中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

町長選挙 単行本 – 2006/4

5つ星のうち 3.7 155件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,337 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

伊良部、離島に赴任する。そこは町長選挙の真っ最中で…。「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」直木賞受賞作『空中ブランコ』から2年。トンデモ精神科医の暴走ぶり健在。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

奥田/英朗
1959年、岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て作家になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163247807
  • ISBN-13: 978-4163247809
  • 発売日: 2006/04
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 155件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 490,889位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
「インザプール」、「空中ブランコ」に続く第三弾なんだけど、今回は「ナベツネ」、「ホリエモン」、「黒木瞳」に似た登場人物のお話+題名になっている町長選挙が伊豆諸島の小島で行われる様子が描かれています。
相変わらず悩むのがアホらしくなる要素満載で癒された。
特にナベツネ、ホリエモン、黒木瞳は本当に本人たちに取材したんじゃないかと思える程、愉快な話です。

■読んで欲しい人
・使命感に押し潰されそうな人
・やらなきゃいけないと思っている人
・悩みがある人
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ほしけん 投稿日 2017/4/6
形式: 文庫 Amazonで購入
面白かった。こんな医者がいれば是非かかりたいものだ。
人間臭さがいいですね。
もっとシリーズが出ればいいのにと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は前2作と比べても、同じように楽しめました。
ただ、マユミさん ちょっとキャラが変わったというか、仕事を楽しんでやるようになったのかな?
とにかく、期待を裏切らない面白さでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
才能があるのかないのか、いやそもそも大人と呼んでいいのかどうかすら怪しい

神経科医・伊良部一郎と、彼に振り回されながらも回復してゆく患者たちのシリーズ続編です。

が、今作には伊良部の出番が少なめ、オチも消化不良気味というエピソードが多いです。

伊良部に傍若無人で無茶な活躍(?)を期待していると肩透かしをくらうでしょう。

実在の人物をあまりに明確にモチーフとしている点も評価が分かれるかもしれません。

それでも表題作となる「町長選挙」は展開が気になる内容で、一気に読ませてくれます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
トンデモ精神科医伊良部シリーズ第三弾。帯コピーの「伊良部だって、ひきこもる」が本作の残念さを物語っている気がする。そこしか拾うところがないのかねえ。だってこれ、クライマックスでもとりわけ印象深いエピソードでもないのに。このコピー、表題作中のエピソードなのだが、四編中三編までがある種のモデル(パロディ)小説で、表題作のみがオリジナル。このバランスの悪さはなんだろう。
加えてこれまでと異なる点に、
★伊良部の存在感が希薄化
★看護師マユミのキャラに異変あり
があげられよう。ファンから不満の声が出たのも無理はあるまい。
しかしながら、「つまらない」とバッサリ書けないのが厄介なところで。三編のモデルは明らかにナベツネ氏、ホリエモン氏、黒木瞳さんなのだが、文庫ゆえタイムリーさは損なわれているものの、笑ってしまったし、思わず唸らされてしまう場面もあった。
思うに、三編が伊良部シリーズ本編に組み入れられているから違和感を醸すのでは。伊良部の存在感はかすむし、表題作は浮くし、ネタが尽きたか?と憶測を生むし・・・いいことがないではないか。スピンオフ的位置づけであれば割り切って楽しめたのではと思う。
シリーズを読んできた者としては・・・多弁なマユミには関心が持てない。あきれるほどぶっ飛んだ伊良部が見たい。誰かの顔が浮かぶ話より、区民
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
トンデモ精神科医伊良部シリーズ第三弾。四編中三編までがある種のモデル(パロディ)小説で、表題作のみがオリジナル。このバランスの悪さはなんだろう。
加えてこれまでと異なる点に、
★伊良部の存在感が希薄化
★看護師マユミのキャラに異変あり
があげられよう。ファンから不満の声が出たのも無理はあるまい。
しかしながら、「つまらない」とバッサリ書けないのが厄介なところで。三編のモデルは明らかにナベツネ氏、ホリエモン氏、黒木瞳さんなのだが、笑ってしまったし、思わず唸らされてしまう場面もあった。
思うに、三編が伊良部シリーズ本編に組み入れられているから違和感を醸すのでは。伊良部の存在感はかすむし、表題作は浮くし、ネタが尽きたか?と憶測を生むし・・・いいことがないではないか。スピンオフ的位置づけであれば割り切って楽しめたのではと思う。
シリーズを読んできた者としては・・・多弁なマユミには関心が持てない。あきれるほどぶっ飛んだ伊良部が見たい。誰かの顔が浮かぶ話より、区民プールの忍び込みに失敗する無名の会社員の話が読みたい。
そうして思い切り笑いたいのだ。

少し厳しいけど、星3つかなあ。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー