通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
田中角栄 封じられた資源戦略 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。クリーニング済!24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。【検品担当者より】丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。日本郵便ゆうメールにて毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

田中角栄 封じられた資源戦略 単行本 – 2009/10/22

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 202

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 田中角栄 封じられた資源戦略
  • +
  • 異形の将軍―田中角栄の生涯〈上〉 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 異形の将軍―田中角栄の生涯〈下〉 (幻冬舎文庫)
総額: ¥3,286
ポイントの合計: 74pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

アメリカの傘下を離れて独自のエネルギー資源供給を確保──国家自立のための資源外交を展開した角栄の軌跡を辿り、世界を覆う石油利権・ウラン利権に潰された構造を検証。日米関係が揺れ資源問題が極大化する現在の重要書。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカの傘下を離れ独自に資源供給ルートを確保する―。七〇年代に宰相・角栄は自ら世界を駆け回って直接交渉する「資源外交」を大々的に展開した。石油ではメジャー支配を振り切ってインドネシアやソ連と交渉し、原子力ではフランス、オーストラリア等と独自に手を結ぼうとした。角栄の失脚はこの資源外交の報復だとも言われている。実際のところどうだったのだろうか。石油メジャーやウラン・カルテルを形成する「資源帝国」とアメリカや欧州各国の思惑、そこを突き破ろうと突進した角栄の資源戦略はいかに展開され、いかに潰えていったのか。日米関係の大幅な組み換えが始まるいまこそ再検証すべき「資源戦争」の全容を詳細に描いた力作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 草思社 (2009/10/22)
  • ISBN-10: 4794217358
  • ISBN-13: 978-4794217356
  • 発売日: 2009/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 271,433位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
前作の「後藤新平」を読んだ際に、作者である山岡氏の熱い文章に引き込まれた覚えがあり、資源戦略というキーワードで作者がきっと、現代に問題を投げかけるんだろうな..という期待で読みましたが、期待以上に緻密な調査を通して、作者が驚き、気づいたであろう熱いメッセージが根底に伝わる作品となっています。
そして、意外にも田中角栄という政治家に引き込まれていきます。ロッキード事件についても、「そうだったのか」と気づかされることが多く、政権交代が現実となった2009年、メディアに取り上げられる対米交渉は自衛隊支援や沖縄の基地問題がほとんどですが、まさに本書で国家のエネルギー政策と田中角栄という日本人の熱意や働きについて再認識させてくれる作品でした。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最初にこの本を手にしたとき、題名がものものしいため一歩後ずさりしてしまったのですが、友人が勧めるので読んでみたところ、惹きこまれるように一気に読み終えてしまいました。田中角栄というと、私はロッキード事件での悪い印象しかなかったのですが、この本における田中角栄は、資源を持たざる国の首相として資源の獲得外交にリーダーシップを発揮する、輝かしい政治家です。最近は内向きになりがちな政治家ばかり見ているせいか、この本における田中角栄の強烈なリーダーシップが眩しく思えて仕方なかったのですが、著者も以下のように書いています。

「田中 角栄がもし生きていたら、エネルギー供給源を多角化し、「持たざる国」日本の危機を回避するためにグリーン・ニューディールに突っ走った、と想像する自由は残しておこう。」

本書は田中角栄の生き様だけでなく、世界、特に米国のエネルギー保障戦略と歴史を理解する上でも極めて有効な本だと思います。米国はこれから石油やウランだけでなく、自然エネルギーについても覇権を握る動きを本格化させると思うのですが、本書を読んだ後であれば、そのような米国のエネルギー保障にまつわる動きについてまた違った面からの理解を加えられるのではないかと感じます。

登場する政治家に福田、鳩山といった昨今の首相の親の世代が含まれており、名前に親しみがあるのも手伝って30代半ばの私でも楽しく読むことができました。若い人にもお勧めの好著です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
鳩山政権が発足して、早や一ヶ月半が経過。
自民党から民主党への政権交代を、カメレオンの色が変わっただけと捉える見方も存在するのも事実。
民主党の今後の流れを読むには、自民党が戦後に辿って来た道の学びを抜かすわけにはいかないだろう。
自民党政治を最も体現した一人が、田中角栄。
国家政策に直結しているのがエネルギー政策。
海外取材も織り込んだ田中角栄に関するこの力作を、
今後の日本の政治と経済の動きを読む参考書としてぜひ勧めたく、5つ星で推薦!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ことある度に騒がれている非核3原則 とりわけ持ち込ませずという点で、過去に密約があったの云々と取りざたされている。 これを読めば原子力発電と核兵器が同義語であり、世界の核戦略な中に日本も組み込まれていることがよく理解できる。 それなのに、原発の安全性は、いまだに政府によって何となく安全だという宣伝がされてるだけで実際は、お粗末な状況が変わっていない。 危険な原発を監視するのは民間の電力会社と経済産業省のお手盛り機関だ。 これからの原子力政策はどうなるのか?
民主党の政策が問われる? 田中角栄首相は、このことにいち早く気づき独自のエネルギー政策を確立しようとして、原子力マフィアの罠に落ちてしまった。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック