¥ 1,836
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生活世界の構造 (ちくま学芸文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生活世界の構造 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2015/11/11

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 2,655

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生活世界の構造 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 自己言及性について (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 社会学の考え方〔第2版〕 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 145pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「事象そのものへ」という現象学の理念を社会学研究において実践した世界的名著。
日常を生きる普通の人びとの視点から、日常生活世界の「自明性」を問うことで社会的現実のありようを考察する「現象学的社会学」の全貌が、本書により明らかにされる。
ウェーバーの「理解社会学」とフッサールの「自然的態度の構成的現象学」を引き継ぎ発展させた最晩年のアルフレッド・シュッツは、その研究を集大成すべく試みたが、惜しくもその途上で没した。
その後、シュッツの遺した膨大な資料をもとに、高弟トーマス・ルックマンが加筆・編集して完成させた画期的論攷。
第一章~第四章、シュッツの「知の理論」を待望の全訳。
ルックマンによる「日本語版への序文」を収録した。

内容(「BOOK」データベースより)

「事象そのものへ」という現象学の理念を社会学研究において実践した世界的名著。日常を生きる普通の人びとの視点から、日常生活世界の「自明性」を問うことで社会的現実のありようを考察する「現象学的社会学」の全貌が、本書により明らかにされる。ウェーバーの「理解社会学」とフッサールの「自然的態度の構成的現象学」を引き継ぎ発展させた最晩年のアルフレッド・シュッツは、その研究を集大成すべく試みたが、惜しくもその途上で没した。その後、シュッツの遺した膨大な資料をもとに、高弟トーマス・ルックマンが加筆・編集して完成させた画期的論攷。待望の本邦初訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 638ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2015/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480097058
  • ISBN-13: 978-4480097057
  • 発売日: 2015/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,348位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
フッサールの弟子で銀行家でもあったアルフレッド・シュッツの遺作である。未完のまま逝去したので、最後は弟子のルックマンがシュッツの意をくんで完成させたとのことである。

現代哲学によるあるような、これまでの哲学者や文学者の名前をテンコ盛りにしながら説くスタイルではなく、ベルクソン、ジェームズ、フッサール(131頁)とギリシャの哲学者カルネアデス(365頁)くらいしか名前が頻繁に出てこない。その意味では、西洋哲学の予備知識があまりなくとも読めるようになっている。

セクションの頭には「すでに述べたように」(64頁)と、これまでのおさらいをし、「これまでの分析から得られた結果を簡潔にまとめておこう」(399頁)など、要所要所で、これまでの「まとめ」を述べていて丁寧な書き方である。

思想の内容としては、一番のカギとなる単語は「レリヴァンス」(363頁)であろう。

「主観的なレリヴァンス体系は、一般に『社会的な』前史をもっている。しかしこの前史には、『自立した』解釈的レリヴァンスと動機的レリヴァンスが含まれており、また同様に『共感的な』解釈的レリヴァンスと動機的レリヴァンスが、そしてまた『社会化された』解釈的レリヴァンスと動機的レリヴァンスも含まれている」(505頁)

結局のところ、この
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
これまでフッサールやハイデガー等の著作を読んだが、わかりやすさで言えば圧倒的に分かりやすい。用語においても内容においても理解するのは難しいことではないだろう。しかし、それがやや退屈に感じられる可能性もある。丁寧に解説されてあるが真新しい発見は少ないように感じた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 本書成立の経緯は前書きに弟子の共著者ルックマンが詳述している 早逝した著者シュッツの未亡人の強い希望で遺稿を整理しながら完成している。フッセル現象学の体系を踏まえながら、現実の日常生活での人間行動を再分析しながら、日常生活における認識構造と人間行動の基準分析を丁寧に腑分け、分析しながら、意味や価値の構造を詳述。
 具象的な事例記述を嫌悪したフッセルとは対照的に瑞々しい日常の人間行動で、日常生活世界を描きながら、現象を理論に捨象し、体系化している。非常に読みやすいので、難解のレッテルを貼られている現象学復権に本書が果たす役割は大きい。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告