行された話題の新書!

8月に続刊『英語は勉強するほどダメになる』が出版され、
6月には『「逃げ上手」ほど生き上手』が他社より出版されている
売れ行き好調の栄陽子の新書シリーズ第一弾。

アメリカの「大学」を卒業したのに、就職できない!?

「失敗留学」を招く、思い込み、勘違い、留学仕掛け人...。
留学しても英語のできない人が多い理由、
日本で初めて"留学カウンセラー"という職業を作り、今までに6000人もの進路相談をしてきた"留学"の第一人者がそれを暴く。

「英語ができない人は頭が悪い?!」
そう思い込む日本人に衝撃の一冊。
この本を読めば、英語コンプレックスを解消できる?

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカの「大学」を卒業したのに、就職できない!?留学しても英語のできない人が多い理由、“留学”の第一人者がそれを暴く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 190ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2007/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594053440
  • ISBN-13: 978-4594053444
  • 発売日: 2007/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 130,129位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
想定読者は、次のような方です。
 1.息子・娘さんが、突然、留学したいと言い出したそのご両親。
 2.大学生活や社会人生活をリセットしたくなり、『留学もいいかも』と考えた方。
 3.海外の大学への留学を斡旋するダイレクトメールを見て、心を動かされた方。
留学が大衆化されてきたことを背景に、エセ留学コンサルタントが、『かんたん米国大学留学』的商品を、多数売り出しておりますが、飛びつくことの危険さを、実例入りで平易に語っています。 米国大学のシステムや実情を知らぬままに、出来合いの商品を買うがごとくお子さんを留学させてしまうと、大切なお子さんに、成功体験ではなく、失敗体験をさせてしまいかねませんよ、という警告です。

本著を読めば、以下のような点を大つかみで理解できます。
 1.大学卒という学位取得を目的とする留学は、英語力と学力(点数)が低くては、入学そのものが簡単ではない。
 2.入学できても、卒業する(学位取得)には、多少のことではへこたれない、強い意志と努力が必要である。つまり、卒業は簡単ではない。
 3.米国に文部科学省相当の政府管理がないため、日本の夜間高校や職業訓練の専門学校と同等の学校も、大学と名乗っている。結果として、大学と名が付く学校は4000校以上もある。
 4.つ
...続きを読む ›
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
語学留学も含めると海外に留学する日本人は大変な数に上る。海外の大学や大学院も、一見するといまや遠い存在ではない。しかし、意外にその実態は知られていないようだ。

私は、本書を読むまで、アメリカのコミュニティカレッジというものが本当はどういうものなのかを知らなかった。また、英語力不足で結局大学に進めず大学内の語学学校だけで終わっている日本人についても。さらに、日本人の留学エージェントの中には決して良心的とはいえない人たちもそれなりにいて、よく下調べもしないで留学を志している若者やその両親の中にはそのようなエージェント経由で留学して悲惨な目に遭ってしまった人達が大勢いるという実態についても知らなかった。

さらに読み進めていくと、そのような悲劇を生む背景として、そもそも多くの日本人の心の中には英語に対する大きな勘違いが横たわってしまっているという現実があることを著者は指摘する。「英語を学ぶ」より「英語で学ぶ」ことが大切という当たり前の著者の主張にハッとさせられる日本人は意外に多いのではないだろうか。

一方、著者は、ほとんど日本人しかやらないような単なる語学留学やコミュニティカレッジ留学を除く、本当の海外留学の素晴しさや利点についても、きちんとページを割いて説明している。

中国や韓国やインドなどから来る留
...続きを読む ›
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とし太朗 投稿日 2013/5/26
形式: 新書 Amazonで購入
プラスの評価面については他の方が既に色々言っていると思いますので
個人的に良くなかった点、気になった点を中心に挙げたいと思います。

まずオーストラリア・ニュージーランドなどオセアニア地域の留学が増えつつあるという前置きがあるにも関わらず
この本はアメリカ留学についてしか書かれていないので注意。
イギリスやカナダやフィリピン、オーストラリア留学などの情報は得られません。
留学エージェントにはそれぞれ得意な地域があるとの記述があるので著者は恐らくアメリカにしかコネがないのだろうと思われます。

色々問題点があるこの本であるが、タイトルの通り前半は留学に失敗した例(本に書くくらいなので大げさな失敗エピソードばかりを抽出している)が続く。
ただ失敗した例をいくつか読んで見ても、金銭的、時間的な損はしてしまったがタイトルの様に「人生を棒に振ったような人」はほとんど見受けられなかった。これはある意味では幸いな事でもあるが。
著者が言いたかったことは「コミュニティ・カレッジ」という、日本で例えるなら商業高校の夜間部のような職業訓練の性質が強い、
著者の言葉を借りれば「教育レベルが低い学校」もアメリカでは「大学」を名乗っていて、
そういう場所は学費が安いことが多いのと、英語能力
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書の要点は1点のみ。
それは「日本人は英語を勉強する為に留学するが、他の国の人は英語で勉強する為に留学する」だ。
このため、日本人が留学すると1ヶ月でマスターできる様な日常会話レベルの英語で満足してしまい、お金を無駄にしてしまう。
一方で、他の国の人はそもそも英語を使って仕事をすることを見据えて勉強に来ている為、英語のマスターのスピードも、その英語というツールを活かす能力も圧倒的に違ってくる。
この意識を持っている限り、日本人が留学しても失敗する人が後を絶たない。

上記の点を色々な事例(大学とは名ばかりの専門学校にいってしまった人、子供の時から英語を習得させる為に中学生からアメリカに留学させ失敗した人等)を交え説明している。

最後まで読んだ感想としては、この内容であればWEBページで十分なボリューム。
内容としては購入する価値はほとんどないだろう。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す