中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古書につきカバーキズなど多少のイタミあり。通読に問題ございません。帯なし。アマゾン専用在庫につき品切れはありません。丁寧に美化加工の上、迅速な発送を心掛けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

男の人って、どうしてこうなの? 単行本 – 2003/3/1

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

だから男は責められる!
ベストセラー『男の子って、どうしてこうなの?』の大人版!

妻と対等に話しあえない、子育てから逃げる、
本音を語りあえる友人がいない・・・・・・
なぜ今、男たちは傷つき、孤立しているのか。
男たちが抱える問題を明らかにし、真に成長するための7つのステップを説く。
自分には何か欠けていると感じる男性、男性を理解したいと願う女性のための本!

【男が大人になるための7つのステップ】
○父親との関係を修復する
○セックスに神聖さを見出す
○パートナーと対等に向きあう
○子どもと積極的にかかわる
○同性の親友をもつ
○自分の仕事に愛情をもつ
○野性のスピリッツを解放する

内容(「BOOK」データベースより)

妻と対等に話せない、子育てから逃げる、本音を語れる友人がいない…傷つき、孤立する男たちが真に成長するための7つのステップを説く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: 草思社 (2003/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794211961
  • ISBN-13: 978-4794211965
  • 発売日: 2003/3/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,402位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自信を持って自分の人生を生き、外面的にも魅力を持つ男性になるためのアドバイスを示した本です。非常に参考になりました。
いわゆる肉体的な強さとか、男気を見せたりすることではなく、自分の中に自然にある「真の男性性」を引き出すことで、自分や周囲を傷つける孤独、強迫的な競争心、臆病さを克服していくことを目指しています。
とりわけ重視しているのが、父親ほか年長の男性とのコミニュケーションをとること、自らの感情や野性的な衝動を抑圧せずに受けとめ、暴力に訴えず表現する技術をつけること、そうして得たものを次の世代に引き継ぐことです。
「まえがき」の冒頭に、本書の初版が刊行された時の反響が書かれてますが、読み終えた人が、友人知人のためにまた何冊か買っていった、とい!う気持ちはとても理解できます。私も「父親との関係を修復する」のところを読んでて、電車の中で涙が出そうになって困りました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前著「男の子って・・・」のほうを読んでいないので
はっきりしたことは言えないのですが。
邦題とオビをみると「家庭生活上での夫に不満を持つ妻」
向けの本のようですが、さにあらず。
原著のタイトルは“Manhood”、男性が男性として魅力的にかつ
自身幸せに生きるには何が必要か、という問題について
かなり実践的な提案をしている本です。
ホルモンなど生物学的な話はあまり出てきません。
複雑な人間関係に具体的にどう向き合っていくかを指南しているので
男性にとってはかえってハードでしょうが
有効な内容ではないでしょうか。
それにつけても邦題とオビは、「主婦」に買わせようという
意図がみえみえ。それならそれで、このような「男性」を女性たちはどう受け止めればよいのかについて、
盛り込むべきでした。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
男の子から大人の男になる為には、年上の大人の男が必要なんだ。
一人、一人の努力と協力で素敵な大人の男になろう。
全ての若い男の人に読んでほしい。
女性にもおすすめです。男の本音がわかるかも。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本は2003年に出版されたので少し(かなりかも)遅れて出版
その理由として考えられるのは、10年前の日本では理解されにくかったかも
女性よりも男性の方が、無理をして生きていることを
男性だけでなく女性にも考えてもらおうとする内容
平均寿命・自殺者から、女性より男性が短命になっている
男は何を考え、何を抱えているか
そして、これから何が課題として必要なのか
私は女性だから感じるのかもしれないが・・・・・
この本の中で男性は「やりがいのある仕事」がキイワードに感じた
ということは・・・・・・・
短命の原因は「やりたくない仕事」を世界中の男性がしているのか?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告