通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
田原総一朗責任編集 2時間で人生が変わる! 嫌われ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

田原総一朗責任編集 2時間で人生が変わる! 嫌われることを恐れない突破力! 世間という牢獄から脱出する方法 (2時間で人生が変わる!) 新書 – 2010/10/8

5つ星のうち 2.9 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 田原総一朗責任編集 2時間で人生が変わる! 嫌われることを恐れない突破力! 世間という牢獄から脱出する方法 (2時間で人生が変わる!)
  • +
  • 夢をかなえる「打ち出の小槌」
総額: ¥2,288
ポイントの合計: 31pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【勝間和代とホリエモン】
この2人の「絶対、成功をつかむ」生き方とは
どのようなものか?

何度失敗しても必ずブレイクスルーする生き方とは?

そして、日本社会の常識、抵抗勢力と戦ってきた、
2人の突破力とはどのようなものなのか?


2人の生い立ちから、成功への軌跡、
それぞれの人生の転機を丹念に追いながら、
その時々に何を考え、どう行動し、
どのように夢を実現していったかを、
ジャーナリストの田原総一朗が直撃する!


◎情報を知れば未来がわかる!
◎一生に何度かしかない勝負で引いたらアホだ
◎枠組みの外に出たほうが楽なのだ
◎やりたいことに必要だからカネを稼ぐ
◎変人をつぶすな!
◎堀江貴文と孫正義、ここが違う!
◎「夢」をもてば、突破できる!


-----------------------------------------------------------------
日本が元気を失った原因は、政治家も経営者も官僚たちも、
なによりも嫌われまいとして、
ひたすら世論への迎合を続けてきたからだ。
嫌われまいとする人間には、変革など絶対にできない。
そんな日本で、誤解を恐れず、嫌われることを厭わずに、
力強い〝突破力〟で、度重なる失敗をものともせずに
成功を勝ち取った典型が、
勝間和代と堀江貴文の二人だと、私は考えている。
若い読者たちには、二人の〝突破力〟を、
混迷の現代を生きる手がかりにしてほしいと私は願っている。
(田原総一朗)

内容(「BOOK」データベースより)

絶対、成功をつかむ、何度失敗しても必ずブレイクスルーする生き方に学べ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 205ページ
  • 出版社: アスコム (2010/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4776206382
  • ISBN-13: 978-4776206385
  • 発売日: 2010/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 305,801位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
嫌われることを恐れない突破力!

というタイトル買いしてしまったのですが

中身はそういった内容というよりは

二人の生い立ちや時事批判などで

嫌われることを恐れない突破力!を知りたい方は期待できる内容ではないと思います。

二人に考え方を知りたい人は情報が新しいのでいいかもしれません。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ホリエモンと勝間さんが前に出てきていて、田原さんがちょこっと出てるような感じでしたが、田原さんが素晴らしいです。

基本的にホリエモンや、勝間さんのような経営者の立場の人は読み手を意識せずに、
自分達の感覚やレベルで話を進めていくので、
話を理解するのにはその話の予備知識が必要になってきます。
これを読み手の為に分かりやすく話を噛み砕いたり、読み手を意識した方向付けに田原さんがもっていってくれます。

もちろん話の内容もハッとさせられる内容がもりだくさんで非常に面白いのですが、
田原さんの方向付けのおかげで、知りたい話を分かりやすく知れて非常に良かったです。

タイトルに引かれて買ったのですが、内容と一致してないので、☆は4つとさせて頂きました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
もうタイトルの通りですね。
個人的にホリエモンは好き、勝間氏はどちらでもないってとこですが、
まぁサラッと読むには良いかも。

特に好きなわけでもなければ他にもっと良い本あるでしょう。
感情込みの星3つくらいかな。甘めで。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かつ 投稿日 2010/11/14
形式: 新書
勝間和代とホリエモンの名前を出しとけば売れるだろうという安易な発想で作られた本としか思えない。
田原氏が小泉竹中改革について聞く箇所があるのだが、この2人に聞けば肯定的な意見が返ってくるのはわかるはずだろう。
自分の期待している答えを聞き出したいだけのくだらない質問だと感じた。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 2010年発行の対談本。2015年の今、堀江氏、勝間氏、(田原氏)もすでに旬を過ぎた過去のイメージを持っています。ただ、ご両名共に知名度があり、まだまだコアなファンはついていると印象です。コアなファンは、ハッキリ好き嫌いをコメントする姿勢が好きなのでしょう。

 ライブドアとソフトバンク、楽天との違いの部分が心に残りました。大企業の経営者としては、孫さん、三木谷さん、もっと言えばサイバーエージェントの藤田さんのほうが、堀江氏に比べて器としては上だったのかなとコメントの質を読んで思いました。彼らはこのような、荒削りの回答をしないだろうし、逆にそれが堀江氏の魅力なのかもしれませんが。

 堀江さんは、子どもたちに夢を与えるために、自分が好きだから宇宙開発をすると言っています。個人の主義志向ですし、以前のハヤブサでの注目度もあります。ただ、宇宙開発のトップリーダーである米国も、最近は予算がそれほどつかないと聞きます。スペースシャトルも引退し、後継機種もないようです。

 宇宙開発もいいですが、再生エネルギーなど目先の課題に手をつけてもらえると、応援できるかもしれないです。

 堀江氏、勝間氏が政治家になっていたら、どうなるか考えてみました。多分、将来的にもならないだろうし、活躍もできなさそうです。ただ、選挙に当選するという意味では、彼らはできそうな気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
2時間で読めるだけに、内容は薄い。
言ってる内容も、皆さん前著と同じですし、特に目新しい記述はありませんでした。
これを読むなら、そこまで言うか!を読むほうがまだ有意義だと思いました。

田原さんが絡むと、まあ、おじさんですし、なんか本全体が野暮ったくなってイマイチです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
週刊誌の対談を本にしました!という印象。
雑誌でこれを読んだら面白い。それが本のボリュームがあるのだから当然面白いです。
三人とも「役者」なので、サービス精神旺盛。暴露ネタもあるしあきさせません。
しかし、何か知見を得られるかといえば疑問附がつく。
時間とカネがある人は読んで損はない(というレベルです)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 司会−田原総一朗で勝間和代×堀江貴文の対談やったら面白いだろうという安易な企画。映像で見れれば、三者の特徴的な口調や表情が観察できてより面白かったでろうにと惜しまれる。だが内容には大手メディア批判も含まれているので、地上波での放送はまず無理であっただろう。幸い三者のトークはそれぞれテレビで頻繁に視聴した経験があったので、声や口調を想像しながら軽快に読み進めることができた。コンパクトなサイズも有難い。

 以下に印象に残った発言を記す。

勝間:普通に中学受験して慶應の付属の中等部に入ったんですが、何か私、物理とか数学とかやたらめったらできたんですよ。 (pp.18-19)

勝間:慶應なら普通は経済学部なんですが、これが当時お見合いを断られちゃうんですよ。
田原:慶應経済だとお見合いだめなの?なんで?
勝間:学歴が高すぎて(笑) (p.20)

堀江:というのは、要は鳩山家くらいのブリジストン株を持っていれば首相になれる。それはたぶん100億円くらいですよ、で、そのくらいの現金は持っていたから、「あ、なれるわ」と。 (p.66)

堀江:小泉さんの次は安倍晋三かよと思った。ちょっと会った感じでは、ああ、この人すぐ辞めるだろうと。その次はチャンスがあるだろうと。<
...続きを読む ›
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック