中古品
¥ 4,097
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

画図百鬼夜行 単行本 – 1992/12

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 32,854 ¥ 4,097
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

安政5年に刊行された鳥山石燕の妖怪画集。妖怪図鑑のようなスタイルの画集。


登録情報

  • 単行本: 348ページ
  • 出版社: 国書刊行会 (1992/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4336033862
  • ISBN-13: 978-4336033864
  • 発売日: 1992/12
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 19.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 472,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
今や京極夏彦の諸作品ですっかり知名度が上がった、狩野派の絵師・鳥山石燕の妖怪画集である。 本書のタイトルだが、角川文庫版では「がずひゃっきやこう」、京極の『姑獲鳥の夏』の本文中には「えずひゃっきやぎょう」と、それぞれ読み仮名がふってある。まあ、読み方はどちらでも良いのだろう。 本書は表題作の他に、シリーズ作の「今昔画図続百鬼」「今昔百鬼拾遺」「百器徒然袋」を加え、全4部となっている。 朝日新聞の記事の言葉を借りれば、この画集の妖怪達は、「どんな時、どんな場所に出現したかという伝承や物語についての説明はほとんどなく、姿形や性質の情報だけがまるで陳列品のように並んでいる」のである。全くその通りで、中には説明は皆無で、妖怪の名前だけしか記されていない画も少なくないのである。  こうなるとやはり情報が欲しくなってくる。この国書刊行会版は、全ての画に短い解説を付けてくれているので非常に有り難い。原書よりはやや縮小して印刷されているのが残念だが、レイアウトの関係で仕方がなかったのだろう。製本はしっかりしており、印刷も秀逸、保存版としては最適だろう。ただ少々高値なので、とても手が出せないという方が多いのではないだろうか。 それにしてもこの古(いにしえ)の時代の画集を眺めていると、本当に妙な気分になってくる。妖怪達の造形も然る事ながら、石燕の絵師としての力量には感服するのみである。この時代の人々はどのような思いでこの“天下の奇書”を受けとめていたのだろうか。   
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 愛嬌のあるユーモラスな顔をした妖怪変化が描かれているたのしい画集である。

喜多川歌麿に興味があり、歌麿の師匠である鳥山石燕の作品集なので、この本を購入した。私は、妖怪や幽霊の画集が苦手なのだが、この本に描かれている妖怪たちは、恐ろしくなく、ユーモラスな顔をしているものが多い。穏やかな表情をしている妖怪もいる。

この本の構成は、見開き2ページごとに、原本の見開き2ページが縮小・影印(写真版)されていて、余白に原文の翻字(活字化)したものと解説が載っている。

江戸の版本やくずし字に関心のある人は、おもしろく読むことができると思う。また文献案内も充実しているので、解説の中で使われている文献について、もっと詳しく知りたいと思う人にも便利である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/3
形式: 単行本
現代の妖怪画の元と言われているだけあって非常におもしろいです
簡単な説明などもついていますが、画を見ているだけでも充分楽しめます
オススメです
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まろたかちほ 投稿日 2014/11/10
形式: 単行本 Amazonで購入
文庫版の百鬼夜行図は持っていましたが細部が見にくく思い切って大判を買いました。やはり、いいですね。原本はボストン美術館にあるのでしょうか?是非、世界記憶遺産にして欲しい。山本作兵衛に続く世界遺産です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
妖怪好きなら必ず持っておきたい大書版。
値段は高いが、それだけの価値があります。

妖怪絵巻は古より多数ありますが、石燕の功績は
妖怪たちに明確な姿と名を与えたことでしょう。
ここに登場する妖怪たちはこれによって成立し、
後々まで語り継がれる存在となったのです。

姿と名を与えられれば、それは「もの」として存在できるのです。
たとえ空想の産物であっても。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告