Facebook Twitter LINE
中古品
¥ 70
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


生物多様性のウソ (小学館101新書) 単行本 – 2011/6/1

5つ星のうち 3.3 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 7,588 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

トキの放鳥こそ、生態系破壊ではないか?

生物多様性を訴える人たちはこういう。「生物の種類が日増しに減っている」「種の多様性を守らなければいけない」「地球温暖化で生物が絶滅する」……でも、それって果たして本当なの?『偽善エコロジー』『偽善エネルギー』の著者・武田邦彦氏は、むしろこういう。「現代はもっとも生物種が多い時代だ」「生物は多様でなくても構わない」「地球温暖化で生物は増える」と。これぞ、「生物多様性」の新常識である。

内容(「BOOK」データベースより)

これまで地球温暖化、原発事故の「ウソ」を指摘してきた著者が、生物多様性の欺瞞を暴く「目からウロコ」の最新刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098251094
  • ISBN-13: 978-4098251094
  • 発売日: 2011/6/1
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 609,600位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


25件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.3

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

25件中1 - 8件目のレビューを表示

2018年9月7日
形式: Kindle版
2011年8月4日
形式: 単行本Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月13日
形式: Kindle版Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年3月22日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年7月15日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月16日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年7月18日
形式: 単行本
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年8月10日
形式: 単行本
80人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告