通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少の擦れが見られます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 単行本 – 2014/3/26

5つ星のうち 4.5 92件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
  • +
  • いたいコンサル すごいコンサル 究極の参謀を見抜く「10の質問」
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■前代未聞! 気鋭のコンサルが業界の内幕を暴露。
コンサルの過ちを懺悔した全米騒然の問題作!

本書の著者は、マサチューセッツ工科大学及び同大学院を卒業後、
大手会計事務所系コンサルティングファームの
デロイト・ハスキンズ&セルズや戦略系コンサルティングファームの
ジェミニ・コンサルティングで活躍。その後、ファイザーや
ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの大手企業で
マネージャーとしての経験を積んだ敏腕コンサルタント。

本書は、その著者が自ら「自分たちがコンサルタントとして
クライアントに勧めてきたことは、あれもこれも間違っていた」と
懺悔した前代未聞の書である。
「この30年、多くの企業に入り込み、『目標による管理』だの
『競争戦略』だのとお題目を唱えて回ったすべての
経営コンサルタントを代表してお詫びします」
と告白したのだ。

■大手ファームの仕事の「実態」とは?

著者は自らが経営コンサルタントとしてクライアントに勧めてきた
さまざまなメソッドについて、その経緯と理論を振り返りながら、
コンサルティングを受けた企業の顛末を詳細に語る。
「戦略計画」「最適化プロセス」「業績管理システム」など、
コンサルがどういう発想で改革を持ち込み、それが企業にどんな影響を
与えているかを具体的に理解できるのも面白いところだ。
現代の経営手法を根幹からひっくり返すような「告白」を満載した本書、
コンサル業界だけでなく、いまのビジネス潮流そのものに
一石を投じる一冊と言えるだろう。

【目次】

はじめに 御社をつぶしたのは私です
Introduction 大手ファームは無意味なことばかりさせている
第1章 「戦略計画」は何の役にも立たない
第2章 「最適化プロセス」は机上の空論
第3章 「数値目標」が組織を振り回す
第4章 「業績管理システム」で士気はガタ落ち
第5章 「マネジメントモデル」なんていらない
第6章 「人材開発プログラム」には絶対に参加するな
第7章 「リーダーシップ開発」で食べている人たち
第8章 「ベストプラクティス」は“奇跡"のダイエット食品

内容(「BOOK」データベースより)

「戦略計画」「最適化プロセス」「業績管理システム」…こうして企業は崩壊する。デロイト・ハスキンズ&セルズ、ジェミニ・コンサルティングと、大手コンサルティングファームを渡り歩いてきた実力派コンサルタントが、自らとコンサル業界が犯してきた恐るべき過ちの数々を大暴露。物議を醸す話題作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 328ページ
  • 出版社: 大和書房; 初版 (2014/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4479794336
  • ISBN-13: 978-4479794332
  • 発売日: 2014/3/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 92件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,960位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ざっくりと本書を要約すると、
・小難しい戦略、分析以前に大概のビジネスの問題は「人」である
・その人の問題の原因は「コミュニケーション不足」
・コンサルなんて小難しいこと言って危機感煽らないと仕事がない
そしてそのコンサルの分析や理論もうまくいくか疑わしい。

本書は、コンサル会社に30年携わった著者が見てきた職場崩壊の現場禄、と言えると思います。
タイトル通り著者が会社をつぶしたわけではなく、既存のコンサルの手法によりいかに現場をかき乱してきたか
を様々な事例で解説してくれています。
近年いろいろな横文字(なんとかマーケティングとか○○マネージメントとか)がどこからともなく生まれてきていますが、
うまくいくという保証はなく一部の事例に当てはまっただけにすぎないと警告しています。

例えて言うなら、毎年発表されるなんとかダイエット。
本当にそのダイエット方法に効き目があるなら次から次にと方法論でませんよね。
経営分析、効率化、様々な手法が溢れていますが著者の経験の中で一番うまくいったのが関係者を全員集めて
(サプライチェーンの)妥協案を話し合ってださせることだそうです。
理論うんぬんより直接のコミュニケーションの大切さを説い
...続きを読む ›
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
書店で、「前書き」を読んで、「これって、俺のやったのと同じじゃないか!」と驚き、すぐに購入。夢中で読みました。私はコンサルタントではありませんでしたが、取締役員の一人として、「自分のやっていること-分析、アジ演説、プレゼンetc」は全て「正しい事」と思っていました。
それが、期末で、まさかの赤字転落。社長以下7名の「取締役」は全員解任されました。株主総会の前に。
その後、私は、「正しいこと」をやったのに、「クビにしやがって」という恨みで生きていました。
しかし、取締役であるからには、収益が出なけれは、どんなに立派なプレゼン資料をパワポで作っても、どんなに社員を鼓舞する演説が出来たとしても、全部、ダメ、自己満足だったのだ、と言う事にやっと気づかせてくれました。
コンサル会社の社員じゃなくても、マーケティング部の課長以上は、必読の書。
コトラーとか、ドラッガーとか、理屈並べても、会社を赤字にしては、いけません。
頭でっかちの人は、特に要注意。MBAなんて、クソの役にもたちません。企業が、その目的を達成できなければ。
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
コンサルティング会社を過去に使ったことあって同じ印象を持っていたので、やはりそうなのだなという
納得感がしました。世の中のコンサルタントの方はどういう反応なのでしょうか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ずいぶん派手な邦題をつけたものだと思ったら、そうではなく、原題からして「I'm Sorry I Broke Your Company」だった。経験30年の米国のベテランのコンサルタントが、今まで自分がかかわった仕事に基づき、経営やコンサルティングさらにはマネージメント理論に関して、実務的な視点からみると本当はどうなのか、についての意見をまとめたもの。たくさんのお金を払ってコンサルタントを雇いながら、良好な結果を出せず、そのうちその会社が傾いてしまうという例は実際に著者が経験した中でいくつかあるようだ。大企業が「正しい経営」のせいで消える、とすら書かれている。逆に、経営陣がコンサルタントの言うことを聞かず自ら判断した新規投資が当たる、というケースにも触れられている。

「戦略計画」は役に立たない。数字で管理できるのは数字だけ。経営本で「手本」とされた企業の半数は凋落している。コンサルが残す資料よりもその過程で自分たちで学んだり発見することが重要。将来を予測することなど不可能に近い。戦略開発の目的を見出し、想定外の事態に対応する知恵を蓄えることならできる。単純な「話し合い」こそ効果的。関係者全員で取り組まなければどんな方法論を使ってもうまくいかない。数値目標は弊害を生み、指標の導入で無意味な仕事が増える。業績管理システムは士気を落とす。客観的な人事評価などありえない
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
コンサルタントの話として矮小化できない,かなり本質的な話.

前半の経営の話も,後半の人事の話もそうだが,特定の(しかも時代によって変わる)理論やツールに頼っていてはダメ,というメッセージ.こういうツールを使うのが最もうまいのがコンサルタントなのでフォーカスが当たっているが,社内で運用していても同じである.

ちなみに筆者はコンサルタントやツールを全否定しているわけではない.特に,業務プロセスの関係者に問題点をふせんで貼ってもらうというローテクな「ブラウンペーパー」という方法には手ごたえを感じていた様子.このツールの効果も「驚くべきカタルシス効果があった」とあるように,人を中心に考える視点が貫かれている.

経済学の合理的個人がさすがに苦しくなってきたように,アニマルスピリットや人間性を無視した無理な仮定を「理論」と呼ぶ経営・人事に一石を投じていると読むと,極めて多くの人に関係することが分かる.

単なる暴露話やコンサルタントの悪口,果ては新たなコンサルタント手法への勧誘と読む解釈もあるようだが,もっと建設的にも読める本だと思う.
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー