通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるも... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: いらっしゃいませ。(商品状態)★本体(やや良好)★内部(良好)★帯(なし)★書き込み(なし)★日焼け(なし) ◎総評(中古品のため、カバー・本体・内部部分の所々にダメージに伴う多少のキズ・汚れ・よれ・折れ等が御座いますが、概ね良好です。特にダメージの目立つ箇所は右に記載しています⇒)●特記事項(カバー部分、とても使用感があります・カバーのキズ・すれに関して、光の具合で目立つ場所がとても多い(使用には問題なし)・カバー上部+下部の所々の多くに目立つ細かなよれ+折れ目跡あり・カバー両サイドに折れ目ズレに伴うとても目立つ折れジワ+縦方向の折れ目跡あり(使用には問題なし)・天+地の所々にダメージに伴う目立つわずかな凹み+細かなよれ+折れ目跡+薄黒い汚れ+すれ等あり・天左端から約2.0cm右中央やや下付近に約1.0cmの横方向のダメージに伴うとても目立つよれ+細かなよれ+折れ目跡あり・天右端中央やや下付近に約0.1cmの目立つ点状の黒い汚れあり・内部部分、寒暖の差により全体的にとても波打っております(使用には問題なし)・商品番号④)◆「Amazonコンディションガイドライン」に基づいた商品状態になります▲商品の状態は、弊社主観になります●多少の見落しにつきましてはご了承下さい◇クリスタルパックにて梱包し、敏速な発送を心がけております。❖福岡県公安委員会(古物商許可証)第901010810021■個人情報に関して(商品の発送以外に、お客様のご住所・ご氏名を使用することはありません。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/26

5つ星のうち 4.1 73件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,220

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
  • +
  • 採用基準
  • +
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 160pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

いまの「働き方改革」において、最も重視されるべきは生産性である。
かつて日本企業は生産現場での高い生産性を誇ったが、ホワイトカラーの生産性が圧倒的に低く世界から取り残された原因となっている。
生産性はイノベーションの源泉でもあり、画期的なビジネスモデルを生み出すカギなのだ。
本書では、マッキンゼーの元人材育成マネージャーが、いかに組織と人材の生産性を上げるかを紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

「成長するとは、生産性が上がること」元マッキンゼーの人材育成マネジャーが明かす生産性の上げ方。『採用基準』から4年。いま「働き方改革」で最も重視すべきものを問う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 248ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2016/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478101574
  • ISBN-13: 978-4478101575
  • 発売日: 2016/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 281位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 働き方で「配慮すべき理由」
本人の病気、怪我
家族の育児、介護 etc.
最近は、増えているような気がする。
それなのに、長時間労働!!
これじゃぁ、疲弊しますよ。

 そもそも大切なのは、
長時間労働、いや生産性の低さじゃなかろうか。
確かに、労働量の確保だけじゃぁ、
いつまでたっても人手不足に追い立てられる。
このまま増員しても「仕事の改善」を見落としてしまう。

 「この仕事はなくせないのか」
「より効率的な方法はないか」の視点は重要だろう。 
生産性向上を考えるには、本書は欠かせない。

 必見、「生産性向上のための4つのアプローチ」は
一読の価値あり。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いわゆるマッキンゼー本にある内容が5割はあったかなと感じました。
しかしながら、人事としての採用経験等を踏まえた話(評価基準の見直し)など著者なりの提言もあったのは良かったと思います。
超効率化を求めていくには必要な視点があると思います。
自社においてはそれ以前の課題もあるなあと思いながら、理想の評価基準を拝読しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者の趣旨は目次を2回読み、数章読めば把握可能です。この提言が広まることの価値はありますが、生産性にある程度関心がある人にとっては当たり前の内容です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ろん 投稿日 2017/5/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
残業を減らすには、効率を上げろってことなのかな。上げられない人へも継続した教育が大事かー
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前著「採用基準」のインパクトが甚大だったので、どうしても無意識にそれと比較しながら読み進めました。

読み終えた印象は「好著、但し前著で思わず膝を叩いて同意したほどの感動は残念ながらなかった」です。

ほんの少し、ほんの少しですが、著者の"驕り"が感じられたのは気のせいでしょうか。とはいえ、そんじょそこらにいる人と比較すると異邦人とも言えるレベルの頭脳を持つ伊賀泰代さんが書いた本なので、凡人とは「視点が違う」「こう考えるのか!」と思うところが多数。

「採用基準」で述べていた"リーダーシップ"が個人レベルで考え方を変えればすぐに適用できる記述が多かった(実際僕も常に心がけて実行している)のに対し、この本の"生産性"は組織ぐるみで取り組んで初めて大きな効果を発揮する記述が多かった。
これが僕の印象です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 伊賀泰代の分身、ちきりんの『自分の時間を取り戻そう』と併読しましたが、
発売時期も出版社も内容も同じ。 著書は、すごい手抜き(生産性が高い)ですね。

 でも、読者には、同じ内容を2度も読まされて、生産性が低すぎる。
生産性の高さって、他人の生産性を奪うことで達成できる好例ですね。

 しかも本書は、生産性が重要と叫ぶだけで、生産性を高める方法が書かれていないので、
役に立たない。

生産性が低い無駄な読書だった・・・
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
生産性をいかに高めるか、というシンプルなテーマに対して、本質を突く内容。
今後、日本のGDPを600兆円に引き上げるためには、ホワイトカラーの生産性向上は必須。

特にホワイトカラーのマネジャーは必読ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本を読んで生産性の概念が私の中で変わりました。
ホワイトカラーの生産性を改めて考えさせられると共に、ひいてはこれが日本経済の弱点であることも認識させられる本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
生産性はこつこつ改善の日本型と、そもそもの価値の定義を変えるパラダイムシフトさせるアメリカ型があるという話しから始まり、とても分かり易く書かれている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
【内容(ネタバレ禁止!)】
元マッキンゼー人事担当による企業改革ハウツー本

【ささった言葉】
・日本の組織と米国の組織を比べたとき、生産性とリーダーシップ以外には、その人材力と組織力を左右する決定的な要因は何もない
・量を追う発想が生産性を下げる
・ビジネスイノベーションとは、「既存ビジネスの生産性を圧倒的に向上させられる方法は何かないのか?」と考えることから生まれてくるのです。
・生産性を評価基準に取り入れることで、社員もまた「出した成果の絶対量ではなく、成果の出し方=労働の質」に意識を向けるようになるのです。
・卓越した才能を持つ選手であっても、コーチやトレーナーからの適切な支援なしに自分の潜在能力を最大限に引き出すのは容易ではありません。
・彼らが転職や起業をするのは高い報酬のためなどではなく、自分のフルポテンシャルを発揮できるチャレンジングな環境を求めてのことです。
・選抜漏れ中高年の再教育、すなわち育成を諦めてしまうことの最大の問題は、彼らを諦めることが組織全体に悪影響を与えるという点にあります。
・むしろ厳しいのは、具体的に何が悪いのか、何を期待されているのかさえ明確にされないまま、定年までの長い期間、諦められ放置されてしまうことです。「厳しくみえるけど優しい
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー