購入オプション

割引: ¥ 118 (12%)
Kindle 価格: ¥850

(税込)

獲得ポイント:
9ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[小室 淑恵, 天野 妙]の男性の育休 家族・企業・経済はこう変わる (PHP新書)

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

男性の育休 家族・企業・経済はこう変わる (PHP新書) Kindle版

5つ星のうち4.3 53個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥850
新書 ¥968 ¥229
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

現在、若手男性社員の8~9割が取得を希望している男性の育休。しかし、社員の希望とは裏腹に、取得率は7%台と横ばいを続けている。日本経済に深刻な影響を与える人口減少の突破口として、さらに日本企業を活性化させる施策としても期待されている男性育休。にもかかわらず普及しない理由、「男性育休義務化」が注目される背景は何なのか。自民党有志議員による「男性の育休『義務化』を目指す議員連盟」の民間アドバイザーである著者2人が、豊富なデータや具体的事例をもとに詳説。基本的な制度や取得の際の注意点から、社会的課題までがこの1冊で理解できる。 --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小室/淑恵
株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長。資生堂を退社後、2006年に株式会社ワーク・ライフバランスを設立。1000社以上の企業や自治体の働き方改革コンサルティングを手掛け、残業を削減し業績を向上させてきた。その傍ら、残業時間の上限規制を政財界に働きかけるなど社会変革活動を続ける。著書多数。ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座主催

天野/妙
株式会社Respect each other代表、みらい子育て全国ネットワーク代表。日本大学理工学部建築学科卒業。株式会社リクルートコスモス(現コスモスイニシア)等を経て、性別・役職・所属・国籍に関係なく、お互いが尊敬しあう社会づくりに貢献したいと考え、起業。ダイバーシティ/女性活躍を推進する企業の組織コンサルティングや、研修など、企業の風土変革者として活動する傍ら、待機児童問題をはじめとした子育て政策に関する提言を行う政策起業家としても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
--このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B08HYR4CKD
  • 出版社 ‏ : ‎ PHP研究所 (2020/9/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/9/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 23133 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 53個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
53 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年10月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年10月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 育休取らせてもらったことに意義がある
ユーザー名: まさ@育休中公務員、日付: 2020年9月23日
4ヶ月間の育児休業を取った男性公務員です。
男性育休を広めていくことは、さまざまなバックグラウンドを持つ人、皆が幸せになれる社会への第一歩。社会を変えるレバレッジポイントになるんだ!という育児休業に関する著者の思いが込められた一冊でした。
安定していて仕事が楽そうというイメージを持たれがちな公務員業界であっても、勤務地の規模や風土は様々だし、男性職員でも育休取りやすい職場とまだまだ難しい職場の差が大きいです。私はたまたま理解ある配属先だったからとれたと感じています。
この著書では、男性が育児休業を取りやすい環境を整えていくことは、遠からず社会の変化に適応できる企業にとって避けては通れない情勢にあることを様々なデータを紹介しながら説明されていました。男性の育児休業を巡る現在地、と将来に向けた変化への期待が込められていると感じました。
当初は私自身も家族のため自分のために育児休業を取りたいという気持ちが先に立っていてどこか後ろめたさを強く感じていましたが、「男性の育休は社会を変えるボウリングの一番ピン」という言葉もあるように、働きやすさや職場の多様性の器を広げるといった様々な変化のきっかけになるのではと前向きな気持ちも持つことができるようになりました。今は、この先同じ職場で次に続きたい方の背中を押す存在になりたいと思っています。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年1月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告