中古品
¥ 165
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年並みですが概ね良好な状態です。不備がございましたら返金にて対応させていただきます。ご注文確認後迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

男気万字固め (幻冬舎文庫) 文庫 – 2007/2

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 215
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,350 ¥ 90
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

テレビチョップの人気連載企画であったロングインタビューコーナーを新規取材を加え単行本化。著者は吉田豪。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「3つで不良と呼ばれて15で卒業したよ」(ガッツ石松)、「海外で拳銃買って謹慎しちゃった」(山城新伍)―。一晩で何百万とつぎ込む酒に世界の女味比べ、今や絶対不可能なテレビ企画など驚くべき秘話を持つ男気溢れる五人に肉迫!世界の常識にとらわれず、自分の嗅覚のみを信じて生きた男たちの一言一言にきっとあなたも酔いしれるはず。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 430ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344409191
  • ISBN-13: 978-4344409194
  • 発売日: 2007/02
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 206,619位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
帯にある「これが男の生き様だ!思い知れ!」とあるとおり、

いまだからこそ知るべき男気あふれる名インタビュー集です。

山城新吾、ガッツ石松、張本勲、小林亜星、さいとう・たかを、

そして文庫化記念特別収録・本宮ひろ志!最高!

男気特別対談には乙武君!いままでの乙武君のイメージが変わります!

常識にとらわれない真の男たちの一言一言が胸に響きます。

どのエピソードもプロインタビュアー最高峰・吉田豪氏だからこそ引き出せた逸話ばかりです。

ぜひ皆さんも世間のイメージを捨てて、この素晴らしき男たちの熱き話を読んでください!
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EXPO'70 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2003/11/17
形式: 単行本
『吉田豪は、相手の99の話を引き出し、100の力で書く。
そして読者に200以上を夢想させる。
だからこそ、芸能本史上、最強の聞き手として、
300パーセント推薦するしだいである。』
―――浅草キッド・水道橋博士(本書・帯より)
自らその会社のスターでありながら、有数の《東映ウォッチャー》でもあった山城新伍。実は意外に頭がいいのかもしれない……、と、(一瞬とはいえ)思わせたりもするガッツ石松。読む前は予想もしなかった、胸を打つエピソードを数多く披露してくれた張本勲。読んでいて何度、「新婚さんいらっしゃい!」の桂三枝のように(?)、その場でひっくり返ったかわからないほどアナーキーな漢(オトコ)・小林亜星。その作品以上にご本人が面白すぎる(?!)さいとう・たかを………、これからどうがんばって生きようと、本書に登場している、こういった面々のような男になるのは難しいだろうし、もしこんな人生を送っても、時にはまわりが大迷惑をこうむるだけだったりするのかもしれない。何よりも時代が、こういう生き方を主流とみなさないだろう。いや、でも、だからこそ、時にはこんな男たちの、アツい生きざまに触れてみたいのだ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/2/11
形式: 単行本
山城新伍、ガッツ石松、張本勲、小林亜星、さいとう・たかを、との対談集。
吉田豪、なんでこんなに詳しいんだろうって。細かい注釈もありがたい。
その著者の知識の広さも魅力の1つである対談集だが、中でも参ったのは張本勲氏の一言。
《私の人生哲学の1つに「これほどの努力を人は運と言う」、「お前、運がいいやっちゃなぁ」って言われるけど、「死ぬまで俺は努力しとるんや、それをお前ら知らんのや」、まぁ知らんでいいんですけどね。》
これをさらっと言えることに大物ぶりを見せつけられる。
「俺はこんなに努力したのに何で駄目なんだろう、そう言う奴は努力が足りないからだろ。」以前ビートたけしが言っていたのを思い出す。偉大な男はやっぱり違う、そう改めて思い知らされる一冊だ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
山城新伍、ガッツ石松、張本勲、小林亜星、
さいとう・たかを、本宮ひろ志インタビューに、
乙武洋匡氏との対談が読める一冊。

6名の漢たちの言の葉から滲み出る表裏のない、
圧倒的な存在感は、読者を夢中にさせてくれます。
読後感も最高です。

もちろん吉田氏の徹底的なリサーチにより、
更に深く掘り下げているのも、さすがだと思います。

元気を出したい男の為の一冊!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2007/4/5
形式: 文庫
「偉大な男の条件」をあなたは答えることができますか?

プロインタビュアーとして毎月多くの著名人に徹底的な下調べのもとインタビューをこなしている著者の出した答えは意外なものでした。

インタビューだったからこそ、吉田豪だったからこそ、思わず口走ってしまった山城新伍、ガッツ石松、張本勲、小林亜星、さいとう・たかを、本宮ひろし、乙武くんの発言を「マジ!?」と読み進めてください。

絶版だった単行本は文庫化直前まで古書界で高騰していました。

それが一体何を意味していたのか、いかにテレビから伝わってくる情報は一面しか捕らえていないか、そして、著者が導き出した本当に偉大な男の条件とは何なのか、それを知る機会はここにあります。

それにしても、よくこの内容でゲストがOKしたよなぁ・・・。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー