通常配送無料 詳細
通常9~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後にクリスタルパック梱包して発送致します。 ★同時に複数ご注文いただいた場合、2冊目以降は送料の一部を後日返金致します*FBA商品(アマゾンより出荷の商品)は返金対象外となりますのでご了承下さい。*
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

画廊と「日常」 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/15


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2011/12/15
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 446

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1724」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Kindle書籍 2冊以上購入で『20%ポイント還元』
小説・ビジネス・ライトノベルの人気タイトルがお買い得。お好きな本を2冊以上購入で20%ポイント還元! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「現代美術は時代と合わせ鏡である」—高度経済成長期がピークに差し掛かった1985年、当時としては珍しく東京の郊外・吉祥寺に一つの現代美術画廊「双ギャラリー」が誕生した。それから25年余り、森村泰昌・多田正美・島州一・菅木志雄・吉澤美香・安斎重男らとともに駆け抜けた80-90年代を画廊主が振り返る。 名をなした作家の若かりし日のエピソード、夜を明かして皆が語り合った当時の熱気・・時間を経たいま、懐古ではなく貴重な証言として現代に新鮮な感覚を呼び起こす。

はじめに
第一章
日常と非日常/アートの現場から/アートは社会の中でいかに機能するか/双ギャラリーの道程/画廊の日常 第二章 グループ展
1985年—2000年
第三章 個展
島州一/多田正美/森村泰昌/菅木志雄/2005年・20周年
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

双ギャラリーは、多数の作家を国の内外に発見し、新しい表現作品を世に送り出してきた。その26年は、たゆまぬ挑戦の歴史でもあった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: 青幻舎 (2011/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861523257
  • ISBN-13: 978-4861523250
  • 発売日: 2011/12/15
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.7 x 3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 865,922位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう