通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
男のための最強離婚術―5800人の相談者が驚愕した... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

男のための最強離婚術―5800人の相談者が驚愕した慰謝料・養育費・親権・財産分与・不倫・浮気 あなたの離婚問題はこの1冊ですべて解決! 単行本 – 2007/12

5つ星のうち 1.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 206

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 男のための最強離婚術―5800人の相談者が驚愕した慰謝料・養育費・親権・財産分与・不倫・浮気 あなたの離婚問題はこの1冊ですべて解決!
  • +
  • 男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則 慰謝料・養育費・親権・財産分与・不倫・浮気
  • +
  • 男の離婚術 弁護士が教える「勝つための」離婚戦略
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

本書は子供の養育費を1つの共通点として離婚した夫婦の人間模様を描くものです。                                                 具体的には夫婦どちらかが再婚し、男性が養育費の減額を求める場面にあらわれる「元」夫婦間の押し問答です。
                              
 離婚問題に比べ、離婚「後」の夫婦の問題には焦点が当たっていない。電子書店amazonの離婚本ベスト10(19年4月7日時点)はすべて女性擁護の類書です。女性に比べ男性は経済力があり購買しやすい。                                                                                                               離婚件数は毎年20万カップル、そのうち6割である12万件が子連れ離婚です。対象読者は毎年12万円ずつ増加しており、不確定な離婚待機者に比べその数は明確です。
                                                                                       
 当事務所では「離婚後の元夫婦の問題」の有料相談を18年3月から1年にわたり81件受けてきました。そのうち男性本人からの相談は58件、男性の再婚相手からの相談は23件。
                                                                                        
 「離婚後の元夫婦の問題」は離婚時の問題に比べ複雑です。交渉事は登場人物が多くなどほど落としどころが難しい。夫の再婚相手、妻の再婚相手が登場し、女と女の戦いになるためです。
                                                                                         
 離婚時に決めた養育費を公正証書に残した場合、養育費を元妻の承諾なしに減らすと元妻は男性の給与に強制執行をかけることができます。元妻が上、男性が下という構図になり男性が元妻に対し陳情することになります。男性が圧倒的に不利な状況から、どのように強制執行を回避し養育費減額に成功するのか、男女の駆け引きを書いていきます。
                                                                                        
 養育費の協議には離婚当時の離婚原因が影響する。単に法律論ではなく、人間関係の修復が大事です。離婚時の傷に言及しながら、関係をほぐしていきます。最低限の信頼を構築できないと協議の場を持つことができません。
                                                                                        
本書では当事務所で実際に相談、解決された方に取材をし、生の意見を掲載します。妻の浮気が原因で離婚し、養育費減額に成功したケース、元妻の嫌がらせで強制執行を受け仕事ができなくなったケース、「お金はいらないから息子に会わないで」と言われたケース、などです。机上の法律論ではなく、男性は同じ境遇の方がどのような心理で元妻にアプローチするのか事前に知ることができます。

著者からのコメント

■ 示談による円満解決を目指しています。本件解決後も元夫婦は子供を介して関係が続きます。裁判による強制解決をすると最低限の信頼関係を残すことができません。

■ 養育費の減額と子供との面会を同時に実現することができます。

■ 本書の記載内容は当事務所に相談され、実際に相談の多かったものが中心である。

■ 男性にとって「自分と同じ事情」の類型を事前に知ることができる。当事務所に相談された方を取材し、男性がどのような心情心理で減額請求に踏み切ったのか掲載します。

■ 本書の目的は離婚問題の蒸し返しではなく、養育費を契機とした元夫婦の人間関係の修復である。

■ 金銭苦で養育費が払えない男性だけでなく、「再婚したら養育費を払いたくない」と道理を大事にする男性を対象に設定している。

■ バツ1の男性と結婚する女性が、子の養育費を支払う男性の経済状況、元妻との付き合い方を知ることができる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 211ページ
  • 出版社: メタモル出版 (2007/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895956059
  • ISBN-13: 978-4895956055
  • 発売日: 2007/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 291,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
最低の本です。

1.預金の差押をすると、裁判所が相手の預金を探し出して差し押さえると書いていますが、そんなことはありません。預金の差押は、申立をする人が預金を特定するのです。そもそも行政書士には、司法関係の書類を作成することなどできません。

2.複数の差押が競合した場合、裁判所で話し合いをするように書いていますが、そんなことはしません。差押の競合の場合は、第三債務者に供託義務が生じ、配当事案となります。

3.差押の申立があると、相手に対し債務名義を持っている人を裁判所が探し出すと書いていますが、そんなことはしません。債務名義を持っていても、差押をするかしないかは、当人の自由なので、裁判所がお節介なことはしません。

そして、いちばんおおきな間違い。

4.専業主婦が家計費を使ってブランド物を買ったとしても、刑事告訴できません。たしかに夫婦別産の考えから、夫の稼いだカネは夫のものなので、それを妻が使うと、窃盗・横領とも言えますが、夫婦間では、「親族相盗」といって、刑が免除されます(刑法244条)。つまり、罪となっても刑罰が科されないのです。
 法律家なら当然知っていることなのに、この行政書士は法律家を名乗っているのに、あたりまえのことすら知りません。

買うとお金の無駄です。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容は突っ込みどころいっぱい。これを読んだら弁護士を入れての離婚できません。そのままとにかく弁護士を入れずに強引離婚した方がいいかも、男の離婚に救いはありません。恨みを買わない離婚は難しいし、子供はあきらめると悟りました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック