通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生命(いのち)の法―真実の人生を生き切るには (O... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生命(いのち)の法―真実の人生を生き切るには (OR books) 単行本 – 2007/12

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生命(いのち)の法―真実の人生を生き切るには (OR books)
  • +
  • 復活の法  -未来を、この手に
  • +
  • 大悟の法―常に仏陀と共に歩め (OR books)
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 139pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大川/隆法
宗教法人「幸福の科学」総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。81年3月23日、大悟するとともに、同年7月、人類救済の大いなる使命を持つ、エル・カンターレであることを自覚する。86年10月に仏法真理伝道の機関「幸福の科学」を設立(91年3月に宗教法人格を取得)。91年には、英「フィナンシャル・タイムズ」紙等で、「日本の新しい偉大なる宗教家」として紹介された。著書は400冊を超え、その多くがベストセラー、ミリオンセラーとなっている。著書を原作とする映画の製作総指揮も手がけ、「永遠の法The Laws of Eternity」(2006年)など5本の作品は、いずれも全国一斉ロードショーとなり大ヒットした。主な著書は、英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、中国語、韓国語など、数多くの外国語に翻訳され、全世界に多数の読者を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 241ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2007/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4876885869
  • ISBN-13: 978-4876885862
  • 発売日: 2007/12
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 350,611位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書では、生命の本質や大切さを教える、道徳教育を超えた「魂の教育書」とでも
いうべきものでしょうか。
昨今の痛ましいニュースを見るにつけ、生命の尊さや大切さを教える「魂の教育」の
必要性をつくづく感じます。
現代では、生きていく上で数々の障害が誰しも出てくるものですが、
そうした問題に対して、強く、たくましく、一筋に生き抜いていけるような
指南に溢れる内容です。

各章立をみると、具体的な問題解決策が盛りだくさんです。

・生きていく心がけ
・自殺を防止するためには
・学校教育と悪魔の自由について
・魂の教育について
・生き通しの生命

どこの章から読んでも、個人の問題解決の手引きとなることのみならず、
社会的な問題に対しても、智慧に裏打ちされた解決策や考え方が随所に示されています。
年間3万人もの自殺者があとを絶たない現代日本ですが、
この緊急性のある問題に対し、現在、自殺を考えている人に対して、
著者からの篤いメッセージには、生きる勇気が湧いてきます。

本書の特徴として、現在の教育界のおかれた霊的な背景が言及されています。
子供たちの明るい未来のために、真の教育を築き残していきたいという気持ちにさせてくれる書です。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ソウルメイトがいいです。現在自分の今の環境にいる家族、友人、職場の上司、同僚、部下は偶然の出会いではなく、生まれ変わりでいつも一緒の時代の同じ場所に生まれているという考えは、とてもプラスになります。そうだと思えることで、今の環境にいる人みんな好意がもてるようになりました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
もし死にたくなったら、なぜ生きるのかわからなくなったら、読んでください。

いつもながら、平易な言葉でやさしく書かれています。しかも、含蓄の多い内容なので、これも必読の書といえそうです。
‘法’にも、さまざまな顔がありますが、本書は「生命」という側面から詳しく書かれた内容となっています。

昨今、自殺が大きな社会問題の一つとなっていますが、本書では、命の尊さや、それぞれの立場における「発想の転換法」はもちろんのこと、霊的見地からもいかに自殺が愚かであるかがわかります。
表面的なことだけではなく、その根本から説明してくれる貴重な一冊です。
これを読んだ上でも、まだ自殺をする人がいるとしたら、よほど根性のすわった、頑迷な人だと言えそうです。

教育問題についても詳しく書かれていました。
宗教における普遍的な部分や、善悪の基準など、魂の教育をすることには大賛成です。最も大切なことだと思います。

また、本書は装丁が素敵でした。この表紙は、カルマ(荷物)を背負いながらも、光(仏法)に照らされて、道(仏道)を歩んでいく人の姿でしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は他人の価値基準に自分の基準を合わせ、期待にこたえようとする人間でした。それが良いことだと思っていましたし、人の役に立っていると思っていました。しかし、それを続けていくうちに「自分にとって大切なもの」を忘れ去るようになっていき、日々悶々と悩みを大きくしていく自分がありました。

この「生命の法」はそんな私に一条の光をもたらしてくれました。

「私にとって真に大事なものは何か」を考えるヒントがたくさんありました。そして、自分が悩んでいたことを前から知っていたかのように、言葉が私を包み込んでいってくれました。

人生の価値、私だけが生きられる人生、自分なりの筋を通していく生き方を学びました。そして魂についての考えが深まりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
なぜ人は生きるのかという深遠なテーマについて記載されております。
前半は、人生における、成功、そして真理についてどうやって幸福に生きることができるかということが記載されており、
智慧として大変参考になります。後半は、人はなぜこの世に生まれるのか、そしてなぜ生きるのか、生命とは何であるかというテーマについて
の記述が続きます。特に、人が生まれてくる理由については極めて合点の行く内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック