Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648
(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[松本零士]の男おいどん(1) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

男おいどん(1) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 男おいどん(週刊少年マガジンコミックス)の6の第1巻

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 24
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 300

紙の本の長さ: 343ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

九州男児「おいどん」こと大山昇太は4畳半に住んでいる。押し入れにはパンツが山と積まれ、サルマタケという奇妙なキノコが生える始末。だが彼の極貧生活においてはこのキノコさえも貴重な食料である。昼間に工場でバイトし、夜間高校に通う彼だが失敗がもとでクビ、中退、失恋と次々に試練が重なる。そんな折、向かい部屋に西尾令子が来た。思いやりのある彼女に魅かれていくおいどんだが……。

著者について

1938年生まれ。1954年「漫画少年」の『蜜蜂の冒険』でデビュー。以後、少年・少女誌などに多くの作品を発表する。主な作品に『銀河鉄道999』『宇宙海賊キャプテンハーロック』『戦場まんがシリーズ』(第3回小学館漫画賞受賞)『1000年女王』『ケースハード』などがある。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 93568 KB
  • 紙の本の長さ: 343 ページ
  • 出版社: 講談社 (1996/9/12)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AIFZ5QQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」で有名な松本氏自身が青春を過ごした4畳半の下宿が土台になっています。

オムニバス形式で、小話が何個も掲載されています。

高校中退後、九州から夢を抱いて上京した短足大顔旧式黒縁メガネの「旧人」大山登太の極貧生活を描いています。

古びた昔懐かしい2階建ての下宿は、もちろん風呂はなく、トイレ共同。

大山は押し入れの中の学ランと、朽ち果てるトランクスの山と、「トリさん」(という名の九官鳥?)と、「ネコ」(という名の猫)以外に何も財産がありません。

4畳半の部屋には家具ひとつ布団一枚ないのです。

ところがおんぼろ下宿の住人は、なぜか金持ちのハンサムか美人の大学生が多く、高級なステレオをカップルで楽しんだりして青春しまくっています。

中卒で浪人すらなれない大山は、淡い恋心を踏みにじられて悔し涙を流しながら、4畳半の畳の上で丸くなって明日への希望を抱きつつ眠りにつきます。

そんな大山を下宿のおばさんや、バイト先の中華料理屋のご主人が暖かく見守ります。

「男は悔しさという餌を食って大きくなるのだ!」「背が高くてハンサムな男は、人類の敵だ!」「インキンパンツの集団力を
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本の主人公おいどんはとても純朴な青年です。でも純朴であるがためにうまく社会でやっていけない。しかしおいどんを温かい目で見てくれる大人達もいます。古き良き時代のさみしさと温かさが混ざった奥深い一冊です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jam4 投稿日 2011/6/14
形式: 文庫
主人公のおいどんは、典型的なダメ人間。

日々失敗しては反省し、延々とそれを繰り返しては人生を消耗してゆく。

何かしよう、このままじゃダメだ、もっと頑張って立派な人間になろうと、頭では思ってる。
だけどそれが行動にまで至らない。
おいどんは自分を怠惰で自堕落な人間だと自覚してる。

しかしそんなおいどんにも、一つだけ輝く長所がある。
それは、自分の信念のためなら、(ごくたまにではあるが)命をかけて行動することが出来ることだ。
もしおいどんが普段から信念に基づいてコツコツと努力する人間なら、彼は人生を成功させる事が出来るに違いない。
でも、それが出来ない。
なぜなら、人間だから。

ざっと言うと、そういうマンガです。

これはおいどんと言う人間を通して、人間誰しもが持っている自分自身への甘さや、人生の機微を厳しく、そして優しく見つめた作品。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2014/6/12
形式: Kindle版
「下宿館」の大四畳半に住む大山昇太は、昼間は工場でアルバイト、夜は定時制高校に
通っていたが、大失敗がもとでバイトはクビ、高校も中退という全く方向感のない生活に
転落してしまった。

そんな折、向かいの部屋に西尾令子という女性が入居した。彼女は思いやりがあって、
人の情というものがわかる天使のような女性だった。

ある日、昇太が部屋に戻るとあの偉大なるパンツの山が押入れからすっかり消えていた。
彼女が全部洗濯してくれたのだ。
この瞬間、昇太にとって令子は唯一無二の永遠のマドンナになったのかもしれない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover