通常配送無料 詳細
通常10~14日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb4489_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

田母神俊雄の日本復権 単行本 – 2013/8/15

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本が国家として普通の国になること。憲法改正、自衛隊を軍隊として正式に位置づける。戦後の自虐史観からの脱却。国家リーダーとしての資質。組織の長としての心得など

出版社からのコメント

毎年8月になると「反戦、平和」ということで「戦争の悲惨さ」と「平和の尊さ」を語り継ぐという報道が多くなる。一方で「国のために、家族のために自らの命を捧げた人々」の話は、ごく一部でしか目にすることができず、聞くことも極端に少ない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 高木書房 (2013/8/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4884710975
  • ISBN-13: 978-4884710972
  • 発売日: 2013/8/15
  • 商品パッケージの寸法: 1 x 13 x 20 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 827,192位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
マスコミが教えない公然の事実を列挙。 戦後の教育で触れていない内容が盛り沢山。 歴然とした事実、史実の埋合せに最適。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 どういう考えを持っている人なのかと思って読んだ。航空幕僚長まで勤めた人だから当然と言えば当然だが、軍備のことについては詳しいようだ。だがそれだけ。国防ありきが念頭にあるところまでは許したとしても、その国防の目的が自国の利益を守るため、と言うところで思考停止してしまっている。
 日本は自立しきれていないという点には同意する。だが、自立するためには軍事力が必要。それがなければ対等な外交交渉ができないというのは短絡的。当然、米軍のご厄介からも脱却が必要で、そのためには軍事装備も自国で調達できるようにしなければならない。そしてそのためには武器輸出三原則も変えて、他国に輸出できるようにしてコストダウンも必要というのが著者の自論。そして更には、そういった情報も含めて保護するために、他国には当然存在する機密保護法やスパイ防止法も必要だと考えているきらいがある。そしてつい最近、「武器輸出三原則」も「機密保護法」も、著者の望む形になってしまった。
 全篇を通して見ていると、東日本大震災の初動活動は間違っていたとか、日本経済は韓国がなくても問題ないとか、個々の意見には納得できることも多かった。ただし、それをする目的や手段が、余りにも時代錯誤で、著者がやりたいのは日本を戦前の時点に戻したいだけとしか思えなかった。もちろん、七〇年前であれば正しかった部分もある。けれども、その当時とは
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告