通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) 新書 – 2007/5/18

5つ星のうち 4.1 386件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
  • +
  • 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
  • +
  • 世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
総額: ¥3,287
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第29回(2007年) サントリー学芸賞・社会・風俗部門受賞

内容紹介

生命とは、実は流れゆく分子の淀みにすぎない!?

「生命とは何か」という生命科学最大の問いに、いま分子生物学はどう答えるのか。歴史の闇に沈んだ天才科学者たちの思考を紹介しながら、現在形の生命観を探る。ページをめくる手が止まらない極上の科学ミステリー。分子生物学がたどりついた地平を平易に明かし、目に映る景色がガラリと変える!

【怒濤の大推薦!!!】

「福岡伸一さんほど生物のことを熟知し、文章がうまい人は希有である。サイエンスと詩的な感性の幸福な結びつきが、生命の奇跡を照らし出す。」――茂木健一郎氏

「超微細な次元における生命のふるまいは、恐ろしいほどに、美しいほどに私たちの日々のふるまいに似ている。」――内田樹氏

「スリルと絶望そして夢と希望と反逆の心にあふれたどきどきする読み物です! 大推薦します。」――よしもとばなな氏

「こんなにおもしろい本を、途中でやめることなど、誰ができよう。」――幸田真音氏

「優れた科学者の書いたものは、昔から、凡百の文学者の書いたものより、遥かに、人間的叡智に満ちたものだった。つまり、文学だった。そのことを、ぼくは、あらためて確認させられたのだった。」――高橋源一郎氏


【第29回サントリー学芸賞<社会・風俗部門>受賞】
【第1回新書大賞受賞(2008年)】

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 286ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061498916
  • ISBN-13: 978-4061498914
  • 発売日: 2007/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 386件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 811位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
書評の数が現時点で316と、これだけの書評を集めた本を他に知らない。しかも評価が随分分かれている。見たところ分子生物学の研究者と思しき専門家の人たちの書評は総じて辛い、曰く、生物とは何か、が結局は書かれていない、高校の生物の教科書以上のことはほとんど書かれていない、エピソードや自分の生い立ちなどの抒情的な的な散文が邪魔、といった具合である。

私は数年前の薦められて読み、下記のメモを認めた。思うに、こうした新書レベルの本は少なくとも専門書ではなく、専門家に向けたものでもない。自分の研究生活を振り返ってその時々に学んだこと、感じたこと、知ったエピソード的なことをちりばめながら、この分野の研究者達の歴史的な流れと今や常識となった内容を素人にも分かり易く解説している本、と思えば著者の目的は達しているのではないか。専門家の人達で、この程度の本で、サブタイトルー生命とは何かーの答えや著者の考えが論理的に語り得る、と思う人はいないのではないか。私たち生物はそれ程単純な存在ではないと思う。

評価は自由であり書いてある内容に誤謬があれば問題であるが、この分野の発展はものすごく今や常識と言われても、2重らせんを高校の生物では学ばなかった我々にとっては、興味深く飽きず読める解説書、入門書として優れた本には違いないと思う。

『本書は分子生物
...続きを読む ›
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者は分子生物学者です。分子生物学の視点から述べているということを念頭に置いておく必要があります。

一言で言うなら、著者は、「生命とは動的平衡である」と定義しています。
それを、「生命とは自己複製を行うシステムである」という著者とは別のひとつの定義に対抗するものとして、提示しています。
よって、「ウィルスは自己複製を行うが、生物ではない」と本書の最初の方で言っています。

ここで言う「動的平衡」とは、生物も当然分子レベルでのパーツの構成物ですが、その分子レベルでみれば、絶えず分子は入れ替わっている(食べたものが吸収されて生物の構成物となり、排泄等により生物の対外へ出て行く)という意味で「動的」であり、同時に「動的」でありながら、常にある個体としての生物を形作り、その中でその個体を生かすために協働している秩序のある状態という意味で「平衡(均衡)」ということです。
(著者は分子生物学の方ですから、分子的に動的平衡という事ですね)

簡単に言えば、帯に書いてある「生命とはなにか?」という問いに合う部分はこれだけです。
また、この主張自体は大昔にされているものです。

本書の他の部分は、
3分の1くらいは著者の叙情的な追想といったものです。
残りの3
...続きを読む ›
11 コメント 367人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 この本の賛否が分かれているのはわかる気がする。
 帯に大書きされている「極上の科学ミステリー」という内容を期待すると、「そうかな」と思う読者が多いに違いない。私はこの本の科学的精度を論じる知識を持たないが、批判的な方々のレビューを読むと、なるほど、科学者にしては不用意な記述もあるのかなと思う。
 しかし、結論から言えば、私はこの本を好ましく読んだ。
 以前に読んだ立花隆・利根川進著『精神と物質 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか』に印象が似ている。この本も「科学ミステリー」というより、「科学者という生き方」に興味をそそられたが、『生物と無生物の間』もそうだ。
 分子生物学者の目に映る都市と自然、日常生活のすぐ隣にあるDNAの世界。また、野口英世やオズワルド・エイブリーといった「偉大なる先駆者」たちの功績と人柄も、この本からうかがい知ることができる。
 科学者が書いたエッセイとして、読んで損はない本ではないだろうか。
コメント 153人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この「生物と無生物のあいだ」という書名を見て本を買った人は、
文字通り、生物と無生物の境界であるとか、無生物が生物になる瞬間であるとか、
単なる有機質が生物のように振舞う仕組みであるとかを知りたくて
ワクワクして手にしたというのがほとんどだと思う。

例えば、
・古代、生物はどのようにして生まれたのか
・ウイルスの動きは筋肉によるのか、単なる化学反応によるのか
・DNAを複製するという酵素は具体的にどのようにうごくのか
・有機質は、たんぱく質は、酵素は、それ自体生き物といえるのか
・何千年も前の植物の種が発芽する仕組み、きっかけは何なのか
・生物を新たに発生させることはできるのか

しかしこれらのようなことにこの書物は一切答えていない。

若干生物の定義について触れてはいるが、
書いてあることは、細胞学の最前線で活躍する科学者の姿とその成果である。
・DNAはこういう構造である
・たんぱく質はDNAにより造られ、こういう働きをするものがある
・細胞はこのようなたんぱく質を放出してこのような成果を得る
・科学者はこのようにしてこれらのことを発見した

これはこれで興味
...続きを読む ›
コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー