Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 864
(税込)
ポイント : 8pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田中雄一]の田中雄一作品集 まちあわせ (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

田中雄一作品集 まちあわせ (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 864
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 344ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

虫、類人猿、巨獣…異生物と人間が織り成す、生存のドラマ! 雑誌発表時に大反響を呼んだインパクト抜群の傑作SF短編群、ついに単行本化!! 新種の昆虫の人間界への侵略『害虫駆除局』、人間と同じように進化してきた類人猿との共存『プリマーテス』、怪獣が闊歩する超未来『箱庭の巨獣』…。そして表題作『まちあわせ』は、予想不可能な壮大なイメージと感動へと導く究極のラブストーリー! 期待の新人作家、初の作品集。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 87881 KB
  • 出版社: 講談社 (2014/6/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00LIUMW1G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 アフタヌーン誌が輩出した数々のSF漫画の中でもギクシャクとした絵で主に生物学的なガジェットを多用し、グロテスクなクリーチャーと人の生の営みの愚かさ、美しさの描写が忘れ難き印象を残す異才です。
 寡作な田中氏待望の初単行本です。

 【収録作(掲載は全て講談社月刊アフタヌーン)】
1.害虫駆除局:2009年7月号付録・アフタヌーン四季賞ポータブル掲載。107頁
2.プリマーテス:2009年11月号。54頁
3.まちあわせ:2011年7月号。116頁。
4.箱庭の巨獣:2013年2月号。56頁。
おまけ「巨獣図鑑2800」 かきおろし。2頁

 処女作にして作者の全てが現れている1、セカイ系と言っても良い異常な恋愛状況をトボケたユーモアを塗して描いた気色わるくも愛おしい3、そして近未来、外敵から人のコロニーを守る為に巨獣化される子供達を描いた創元SF文庫の「さよならの儀式 年間日本SF傑作選」に収録された4が読み応え有り。

 達者では有りませんが独特の絵で描かれる異形・溶融する生物と人類のイメージ、例えば諸星大二郎氏や諫山創氏、横尾公敏氏の作品がお好きな方には大いにお薦めです。
 他に類を見ない歪なクリーチャー・デザインにも注目。

 著名なアニメーター、イラストレーターの田中雄一氏とは同名別人です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
絵が下手でストーリーが追えない。
感傷がありきたりで感情移入できない。
大友克洋の影響を強く感じすぎる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2014/6/30
形式: コミック
2009年にアフタヌーン四季賞ポータブルに掲載された害虫駆除局と、その後本誌に掲載された読みきり3本を収録。

四季賞ポータブルに載ったときから非常に濃い絵柄で異形の生物を描いており、
本誌に掲載されたときも作者名を見なくても「あの人だよな」と一目で判るほど特徴的でした。
まとめて読み返してみると最新作では描線がかなり細くなっていますが、それでも万人受けしそうな印象はありません。
シナリオも絵柄には合っていると思いますが、基本暗い未来を描いており重苦しいです。
これらの点で合う合わないが激しそうですが、特に苦にならないならSFとしてかなり楽しめる一冊だと思います。

害虫駆除局はタイトルから判るとおり昆虫注意です。
裏表紙に異形が描かれているので、絵柄の判断材料に多少はなるかと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
創元推理文庫の「さよならの儀式」で作者の作品を読んで気に入り、購入しました。独特の世界観に圧倒されます。内容はかなりグロいはずなんですが、あまりグロさを感じないのが、特筆すべきところだと思います。星四つなのは、「さよならの儀式」収録作が一番面白かったためです。好みの問題だと思います。あ、でも、画もあれが一番うまかったかな(笑)。無責任なコメントで申し訳ない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover