通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるも... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当店は広島県古書籍組合加盟店です。クリーニングしてお届け。中古品という事をご理解下さい。表紙に若干の擦れはありますが本体はおおむね良好のコンディションです。平日毎日発送いたしております。発送時メールにてお荷物お問い合わせ番号をお知らせします。 ※注 領収書発行希望のお客様は、商品発送前にメールにてご連絡下さい。商品到着後に領収書発行希望の場合は、別途送料をご請求させていただきますのでご了承下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/26

5つ星のうち 4.1 61件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 900 ¥ 1,100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
  • +
  • バブル:日本迷走の原点
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いまの「働き方改革」において、最も重視されるべきは生産性である。
かつて日本企業は生産現場での高い生産性を誇ったが、ホワイトカラーの生産性が圧倒的に低く世界から取り残された原因となっている。
生産性はイノベーションの源泉でもあり、画期的なビジネスモデルを生み出すカギなのだ。
本書では、マッキンゼーの元人材育成マネージャーが、いかに組織と人材の生産性を上げるかを紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

「成長するとは、生産性が上がること」元マッキンゼーの人材育成マネジャーが明かす生産性の上げ方。『採用基準』から4年。いま「働き方改革」で最も重視すべきものを問う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 248ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2016/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478101574
  • ISBN-13: 978-4478101575
  • 発売日: 2016/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 91位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
著者の趣旨は目次を2回読み、数章読めば把握可能です。この提言が広まることの価値はありますが、生産性にある程度関心がある人にとっては当たり前の内容です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Jasper VINE メンバー 投稿日 2017/4/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本人のホワイトカラーの生産性の低さは良く言われますが、その理由を分かりやすく、納得感を持って説明しています。
改善策としての、マッキンゼーのコンサルタントの働き方は、日系企業の現実からするとハードルが高いと思いますが、日本が海外と競争していく上で、個人、組織レベルの生産性向上の取り組みが不可欠なことを痛感しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「マッキンゼー」を、現在、肯定的な意味でとらえる人は、皆無だと思います。つい、購入してしてしまいました。やはり、でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
生産性と言うと無駄の削減、コストカットが頭に浮かぶ読者の一人でしたが、それは一部でしかないと言う点で非常に目からウロコでした。

アウトプットの価値を上げる事、日本企業が比較的得意とする技術的なところだけでなく、非技術的な分野の生産性についても言及されており考えさせられました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本を読んで生産性の概念が私の中で変わりました。
ホワイトカラーの生産性を改めて考えさせられると共に、ひいてはこれが日本経済の弱点であることも認識させられる本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
前作の「採用基準」よりも、本作のほうがわかりやすい。能書き的な著作でなく実践的。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
仕事で購入。社内だけでなく、会社が社外にどう見られたいか考える部署の方にも良い本だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マミ 投稿日 2017/3/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
会社から勧められて読みました。期待してなかったのに、すごく面白くて勉強になりました。同僚にも勧めたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現代の企業が目指すべき方向が見えました。残業ゼロや会議時間短縮だけをめざしていましたが生産性向上の本質が見えました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 著者は以前、マッキンゼーで人材育成や採用マネージャーを務めていた人物。本書は日本企業及び日本社会に向けた、生産性向上を指南する書だ。
 生産性が正確に理解されていない組織では、成果額を上げるための方法として例えば、残業時間を増やしたり人材を増やすなどの「安易な資源の追加投入」や、昼休みにオフィスの電源を消すとかコピーの枚数を制限するなどの「コスト削減にこだわる」といった状況に陥りがちだ。生産性を上げるには、「成果を上げる」(=アウトプットを最大化させる)と「投入資源量を減らす」(=インプットを最小化させる)というふたつの方法があり、さらにそれぞれを達成するための手段として、イノベーション(画期的な商品設計やビジネスプロセスの再構築などの「革新」)とインプルーブメント(コスト削減に加え、販売手法の工夫や作業手順の変更などの「改善」)のふたつがあることを正確に理解することが大切であると著者は主張する。そして、すべての部門で働く人に、「生産性」の重要性を理解し、謙虚かつ真摯に少しでも仕事の生産性を上げるための努力が求められていると強く主張する。
 著者はまた、社員の評価を仕事の成果の絶対値(量)だけで行いがちな日本の企業に対し、「生産性がどんなに低くても、最終的に出てきた結果がよければ何の問題もない」という労働力投入型の発想であり、労働の質を問う発想ではないと厳しく
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー