Facebook Twitter LINE
  • ポイント: 76pt (2%)
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
用の美 上巻 柳宗悦コレクション―日本の美 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 office SK
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★【ポイント付きます!Amazonからの発送。365日毎日発送致します】帯はありません。本文は書き込み・ページ折れ・開きグセもなく良好な状態です。但しあくまで中古品になりますので気にならない程度のキズ等に付きましてはご容赦下さい。管理用シールは再剥離用を使用しております。ご注文頂きましたら【 Amazon FBA 】にて梱包し、発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

用の美 上巻 柳宗悦コレクション―日本の美 大型本 – 2008/6/11

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 3,100
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 用の美 上巻 柳宗悦コレクション―日本の美
  • +
  • 用の美 下巻 柳宗悦コレクション―李朝と中国、西洋の美
総額: ¥8,208
ポイントの合計: 117pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

【日本民藝館の協力、監修による珠玉の名品を撮りおろした決定版】
名もなき工人たちの手によって生まれた「日用の雑器」に美を見出し、蒐集した柳宗悦。
万余を超えるその蒐集品は東京駒場の日本民藝館に収められています。
本書では、ファンはもちろん初めて民藝と向き合うかたがたにも楽しんでいただけるよう、三つのポイントで編集しました。
1. 目利きが選んだ名品中の名品
数多の品々から厳選に厳選を重ねてくださったのは、日本民藝館主任学芸員の尾久影三さん。
柳宗悦の世界、その思想を受け継いできたからこそそのセレクトが光ります。
2. クオリティの高い撮りおろし写真
土門拳に師事し、仏像や名宝などの撮影で名高い写真家・藤森武さんが、全篇を撮りおろしました。
名品を手にしているような気分で“愛でて楽しむ”ことができます。
3. ダイナミックな誌面、わかりやすく解説
名品の良さを表現するために、判型も大きくしダイナミックな写真で誌面を展開。写真の解説は必読です。
柳宗悦がどのような考えで一点一点を蒐集したのか、彼自身の遺した言葉を引きながら、わかりやすく解説します。

【本書の内容】
1. 器 : 漆器に陶磁器、沖縄の器など“用美相即”の器たち
2. 家具・調度 : “用が美を生む”を雄弁に語る家具と調度
3. 衣・裂 ほか : “用は美を育む大きな力”着物、裂、編組
4. 彫刻・絵画 ほか : 木喰仏や石仏、絵馬などが表す“生(うま)るる美”

柳 宗悦(やなぎ むねよし8そうえつ)) 1889(明治22)~1961(昭和36)
現在の東京都港区に海軍少将・柳楢悦の三男として生を受ける。父楢悦は和算家としても知られていた。
母勝子は講道館柔道の創始者・嘉納治五郎の姉。1910(明治43)年、学習院高等科在学中に文芸雑誌「白樺」の創刊に参加。
東京帝国大学哲学科を1913(大正2)年に卒業。朝鮮陶磁器の美に魅了された柳は1916(大正5)年以降、たびたび朝鮮半島を訪れる。
無名の職人が作る民衆の日常品の美に注目した柳は、バーナード・リーチや富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎らとの親交の中で、「民藝」の新語を生み出す。
「日本民藝美術館設立趣意書」を発表したのは1926(大正15)年のこと。柳は”生活の中の美”の啓発につとめていった。
1934(昭和9)年に「日本民藝館」を創立し初代館長に就任。ここを拠点に工芸調査や蒐集活動、展覧会を積極的に展開した。1957(昭和32)年、文化功労者に指定された。

内容(「BOOK」データベースより)

柳宗悦がその生涯をかけて蒐集した“美の世界”に親しむ。珠玉の名品を撮りおろした「民藝」決定版。


登録情報

  • 大型本: 176ページ
  • 出版社: 世界文化社 (2008/6/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4418082077
  • ISBN-13: 978-4418082070
  • 発売日: 2008/6/11
  • 梱包サイズ: 27 x 21.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 599,717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2012年2月21日
形式: 大型本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告