通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生物学のすすめ (ちくま学芸文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感が少々ありますが、ページ内に目立った問題なく良い状態です。中古品の為、検品には万全を期してますが、状態説明に鎖誤・瑕疵等ある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。また迅速に対応し、アマゾン倉庫より毎日発送します。簡易クリーニング済です。簡易ラベルは剥がれやすいシールを使用しています。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生物学のすすめ (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2016/2/9

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 497

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生物学のすすめ (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 市場の倫理 統治の倫理 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現代生物学では何が問題になるのか。20世紀生物学に多大な影響を与えた巨匠が、複雑な生命現象を理解するためのキー・ポイントを易しく解説。

内容(「BOOK」データベースより)

発展いちじるしい現代の生物学。最新の科学技術はヒトのDNAの配列情報までをも丸裸にしてしまった。けれども生物学には挑むべき謎が数々残されている。性には雌雄の二つがあるのはなぜか?生き物の形を決めるものは何か?生命の起源は?こうした問いを考えるために、動物の行動、自然のパターン、脳の働きなど幅広いテーマの基礎知識をわかりやすく紹介。生物学の大家が描く「生物学の見取り図」を手がかりに、生命の神秘に迫ってみよう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2016/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480097171
  • ISBN-13: 978-4480097170
  • 発売日: 2016/2/9
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 492,389位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 萩原 湖太郎 トップ1000レビュアー 投稿日 2002/7/9
形式: 単行本
 ある意味で現代生物学を代表する研究者であるジョン・メイナード-スミスが、このような初学者向けの入門書を書いているということを素晴らしいと思いました。もちろん内容もすこぶる良かった。翻訳もよく読みやすい。

 最近、生物学の入門書を何冊か読み、その学問的魅力にすっかり魅了されています。どうしてこんなに面白いんだろう?と考えてみると、
(1)そこに「何故」の連鎖があり、
(2)その「何故」の連鎖が生物(学)の全体像を形成している、
せいではないかと思いつきました。

 学問というのは、一見「対象」の体系のように見えますが、たぶん本質的には「何故」の体系であるからです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告