中古品:
¥490
お届け日 (配送料: ¥257 ): 12月6日 - 8日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 表紙に、強い折れ、結構、使用感、経年感、キズ、があります。裁断面によごれ、中身に小さい角折れがあります。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


男たちの怪談百物語 (幽BOOKS) 単行本 – 2012/10/5

5つ星のうち4.3 9個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥490
¥4,290 ¥448

商品の説明

著者について

安曇潤平(あずみ・じゅんぺい)
一九五八年、東京都生まれ。酒と煙草を愛す。山を舞台にした怪談作品を描く。著書に『山の霊異記 赤いヤッケの男』『山の霊異記 黒い遭難碑』。共著に『怪談実話系ベストセレクション』『FKB 饗宴2』など。
紙舞(かみまい)
怪談をテーマにした催しを企画・運営する「怪談社」に所属している怪談師。自らが取材した話のみを語り続ける。生真面目だが怪談を語るために生まれてきたような声に定評がある。怪談社の書記・伊計翼による著書に『怪談社 丙の章』『怪談社 丁の章』など。
黒 史郎(くろ・しろう)
一九七四年、神奈川県生まれ。「夜は一緒に散歩しよ」で第1回『幽』怪談文学賞長編部門大賞を受賞。著書に『獣王』『黒水村』『100KBを追いかけろ』『黒丸ゴシック2 人間溶解』『幽霊詐欺師ミチヲ』など。共著に『厠の怪』『怪談列島ニッポン』など。
黒木あるじ(くろき・あるじ)
一九七六年、青森県生まれ。山形県在住。「ささやき」で第1回『幽』怪談実話コンテスト・ブンまわし賞受賞。著書に『無惨百物語 ゆるさない』『狂奇実話 穽』『怪談実話 震』など。共著に『怪談実話コンテスト傑作選 黒四』『怪談実話系7』など。
小島水青(こじま・みずお)
一九七〇年、埼玉県生まれ。「鳥のうた、魚のうた」で第6回『幽』怪談文学賞短編部門大賞を受賞。著書に受賞作収録の短篇集『鳥のうた、魚のうた』がある。
小原 猛(こはら・たけし)
一九六八年、京都府生まれ。カメラマン、フリーライター。カメラマンとして独立後、沖縄に移住し、古書店経営を経て文筆業。沖縄を中心に怖い話の蒐集を行い、ラジオなどでも活躍する。著書に『琉球怪談 七つ橋を渡って』など。
紗那(しゃな)
怪談をテーマにした催しを企画・運営する「怪談社」に所属している怪談師。語りだけでなくイベントの構成や演出も担当している。紙舞と相反した性格が絶妙な掛け合いとなっている。怪談社のイベントシリーズに「全ての怪談の始まり」「婆沙羅」などがある。
朱雀門 出(すざくもん・いづる)
一九六七年、大阪府生まれ。二〇〇九年に「寅淡語怪録」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。著書に『今昔奇怪録』『首ざぶとん』、共著に『怪しき我が家』『物語のルミナリエ 異形コレクション』など。
松村進吉(まつむら・しんきち)
一九七五年、徳島県生まれ。二〇〇六年、怪談実話の著者発掘コンテスト「超-1」で1位を獲得し、デビュー。著書に『「超」怖い話 X(カイ)』『異聞フラグメント 悪霊』など、共著に『怪談実話系ベストセレクション』『FKB話 饗宴』など。
水沫流人(みなわ・りゅうと)
一九五七年、広島県生まれ。「七面坂心中」で第1回『幽』怪談文学賞長編部門優秀賞を受賞、同作でデビュー。著書に『マリオのUFO』、共著に『怪談列島ニッポン』『厠の怪』『怪談実話系3』など。
京極夏彦(きょうごく・なつひこ)
一九六三年、北海道生まれ。小説家、意匠家。二〇〇四年『後巷説百物語』で直木賞ほか、受賞多数。著書に『姑獲鳥の夏』『魍魎の匣』『ルー=ガルー』『豆腐小僧双六道中』『死ねばいいのに』『オジいサン』『虚言少年』『定本 百鬼夜行 陽』『旧怪談』『幽談』『冥談』など多数。
東 雅夫(ひがし・まさお)
一九五八年、神奈川県生まれ。文芸評論家、アンソロジスト、『幽』編集長。二〇一一年『遠野物語と怪談の時代』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『怪談文芸ハンドブック』『文学の極意は怪談である』、編纂書に〈文豪怪談傑作選〉シリーズ、『お岩』『私は幽霊を見た』など多数。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ メディアファクトリー (2012/10/5)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/10/5
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 281ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4840148376
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4840148375
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 9個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

朱雀門出

2009 年に「寅淡語怪録」で第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞。

小説に『今昔奇怪録』、『首ざぶとん』など、

怪談実話に『脳釘怪談』シリーズ、『怪談五色』シリーズなどがある。

怪談語りも行っており、DVDに『怪奇蒐集者 朱雀門出編』『怪奇蒐集者 暗黒死華集Ⅰ』などがある。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
9 件のグローバル評価
星5つ
48%
星4つ
32%
星3つ
20%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年3月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2012年10月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2013年5月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2015年6月25日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2012年12月30日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2012年10月6日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2012年12月29日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する