この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

産めないから、もらっちゃった! 単行本 – 2012/10/26

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 105
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

本書は、24年前に「特別養子縁組」で一女の母となったうさぎママが、
当時の気持ちを振り返りながら、とことん正直に綴った子育ての記です。
不妊に悩んだ独身・新婚時代のこと、養子を迎えたいと思ったこと、
生後40日の娘・アンさんと出会ったこと、真実告知について悩んだこと、
大人になったアンさんの今だから話せる本音もたくさん紹介しています。
巻末には「特別養子縁組」の現状、手続きの仕方、民間団体のインタビューも掲載。

「特別養子縁組」で子どもを迎えた方、迎えたいと思っている方はもちろん、
むかしは子どもだったすべての大人に読んでいただきたい一冊です!

※タイトルについて 「神様から特別にもらった」という意味と、表面的な言葉にこだわらず
しなやかな強さを身につけてほしいとの著者の願いが込められています。
そのため、現在の主流である「迎える」「授かる」という言い方をしていません。

出版社からのコメント

現在、施設などで育つ子どもたちは3万人以上もいる一方で、不妊症に悩む夫婦は10組に1組ともいわれています。この両者が出会って幸せな家庭を築けたら、どんなにいいでしょうか。
しかし「特別養子縁組」の成立件数は、ずっと横ばいで少ないまま。その背景にはさまざまな問題がありますが、多くの日本人の「血縁を重んじる考え方」や「養子への偏見」が幸せな親子の誕生を妨げている一因かもしれません。
本書によって、こんなにも幸せな親子がいることを知っていただけたら幸いです。
そして、子どもたちの幸せを考えるきっかけにしていただければと思っています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 184ページ
  • 出版社: メタモル出版 (2012/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895958345
  • ISBN-13: 978-4895958349
  • 発売日: 2012/10/26
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 376,045位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(6)

トップカスタマーレビュー

2013年2月13日
形式: 単行本|Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年8月28日
形式: 単行本|Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2012年11月24日
形式: 単行本|Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年9月20日
形式: 単行本|Amazonで購入
2015年10月20日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年1月10日
形式: 単行本
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告