この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


生物学的コンセプトに基づいた歯周組織再生法―エムドゲイン療法 (日本語) 大型本 – 2000/3/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥6,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

著者の解説 本書は、約6ヶ月を費やし書き上げられた。臨床例は共著者・弘岡によるもので、美しい臨床写真はまさに秀逸である。また、本文は著者・戸村が主に論述、作成した。この本は歯周治療の基本的診査・治療方法を解説した部分と、主題であるエナメル基質タンパクのメカニズムやエムドゲイン療法の臨床手技を解説した部分とに分けられる。前者に関しては、専門書では本来割愛すべき部分も多いが、日本の臨床医における歯周治療のレベルを考慮し、歯周病治療のガイダンスとなるよう工夫した。一方、後者は「シグナリング・システム」など歯科の分野では用いられることの無かった用語がキーワードとなる。執筆の時点では歯科領域での基礎的研究結果が少なかったせいもあり、“仮説”として大まかなレベルで解説した。不思議なことに、エムドゲインは臨床応用がなされていても、そのメカニズムの詳細は不明なのである。また、研究者のなかには誰もエムドゲインの作用機序を総括し解説する者がいなかったのだ。このため、著者が路先案内人を務めさせて頂いた。近い将来、著者が論述した「シグナリング・システム」や「エッチング」等に関する概念が、研究成果をふまえて再評価されるものと期待している。このように、新しい概念や治療法は基礎的研究が後追いなのである。

内容(「BOOK」データベースより)

エムドゲインを臨床に用いる場合は、生物学的に正しいコンセプトを伴った洗練されたテクニックにより使用することが良好な臨床成績を得るために必要である。本書では、臨床的に良好な結果が確認された方法を解説する。また、エムドゲイン療法の術式や症例を紹介するだけにとどまらず、初診時からメインテナンスまでの基本的治療法に関する重要事項の要点も解説している。

登録情報

  • 出版社 : クインテッセンス出版 (2000/3/1)
  • 発売日 : 2000/3/1
  • 言語 : 日本語
  • 大型本 : 143ページ
  • ISBN-10 : 4874176399
  • ISBN-13 : 978-4874176399

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません