¥3,960
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
甲賀三郎探偵小説選III (論創ミステリ叢書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

甲賀三郎探偵小説選III (論創ミステリ叢書) (日本語) 単行本 – 2017/3/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/3/1
¥3,960
¥3,960 ¥7,225
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

稀代の論客が熱弁する探偵小説論『探偵小説講話』、待望の単行本初収録!清廉の士を装いながら、巧妙な手口で上前を撥ねる怪弁護士・手塚龍太の事件簿を完全収録。読者への挑戦心が随所に垣間見える「木内家殺人事件」ほか、戦前期の探偵小説界を風靡し、探偵小説のパズル性を重視した本格至上論者の面目躍如たる選りすぐりのノン・シリーズ作品も収録した充実のラインナップ。探偵小説評論のほか、最新の書誌情報を反映させた「甲賀三郎著作リスト(暫定版)」(稲富一毅・編)を付す!

著者について

1893(明26)年、滋賀県生まれ。本名・春田能為。1918年、東京帝大工学部化学科を卒業。20年、農商務省臨時窒素研究所技手となる。23年に雑誌『新趣味』の懸賞応募作「真珠塔の秘密」でデビューを果たし、以降、「琥珀のパイプ」(24)や「ニッケルの文鎮」(26)など、理化学トリックを使った作品を数多く発表する。28年に窒素研究所技師を退任して専業作家となり、〈気早の惣太〉シリーズのようなユーモア物から『支倉事件』(27)のような犯罪実話、さらには『怪奇連判状』(37-38)のような時代小説まで、様々な分野へ創作活動の幅を広げていく。32年には新潮社の「新作探偵小説全集」へ書下ろし長編『姿なき怪盗』を発表。探偵小説のパズル性を重視する立場を打ち出し、木々高太郎や大下宇陀児と探偵小説観の論争を繰り広げ、連載エッセイ「探偵小説講話」(35)、及び「探偵小説十講」(36-37)の中でも自身の主張を展開した。33年から35年まで文藝家協会理事を、42年から44年にかけて日本文学報国会事務局総務部長を、それぞれ務める。44年10月、日本少国民文化協会事務局長に就任。1945(昭20)年、公務で訪れた九州からの帰都途中、急性肺炎のため岡山県内の病院で死去。

登録情報

  • 発売日 : 2017/3/1
  • 単行本 : 448ページ
  • ISBN-10 : 4846015696
  • ISBN-13 : 978-4846015695
  • 出版社 : 論創社 (2017/3/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価