¥3,240
通常配送無料 詳細
この本の出版予定日は2019年8月26日です。 在庫状況について
ただいま予約受付中です。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生活支援の社会運動 「助け合い活動」と福祉政策 単行本 – 2019/8/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/8/26
¥3,240
¥3,240

ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

人口の約40%が65歳以上という超高齢社会への危機感のなか、「地域包括ケアシステム」の構築が社会的な課題として浮上している。しかしこのビジョンには、自助(自己責任)の強化を推し進めようとする政策意図も織り込まれている。個人や家族の垣根を超えた介護や生活支援はどのようにして可能なのか。< br&/gt; < br&/gt; 日中の孤独や強制された施設収容などの「老人問題」に対して地域住民で「たたかう」ために生まれた「助け合い活動」の1970年代から現代までを追い、地域のグループ、有償ボランティア、NPOと移り変わった担い手の変容、苦悩や課題を描き出す。< br&/gt; < br&/gt; 「助け合い活動」の歴史と展開を地域福祉に回収せず、新しい社会運動と定義することで、政策とは別の「互助」の可能性を展望する。< br&/gt; < br&/gt; 目次< br&/gt; 第1章 「助け合い活動」の出発――一九七〇年代< br&/gt; 第2章 「助け合い活動」の広がり――一九八〇年代< br&/gt; 第3章 「助け合い活動」の構造転換――一九九〇年代< br&/gt; 第4章 「助け合い活動」の再編――二〇〇〇年以降< br&/gt; 第5章 「助け合い活動」の史的展開の分析と考察< br&/gt; 終 章 介護系NPOの岐路と方向選択

著者について

1954年生まれ。日本女子大学学術研究員。専攻は社会福祉学。論文に「介護保険制度への「助け合い活動」参入の意図――「生活支援」をめぐる二つのフレーミングの比較を通した検討」(「社会福祉」第55号)。


登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: 青弓社 (2019/8/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787234595
  • ISBN-13: 978-4787234599
  • 発売日: 2019/8/26
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 1.5 x 21 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう