通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 読書生活
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。こちらの商品は目立ったキズなど無く比較的良好な状態の中古品です。ただし中古品のため多少のキズや使用感がございます。基本的に24時間以内に発送させていただきます。※出荷予定日と配送予定日のご確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 単行本 – 2013/9/25

5つ星のうち 4.3 84件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 197

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」
  • +
  • エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社+α文庫)
総額: ¥2,646
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

どうしてこんなに働かされ続けるのか? なぜ給料が上がらないのか? 自分は何になりたいのか?――人生どん底の著者を田舎に導いたのは、天然菌とマルクスだった。講談社+ミシマ社三島邦弘コラボレーションによる、とても不思議なビジネス書ここに刊行。「この世に存在するものはすべて腐り土に帰る。なのにお金だけは腐らないのはなぜ?」--150年前、カール・マルクスが「資本論」であきらかにした資本主義の病理は、その後なんら改善されないどころかいまや終わりの始まりが。リーマン・ショック以降、世界経済の不全は、ヨーロッパや日本ほか新興国など地球上を覆い尽くした。「この世界のあらたな仕組み」を、岡山駅から2時間以上、蒜山高原の麓の古い街道筋の美しい集落の勝山で、築百年超の古民家に棲む天然酵母と自然栽培の小麦でパンを作るパン職人・渡邉格が実践している。パンを武器に日本の辺境から静かな革命「腐る経済」が始まっている。
【著者・渡邉格(わたなべ いたる)から読者のみなさんに】
まっとうに働いて、はやく一人前になりたい――。回り道して30歳ではじめて社会に出た僕が抱いたのは、ほんのささやかな願いでした。ところが、僕が飛び込んだパンの世界には、多くの矛盾がありました。過酷な長時間労働、添加物を使っているのに「無添加な」パン……。効率や利潤をひたすら追求する資本主義経済のなかで、パン屋で働くパン職人は、経済の矛盾を一身に背負わされていたのです。
僕は妻とふたり、「そうではない」パン屋を営むために、田舎で店を開きました。それから5年半、見えてきたひとつのかたちが、「腐る経済」です。この世でお金だけが「腐らない」。そのお金が、社会と人の暮らしを振り回しています。「職」(労働力)も「食」(商品)も安さばかりが追求され、
その結果、2つの「しょく(職・食)」はどんどんおかしくなっています。そんな社会を、僕らは子どもに残したくはない。僕らは、子どもに残したい社会をつくるために、田舎でパンをつくり、そこから見えてきたことをこの本に記しました。いまの働き方に疑問や矛盾を感じている人に、そして、パンを食べるすべての人に、手にとってもらいたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

祖父と父の教え、田舎の自然の恵み、築百年超の古民家に棲みつく天然菌、丹精込めて作られた素材…すべてが一つになった、奇跡のパンの物語。お金中心の「腐らない」経済から、発酵を繰り返す「腐る」経済へ。「不思議なパン屋」が起こす、静かな革命。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 234ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062183897
  • ISBN-13: 978-4062183895
  • 発売日: 2013/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,744位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
安い商品には、それなりの理由があり安くできる。
高い商品には、一概に言えないが、それなりの理由がある
作者が評価されてるのは、世界初のパンを作った事。
そして利益は二の次。 自分達が納得(満足)出来る生活をおくれるか?と言うライフスタイルだろう。 
働くときはしっかり働き、休むときは休む(本の中では、まるまる1ヶ月など)
マルクスがどうだとか書いてあるが、少し考えれば当たり前の事が書いてあるが、
これに気づいてない人が多い。 気づいていても歯止めが利かない。
バブルが弾けるように、必ず反動は来るのだ。
人それぞれだが、私もこういう生活をしてみたいですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本としてはおもしろかったです。
マルクスの話も変わった目線で楽しめました。
しかし、私がこの本を読む前に感じた疑問には全く触れられていませんでした。
それは『如何にして売るのか?』ということです。
こだわりの商品を作れば、原価がかかり結果として、高い価格で売らなければならない。
しかし、田舎の店舗だから住民の所得も低く物価も安いので価格の高い商品は売りにくい。
『それをどうやって解決するのか?』これが一番知りたいことでした。
良い物を作ることは努力すればみんなに出来ることだと思います。
しかし、それを売ることが難しいから、みんな人口や所得の少ない田舎をあきらめて都会を目指すんだと思います。
それなのに、この店主は品質の高い材料を使い、手間をかけ、市場の小さい田舎に引っ越します。

その奇跡の解決策を誰もが知りたがると思います。
しかし、それについては『妻の担当』ということで一切触れられていないんです。
自ら不利な状況を作り出して、それを逆点させて成功するサクセスストーリーなんですが、その話の肝は『秘密』なんです。
そのことに気づかなかったのか、わざと内緒にしたのかわかりませんが、すっごい残念でした。

この本は、『物語』としてはおもしろいですが、『ビジネス書』として考えると期待外れです。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
経済学と、発酵学と、起業論と、家族論、
この4つが同時並行で学べ、
それでいて、著者のじっくりと発酵した「思い」がこめられている
極めてスバラシイ良書です。

著者は
「資本主義のおかしな点は「腐らないおカネ」によって引き起こされている。」
「また資本主義というのは、生産方法を持たない労働者は時間を切り売りするしかなく、徹底的に資本家に搾取される。」

ということに、座学ではなく、自らの体験から気付いたとのこと。

ただ、その資本主義がいやでパン屋になろうとしましたが、
実はそれは資本主義のど真ん中で、その苦労が骨の髄まで染みます。

だから、そんな資本主義だったり、
利潤を追求するするだけのアンダーセラーズ(安売り業者)なんかに、
対抗するパン屋を実現させたくて今のパン屋を作った、
というメインストーリーです。

ただ、そのストーリーを
 ・現在
 ・起業前
 ・起業後すぐ
 ・学生時代
 ・プー時代
・・・
の各時代で、かつ時代を自由に行き来しながら(順番にはなっていない)
今の思想がカタチづくられた出来事を回想
...続きを読む ›
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
彼らのような生き方があってもいいとは思う。一方で、資本家の営む企業で働く生き方がなければ、彼らの生活を支える「車、パン焼きオーブン、宅配便」もなくなる。
彼らの目指す「昔の自然な暮らし」では立ちいかなくなった社会が、苦悩しながら進んできた道に対する敬意も忘れるべきではない。今の世界はまだまだ途上にある。脇道で休んだり、真逆に進んだり、その瞬間には誤りとも言える行動をとらざるを得ないこともある。
歴史や文化といったものを、フローではなくストックで捉えてしまうと、こういった思考になりがちである。

自らの正しさを自然の営みと重ねることで正当化し、それにそぐわない生き方や営みを正しくないと否定する。人の営みに正しいも正しくないもないという、ひと本来の自由な人間らしさを失った思考。この思考に感化、共鳴する人びとが作る「地方」というアダプトしない社会。地方の衰退に拍車がかかる構造的問題を目の当たりにした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー