甲賀忍法帖 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

甲賀忍法帖 Single, Maxi, Soundtrack

5つ星のうち 4.9 43件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,080
価格: ¥ 1,071 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 9 (1%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 898より 中古品の出品:2¥ 937より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 甲賀忍法帖
  • +
  • WILD EYES
  • +
  • 臥龍點睛
総額: ¥4,952
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/4/27)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi, Soundtrack
  • レーベル: キングレコード
  • 収録時間: 8 分
  • ASIN: B0007URZHE
  • EAN: 4988003310486
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 2,551位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 甲賀忍法帖
  2. 卍

商品の説明

内容紹介

異色忍者アニメ『バジリスク~甲賀忍法帖』オープニング・テーマを収録したCDシングル。和製ヘヴィ・メタルバンド陰陽座のリーダー、瞬火 がリスペクトしてやまない故・山田風太郎原作であるアニメ作品と、バンドの世界観が見事にマッチした秀作です!

メディア掲載レビューほか

TV:TVK他で放送の異色忍者アニメ『バジリスク~甲賀忍法帖』(2005年4月~)オープニング・テーマを収録した、和製ヘヴィ・メタルバンド、陰陽座のシングル。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
小説,漫画と読みましたが,残念ながらアニメは未放送地区のため見れません。
しかし,曲・歌詞全てが単なるタイアップを超越して,「バジリスク」の
一部となっています。
アニメを見れない方は,この曲を聴きながら漫画「バジリスク」
若しくは小説「甲賀忍法帖」を一読されると,更に良い物に
なると思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
歌詞の最初から最後までで見事に甲賀忍法帖を語り、さらにアニメのOPで流せる時間にきっちり合わせた1コーラス。
要所要所にちりばめられた言葉は何一つ無駄の無い、素晴らしい歌詞です。
和楽器を安易に使わず和を生み出す陰陽座さんですが、ここではアニメ版バジリスクのシナリオ重要アイテムの笛の音を取り入れています。
甲賀忍法帖の朧は、弦之助に”震える刃で貫いて”と望むのです。
歌声はもちろんのこと、極上です。
ヘヴィメタルバンドですが、聞きやすくて入り込みやすいと思います。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
美しい日本語とヘヴィメタルの重厚なサウンドという組み合わせ、
聞きなれないうちはやけに新鮮に感じられます。
それにしても、サビのメロディーと歌声が美しくかっこよく、秀逸すぎる…
そのメロディーこそが「優しく劇しい」よ!!
Bメロからの盛り上がりがいいんですよね…ぐっ!と来ます。拳握り締めちゃいます。
個人的には、やる気を出したい朝にガツンとパワーを打ち込んでもらうために選曲します。
激しい中にとても叙情的な刹那さみたいな雰囲気が漂っていて、
アニメを見ていない人にもおすすめしたい曲です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 りっきー 投稿日 2008/8/14
形式: CD
個人的にアニメを見る時はOPを最初からみるけど、何回か見終えるとOPをとばすのが当たり前になってきた今、なぜかこのバジリスクだけはOPをとばせない。なんでだろ…。おそらく本編で散っていった甲賀組と伊賀組の勇姿が、この曲に合わせて蘇るからだと思う。なんていうか…こうね…。言葉では表せられないこの感覚が涙を誘います。まだこの曲を聴いたことがない人も、今からバジリスク見るんだという人も是非オススメしたい曲であり、記憶に残る曲間違いなしだと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
もうジャケットからして「バジリスクのタイアップ曲です!!」と強烈に主張している訳なのですが…
ただ、この曲に関しては普通のタイアップとは趣が違います。
「甲賀忍法帖」という山田風太郎氏の小説を原作として漫画化(そしてアニメ化)された「バジリスク」に対して、同じく山田風太郎氏を尊敬して忍法帖シリーズという形で曲を作り、その敬愛ぶりを表し続けてきた陰陽座(というか瞬火さん)。同じく原作に「愛」を持つだけあってその相乗効果はホントに圧巻です。
歌詞の内容はまさに「甲賀忍法帖」の芯にあるような内容。バジリスクのために書いたと思っても全く違和感がありません。でも、それは「タイアップだから」そうなったのではなく、おのずとその世界観が交わったというか…そんな印象を受けます。
この曲は是非、バジリスクを見るなり、或いは甲賀忍法帖の原作を読んで聞いてもらいたいです。更にこの曲が染み入ってくると思います。
タイアップのあるべき姿を見た気がしました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私はこの『甲賀忍法帖』で陰陽座の存在を知ったのですが,正直ヘビメタルというものには全く無縁だったので買おうかどうか迷ったのですが買っちゃいました。
アニメ『バジリスク〜甲賀忍法帖』ととてもマッチしていて何度でも聞きたくなるような曲です。
これを機に陰陽座のCDを買いあさっているのですがどれも良く,もぉ陰陽座中毒にかかっていると言っても過言ではありません笑”
まだ陰陽座を知らないという方はぜひこの甲賀忍法帖から入ってみてはいかがですか??きっと心に突き刺さる何かがあると思いますよ
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
昭和40年ごろに「少年忍者風のフジ丸」という斬新なTVアニメがあったのを思い出します。番組最後に当時の大スター本間千代子さんが”忍者評論家”をむかえてトークする実写のコーナーが楽しみでした。
それから半世紀たって登場した「バジリスク〜甲賀忍法帖」もすべてが規格外で、年配者であっても引き込まれる魅力を秘めています。   伊賀と甲賀の確執と禁断の人間関係をテーマに、古い時代設定などまったく感じさせない素晴しい作品です。

「バジリスク」という表記も斬新なら、疾走感ある音楽もアニメーションの常識をくつがえすもの。   ましてこれは忍者ものの作品にヘビー・メタルという、あり得ない組み合わせの
妙というか、陰陽座の”和のテイスト”が映像にマッチしています。   規格外といえば陰陽座自身もまさに規格外のロック・バンドで、一貫した独自の世界観は他の追随を許さず、
この作品においてこれ以上の適役はいないでしょう。   この時期のメンバーは5人ですが、裏ジャケのメンバー・フォトはまさに「甲賀忍法帖」から飛び出てきたみたいで、ボーカルの
黒猫さんは登場人物の”陽炎”や”朱絹”の生き写しのようです。   また「甲賀忍法帖」はてっきり”朧”役の水樹奈々さんの歌だと思ってましたが、黒猫さんでした。
合わせて奈々さんの「Wild eyes」
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック