中古品の出品:4¥ 1,500より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

田部京子ベスト~CDデビュー10周年記念盤

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 1,500より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 田部京子 ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: 田部京子
  • 作曲: ドビュッシー, シューベルト, プーランク, 吉松隆, リスト
  • CD (2003/10/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 74 分
  • ASIN: B0000C9VN4
  • EAN: 4988001964636
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 326,742位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. アリエッタ ~ 「叙情小曲集」 より
  2. 愛の挨拶
  3. ヴェニスのゴンドラの歌 第2番 ~ 「無言歌集」 より
  4. 紡ぎ歌 ~ 「無言歌集」 より
  5. トロイメライ ~ 「子供の情景」 より
  6. 夕星の歌 ~ 「タンホイザー」 より
  7. リゴレットパラフレーズ
  8. バルカローレ
  9. ノクターン 遺作 嬰ハ短調
  10. 月の光 ~ 「ベルガマスク組曲」 より
  11. 楽興の時 第3番
  12. セレナーデ
  13. エディット・ピアフへのオマージュ
  14. 真夜中のノエル ~ 「プレイアデス舞曲集」 より
  15. 愛の夢
  16. ウイーンの夜会 第6番
  17. 火花

商品の説明

Amazonレビュー

   北海道室蘭市に生まれ、第53回日本音楽コンクールに最年少で第1位に輝いて以来、数々の国際コンクールに入賞し、いまはドイツを中心に世界的なキャリアを着実に登りつつあるピアニスト田部京子。本作は彼女のCDデビュー以来10年間にリリースした20枚余りのアルバムから選りすぐりの小品を構成したベスト盤である。

   しっとりと静かな音が心に沁みるグリーグの叙情小曲集~「アリエッタ」から始まる本作は、ピアニスト自身の選曲だけあって、一夜のサロン・コンサートのように見事な流れをもった構成となっている。なかでも、ショパンに酷似したリャードフ「バルカローレ」、洒脱でしかも憂いの深いプーランク「エディット・ピアフへのオマージュ」は、比較的珍しい曲ながら、こうした配列の中では詩情豊かな魅力を発揮している。

   リスト編曲による「夕星の歌」(ワーグナー)、「リゴレット・パラフレーズ」(ヴェルディ)も、田部の手にかかると、オペラの愉悦を含んだアレンジものではなく、シリアスな器楽曲として響いてくる。リスト「愛の夢」も有名曲特有の俗っぽさは無く、装飾音さえ真面目な音楽の一部となっている。メンデルスゾーン「紡ぎ歌」やモシュコフスキー「火花」のように、きらびやかな曲でも、田部京子の音色はしっとりとした落ち着きを失わない。

   特にモシュコフスキーはホロヴィッツのアンコール・ピースとして有名な小品だが、かの巨匠が愛嬌と自己主張の塊のようなギラッとした妙技を見せていたのに較べると、田部の演奏は華やかであっても、外面的効果に寄り過ぎることはなく、上品なつや消しの真珠を彷彿とさせる音色に魅力がある。全体を通して、輝きよりは陰影、外面性よりは内面性への志向が伝わってくる。とても好感の持てる1枚である。(林田直樹)

メディア掲載レビューほか

ピアニスト、田部京子の2003年、CDデビュー10周年を記念したベスト・アルバム。シューベルト「即興曲作品90」、ドビュッシー「月の光」他を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2012/2/13
形式: CD Amazonで購入
有名な小品を寄せ集めたピアノ・アルバムがあるが、これはそれと似て非なるもの。
もっと個人的で、親密で、「濃密な音楽」。

「音を沈黙で測る」ピアニストならではの選曲と演奏。秋から冬にかけての必聴盤。
10月の終わりの晴れた午前中に、「ヴェニスのゴンドラ(メンデルスゾーン「無言歌」)」が聞こえてくると、
すべての作業の手を止めて聴き入ってしまう。

自選された全18曲のそれぞれに、奏者自身のコメントが付いている。

1曲目:グリーグ「アリエッタ」
「わずか23小節のさりげない小品。30余年にもわたって気の向くままに書きつづった、
 グリーグの音楽随想集ともいえる<抒情小曲集>の第1曲。
 美しいメロディが、繰り返し静かに歌われるごくシンプルな曲だが、
 弾く度に初めて触れたような新鮮な感覚にさせられる」と書いてある。

この1曲目から、彼女が作り出す音楽世界に引き込まれる。

3曲目、メンデルスゾーン無言歌集「ヴェニスのゴンドラ」。”行間を読む”という言葉があるが、
この曲を弾く彼女のピアノを聴いていると、音と音の間に広がる沈黙に、おもわず耳を澄ましてしまう。

4曲目、軽快に指がまわる
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック