中古品
¥ 90
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンのガイドライン基準にて販売させていただいております。帯は原則としてはございません。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生物は重力が進化させた―実験で検証された新しい進化の法則 (ブルーバックス) 新書 – 1997/12/18

5つ星のうち 2.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 90
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

生物学に抜け落ちていた「重力」の作用
すべての生物進化を「突然変異」と「自然淘汰」で説明するこれまでの「正統」進化論には無理がある──そう感じる人は多かったに違いない。本書は、脊椎動物に限れば、進化は「重力」を中心とした力学対応で起こり、獲得形質は「遺伝」によらずとも次代に伝わることを明らかにする。このことは、じつに簡単な実験で検証できる。

内容(「BOOK」データベースより)

すべての生物進化を「突然変異」と「自然淘汰」で説明するこれまでの「正統」進化論には無理がある―そう感じる人は多かったに違いない。本書は、脊椎動物に限れば、進化は「重力」を中心とした力学対応で起こり、獲得形質は「遺伝」によらずとも次代に伝わることを明らかにする。このことは、じつに簡単な実験で検証できる。


登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (1997/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062571978
  • ISBN-13: 978-4062571975
  • 発売日: 1997/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 247,492位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
現代の進化論は(ダーウィンの古典進化論もだが)、自然選択と突然変異の二本柱を中心に持つ。そして自然選択でいう自然とは他の生物個体との競争及び外的要因である。重力は気温や日射量などと共に、この外的要因中に含まれている。なぜ陸上動物の多くが四本足なのか、なぜ足が上向きでなく下向きについているか、などは進化論は重力の存在(と経済性)で説明する。

本書は重力を単なる外的要因の一つと見なさずに、進化を促す(あるいは引き起こす)主要な原動力と見る。しかしそれではなぜ重力なのかが説明し切れていない。なぜ気温や光、化学物質などの他の外的要因でなく重力なのか、説明すべき部分を説明していない。
また重力は地球上でほぼ同じである。厳密には緯度や標高によってきわめてわずかに変動するが、なぜ同じ地域に住む、同じ重力を受けているはずの生物が、多様な形質を持つに至ったかも説明できない。

自然選択は生物の持つ個別の形質それぞれに異なる説明を与えるから支持されているのだが、重力の働きは自然選択説(が想定する様々な選択圧)と比べればあまりに画一的な刺激であり、それだけで多様な形質を説明するのは困難であると、少なくとも本書では納得できない部分があまりにも多いと感じた。
1 コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
サメを水から出して1Gの環境下におくと筋肉中にアパタイトの組織が現れる。これは実際に行った実験の結果なので真実なのでしょう。しかし、軟骨漁綱が陸上に適応して陸上脊椎動物が現れたわけではないのは明白。魚が貧酸素状態の中でのたうったのであれば死んでしまい、遺伝子を後世に残せません。鰓呼吸から肺呼吸になるのも時間の問題だなんてなんと暴力的な!サメが肺を持っていないことは明らか。原始的な肺が機能を変えて現生の条鰭綱魚類のウキブクロになったのですから、ウキブクロのないサメは肺呼吸に一足飛びに飛躍できないじゃないですか。実験により発見された事実は事実として評価したいです。しかし、これだけ理論の飛躍が過ぎると、トンデモ本紙一重なのでは。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/5/22
形式: 新書
生物進化の諸説にある程度通じている人でない限り、この本を手に取る事はお勧めできません。
その理由としては、著者が批判の対象としているダーウィニズム(orネオ・ダーウィニズム)が
現代生物学的なものではなく古典的な解釈であるという点で、本文での議論の意義が薄れており
初学者に混乱を招かせるおそれがあるのです。
つまり、著者がこの本を通して説明している理論も、現在の進化の総合説で想定されている基本概念と
少しも食い違いがないにも関わらず、無理に「現在の学説」と対比させているという点で
混乱を招く内容となっているのです。
逆に、進化の諸説に詳しい方でしたら自分の考え(理解)と闘わせながら読むのも悪くないかと思われます。
3 コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルとブルーバックスというシリーズの実績からまともな本を想像してしまいますが、はっきり言って現代進化学をまともに理解していない著者が、重力という思いつきのキーワードを軸に自分独自の(先行研究や必須の文献に基づかない)とんでも学説を開陳している本です。
進化学のバックグラウンドがある人が「まあこんな考え方もあるかもしれないね(僕は賛成しないけど)。」という立場で一種のエンターテイメントとして読むのならあるいは面白いかも知れませんが、普通の人がこれを読んでまともに受け取ったら進化学を完全に誤解します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『脊椎動物においては、重力を中心とした生体反応により形質変化を生じ、獲得されたこの形質が当該個体の行動様式によって次の世代に伝えられることで進化がおこる。遺伝と進化は別物であり、遺伝子の変化は形質変化を後追いしたものである』というのが本書の骨子である。このうち形質変化については実験的に裏付けられており、また次世代が同じ行動様式をとれば前世代と同じ形質変化をするというのは当然のことである。従って、論点は『遺伝子が本当に後追い変化をするのか』と『どういうメカニズムで後追い変化をするのか』に絞られる。私は著者がこのメカニズムをコピーミスに求めているているのは納得し難いが、後追い変化をするという主張自体には違和感を感じない。生殖細胞は体の基本となる体制を次の世代に伝えるのが役目である以上、生殖細胞と他の細胞群との間に生じた齟齬は、長い間には生殖細胞の方が変化して解消されるのではないだろうか?そうすると、生殖細胞以外の細胞群の形質変化を通して、生体反応が生殖細胞に間接的に作用したことになる。
この西原説によって、永年違和感を抱いてきた、突然変異と自然淘汰をベースに進化を説明する主流の進化論を払拭できた。この西原説と西原説によって光を当てられたラマルク説が、正当な評価を得て、進化論の主流となることを願ってやまない。
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告