通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) 新書 – 2007/5/18

5つ星のうち 4.1 389件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
  • +
  • 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
  • +
  • 世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
総額: ¥3,287
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

受賞歴

第29回(2007年) サントリー学芸賞・社会・風俗部門受賞

内容紹介

生命とは、実は流れゆく分子の淀みにすぎない!?

「生命とは何か」という生命科学最大の問いに、いま分子生物学はどう答えるのか。歴史の闇に沈んだ天才科学者たちの思考を紹介しながら、現在形の生命観を探る。ページをめくる手が止まらない極上の科学ミステリー。分子生物学がたどりついた地平を平易に明かし、目に映る景色がガラリと変える!

【怒濤の大推薦!!!】

「福岡伸一さんほど生物のことを熟知し、文章がうまい人は希有である。サイエンスと詩的な感性の幸福な結びつきが、生命の奇跡を照らし出す。」――茂木健一郎氏

「超微細な次元における生命のふるまいは、恐ろしいほどに、美しいほどに私たちの日々のふるまいに似ている。」――内田樹氏

「スリルと絶望そして夢と希望と反逆の心にあふれたどきどきする読み物です! 大推薦します。」――よしもとばなな氏

「こんなにおもしろい本を、途中でやめることなど、誰ができよう。」――幸田真音氏

「優れた科学者の書いたものは、昔から、凡百の文学者の書いたものより、遥かに、人間的叡智に満ちたものだった。つまり、文学だった。そのことを、ぼくは、あらためて確認させられたのだった。」――高橋源一郎氏


【第29回サントリー学芸賞<社会・風俗部門>受賞】
【第1回新書大賞受賞(2008年)】

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 286ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061498916
  • ISBN-13: 978-4061498914
  • 発売日: 2007/5/18
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 389件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 573位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
かなり辛口の批評も散見されますが、まずこの本は専門書ではなく、一般の読者向けの科学エッセイのような物です。

更に、生物と無生物の境界線などというものは、誰にも断定出来ない、一番難しい問題なので、その答えが書いてあると期待するのも、ちょっと期待し過ぎだと思います。

それらを踏まえた上で、過大な期待をしなければ、やはり名著と言えるのではないでしょうか?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
作者のバランス感覚がこの本の内容に深みと知性を添えています。
人間が立ち入れない生命の謎の入口、一方で宗教的になったり情緒的に流されない理性をもった整理された易しい語り口調がぐいぐい入ってきます。ベストセラーは避けるひねくれた脳につきささってしまった一冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/5
形式: 新書 Amazonで購入
書名の「生物と無生物のあいだ」というのは、読んだ限りでは
ウィルスを指すと思われますが、ウィルスの本ではありません。

内容はといえば、著者の米国ポスドク時代の体験や、生物学
研究者の宿命的な悲運と影ある栄光、そして生命概念の思索が、
著者の豊富な読書量を感じさせるスムーズな文章で、織りまぜ
ながら綴られて行きます。

中盤過ぎには、以下が定義付けられます。
「生命とは動的平衡にある流れである」

これ以降は、ポスドク体験のみの記述となり、動的平衡が試行
錯誤の中から見えて来ます。
この終盤とエピローグの記述からは、諦観を強く感じます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 本書のカバー写真には「読みだしたら止まらない極上の科学ミステリー」「生命とは何か?」といううたい文句があり、帯には、茂木健一郎氏と内田樹氏による絶賛の推薦文が添えられている。それを信用して、店頭で立ち読みしてから買う日頃からの習慣を、あえて飛び越して、アマゾンで中古本を購入したのだった。

 (1)DNAをめぐる研究史をバックボーンとして、著者のポスドク時代からの回想文をところどころに散りばめた「研究ノート」、というのが、全体の印象である。
それでも、ためになる、という読者にはよいかもしれないが、「生物と無生物のあいだ」というテーマに惹かれて、その深い意味を求めて本書にを買った人々にとっては、どこにその解説があるのか、さまよい読んでも、むなしく終わってしまう、失望感があるのみだ。・・・読者サービスの一環として、「生物と無生物のあいだ」という名の一章をもうけるべきだったのではないか?

※ あえていうならば、「プロローグ」と「エピローグ」、つまりは、序章と終章を読めば、かろうじて、著者が言いたかった内容の要約をみることができる。また、全15章のうち、第9章「動的平衡とは何か」は、食べたもの(タンパク質を構成するアミノ酸)が、生命体のなかで、いかに迅速なかたちで身体内のすみずみまで行き渡り、いかに素早く排出されてゆくのかを「砂上の楼
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
生物とは何か、無生物とは何か。
細胞・ウイルス・DNAの仕組み、解析の歴史を順に追っていくことができる本です。
語り口は軽妙で、学術書と言うよりも科学者エッセイに近い文体ですが、それだけにわかりやすく、内容が頭に入ってきます。
作中で何度か引き合いに出てきますが、生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波文庫)に書かれている内容を前提としている部分があるので、
予め読んでおくとより分かりやすいと思います。(もちろん、読んでなくても十分に理解できますが)
生物学に興味のある方は、是非読んでみてください
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
最近よくみるタレント科学者(?)福岡伸一先生の代表的著作。自伝的な側面と生命科学史的な側面、生命思想的な側面が、詞的な雰囲気の中で漂うようにゆるやかに結合されており、ぐるぐると生命科学の魅力に引き込まれていく一冊。ちょっと驚くほど面白かった。本書のクライマックスだと思うが、ノックアウトマウスが全く正常だったあたりの福岡先生を含めた科学者たちの動揺や、古くて新しい動的平衡という概念(この概念自体は福岡先生が最初ではないと思う)に至る経緯などかなり面白い。生物好きにはお勧めな一冊。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー