通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と 特捜検察「栄光」... がカートに入りました
+ ¥340 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感やいたみは少しありますが、中古品としては概ね良い状態です。○付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。○通常ご注文から2日以内に発送させていただいておりますが、商品によっては3~5日程度お時間を頂く場合もございます。○他サイトとの併売商品のため、在庫切れの際には迅速にキャンセルのご連絡をさせて頂きます。○ビニール包装(防水)のうえで発送しています。○通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます。(商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)○多数の商品を取り扱っているため、商品個別のお問合わせには対応しておりません。また、日時指定や急ぎの出荷にも対応しておりませんので、お急ぎの場合にはPRIME対象商品からお買い求め下さい。○あくまで中古商品となります。完璧なものをお求めの場合には新品商品をご検討下さい
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と 特捜検察「栄光」の裏側 単行本 – 2016/7/20

5つ星のうち3.0 4個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥990

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と 特捜検察「栄光」の裏側
  • +
  • 冤罪 田中角栄とロッキード事件の真相
総額: ¥4,180
ポイントの合計: 184pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

ロッキード事件、リクルート事件などで
次々と巨悪を追いつめた「特捜の鬼」吉永祐介。
その意外な素顔と捜査の裏側を
元特ダネ記者が鼎談で明らかにする。
「総理の犯罪」とは何だったのか!?
検察はかつての栄光を取り戻せるのか!? 秘話満載!

【目次】
●プロローグ 巨悪と検察
・ブームの「巨悪」と低迷する検察
・40年前も検察は「眠れる獅子」だった
・情報開示革命が暴いた秘密工作費
・「政治とカネの不正を追求する専門機関」に
・なぜ低迷したのか?/ほか

●第1章 ロッキード事件前夜
・第一期特捜黄金時代とその暗転
・社民党議員は逮捕してい起訴、自民党議員は在宅で起訴
・今なら検事総長はクビ、総長会食事件
・総長退陣を求めた連判状騒動
・日通事件の後遺症――ロッキード事件まで8年間の沈黙

●第2章 田中元首相逮捕!
・マスコミ各社、まさに青天の霹靂
・元首相逮捕で吉永さんは検察捜査の「レジェンド」に
・「警視庁不信」と保秘の徹底
・田中元首相が最終ターゲット、と認識していたマスコミ

●第3章 米国で発覚した「総理の犯罪」
・寝耳に水――米会議の証言
・疾風怒濤の報道
・ロッキード事件の構造と背景
・ロッキード事件と鼎談者のかかわり
・悲壮感溢れる検察の捜査開始宣言/ほか

●第4章 真相解明の舞台――ロッキード法廷
・全面対決! ロッキード公判の緊張感
・闇将軍の脅威――「マスコミこそが検察の応援団」
・「元首相より米国を選んだ?」丸紅の思惑
・偽証容疑で証人連行
・嘱託尋問調書をめぐる裁判所のスタンスが変わった/ほか

●第5章 もう一つの航空機事件
・キーマンの自殺が捜査の壁に
・伊藤栄樹刑事局長のパフォーマンスと検察捜査の不可解
・ダグラス・グラマン事件捜査で記者に責められた吉永さん
・ロッキード事件の構図を揺るがす?エントリーフィー疑惑
・「消えた?」取締役会議事録

●第6章 ロッキード事件が変えたもの
・「政局」から「政策」へ、政治報道が変わった
・事件報道で「特別な存在」になった検察
・報道が特捜ブランドの価値を高めた
・おざなりになった権力監視
・吉永さんは左遷人事?

●第7章 リクルート事件で「吉永特捜」復活
・政界捜査の復活
・リクルート事件に最初は懐疑的だった吉永さん
・初報が大きな山だった
・吉永さんの現場復帰で引き締まった特捜検察
・テレビで放送された贈賄申込み場面/ほか

●第8章 経済事件の季節
・「特捜の馬鹿やろう」と吉永さんが怒った蛇の目事件
・宿題捜査の答えに激怒
・特別背任か恐喝か?部長交代の裏側
・背任立件すべきだった――今もこだわる元特捜部長
・不発に終わった沈黙船疑惑/ほか

●第9章 東京佐川便事件と政界のドン逮捕
・発端は暴力団への巨額のカネ
・歴史を動かした5億円闇献金スクープ
・報道のハードル、「訴えられたら勝てるか?」
・掲載見送り判断を覆した弁護士の助言
・金丸邸への深夜の電話取材/ほか

●第10章 暴走を非難された特捜検察
・ゼネコン事件捜査の舞台裏
・摘発ラッシュの陰で進んだ強引捜査
・検事による参考人暴行、傷害事件も発生
・特捜部が調子に乗ると起きる暴走
・一過性の事件で終わらせた禍根/ほか

●エピローグ 「第二の吉永」は現れるか
・吉永さんは幸運は人
・検察よりも捜査官的だった裁判所
・「史上最強」の捜査モデルの実態
・裁判所による職権主義との訣別のサイン
・戦う検察の復活なるか/ほか

内容(「BOOK」データベースより)

NHK・朝日新聞の特ダネ記者が語り尽くしたロッキード事件40年秘話満載!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022513985
  • ISBN-13: 978-4022513984
  • 発売日: 2016/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 324,680位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
評価の数 4
星5つ
50%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
50%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件のカスタマーレビュー

2016年8月21日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月28日
形式: Kindle版Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年10月7日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月15日
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告