Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,404

¥ 216の割引 (13%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田島 悟]の生産管理の基本としくみ
Kindle App Ad

生産管理の基本としくみ Kindle版

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,404

商品の説明

内容紹介

ものづくりの現場において、今も昔も欠かすことができない生産管理の仕事。 「生産の3M」、「5S」といったベーシックな項目から、MRP(資材所要量計画)などのコンピュータシステムと関連した項目、発注方式、設備管理、最近流行しているセル生産まで、生産に関連した手法をほとんど網羅。この一冊で生産管理手法の全体像が理解できます。もちろん、新人教育や研修テキストとしても使える便利な一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

生産管理の基礎の基礎から、最新のトレンドや手法までを網羅。生産性を高め、コストを低減するための知識を図解で凝縮。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5153 KB
  • 紙の本の長さ: 160 ページ
  • 出版社: 安曇出版 (2010/12/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FRBH6OU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 20,570位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私にはあまりにも役に立たない内容でした。生産管理をこれからする人にはオススメですね
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
目的としていた「生産管理の基本」内容が幅広く
わかりやすくかつ左ページに要約説明
右ページにはその内容を絵的に表し、
大変理解が出来やすい構成となっていました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 イッパツマン トップ1000レビュアー 投稿日 2013/10/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
 同じ著者の「生産管理の基礎知識が面白いほどわかる本」(中経出版)と内容がかなりカブっている点で星は一つ削ったが、本書の方では少し近年の実例が足されている。

 コンサルタントとして著者が直面された現場の事例の話がもっとあれば尚良かったと思うが、初学者でも気軽に読みやすい入門書であることには変わりない。

 1テーマ1見開きなので、多忙なビジネスマンでも読み進めやすいはずだ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
製造業に従事していない小生が生産管理をいざ学ぼうとした時、
・小売店舗と違って工場という閉じられた環境である
・JIS用語が分かりにくい
等々のお陰で、まるで現場のイメージが湧かず、学習が遅々として進まないことがありました。
その点、当書籍は徹底したイメージ化により非常に分かりやすく読めます。
製造業に従事したことのない方で、生産管理を学ぶ必要のある方にはお勧めではないでしょうか。
また、教科書的な知識に留まらず、「からくり改善」や「スキル管理版」など実務的な手法が紹介
されており、実務の担当者にも勉強になる部分があると思われます。

お気軽に手に取ってみることをお勧めします。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本の成長を支えてきた企業、製造業・メーカーの現場を知るための入門書。

トヨタ、ソニー、シャープと日本を代表する企業にはメーカーが多い。原材料を仕入れて工場で加工し、製品を売ってもうけを出す。使い古された言い方かもしれないが、「モノ作り大国」であることは事実。資源がない国は技術力で成長してきた。これからはどうなるかわからないが、製造業の現場を知っていても損はないでしょう。

ただ、物を作ると言っても様々な工程を経て製品は作り出される。改善を繰り返さないと技術力は高まっていかない。そのために聞き覚えがある人には耳がタコになるほど聞かされた、知らない人は全く知らない「QCD」などの仕組みが工場では行われる。

正直に言うと、私はQCDすら知らなかったのですが…

知っておいて損はないし、メーカーに興味がある人は読むといいと思うのです。少し、昔の知識になるのかもしれませんが、かなり網羅的に書かれているので、入門書としていいでしょう。

【引用】

ステークホルダー全体を考えることは、最近重視されているCSRの考え方にもつながります。CSRは、Corporate Social Responsibilityの略で、「企業の社会的責任」と訳されます。社会的責任を企業に限定せ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover