通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生命保険のカラクリ (文春新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆彡全品簡易アルコール消毒済です。商品については中古品です。多少の傷み、焼け、表紙のスレなどがある場合があります。Amazonコンディションに期づき検品作業を行ってます。発送はOPP袋(水濡れ防止)に入れて確定後48時間以内にゆうメール便で発送させて頂きます。(追跡番号はありません・ポスト投函の為確認お願いします。)質問などの対応は少し時間を頂く場合があります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生命保険のカラクリ (文春新書) 新書 – 2009/10/17

5つ星のうち 4.1 65件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 80

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生命保険のカラクリ (文春新書)
  • +
  • 保険会社が知られたくない生保の話 (日経プレミアシリーズ)
  • +
  • 生命保険のウラ側 (朝日新書)
総額: ¥2,602
ポイントの合計: 250pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本の全世帯の9割が加入し、「住宅についで、人生2番目に大きな買い物」といわれる生命保険。1000万円近い「買い物」をしているのに、加入者はあまりにその仕組みや内訳を知らされていないのではないか?
従来、藪の中だった「生命保険のカラクリ」を、ネット生保の副社長が明快、解き明かす。かけ捨ては損ではない、保険料はどこも同じではない、保険にボーナスはない、途中でやめたら損とは限らない、などなど、セイホの常識をくつがえし、生命保険会社の舞台裏から、「保険にかしこく入るための7か条」まで。
生命保険に入っている人、入ろうと考えている人、さらに保険業界で働く人、セイホに関わるすべての人たちのための「必読の書」。

内容(「BOOK」データベースより)

日本の約九割の世帯が加入しながらわかりにくい生保。保険業法の改正により、外資の波も押し寄せている。生保のしくみを知って、新時代の保険との付き合い方を身につけよう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166607235
  • ISBN-13: 978-4166607235
  • 発売日: 2009/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,878位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
「批判は簡単だが、改善策を提示するのは凄く難しい」

これがこの著書と同社の経営を見て思った感想です。

同社の会社経営の状況を見ていると、この本の当初に書かれていた批判の改善策が必ずしも実践できてません。そのため、同社の経営を知って読むと、会社経営の難しさというのがよくわかります。既存保険業界のところを批判している内容は一理あるのですが、物事には欠点と利点があり、その批判対象の制度があるのにはそれなりの理由があります。そのため、その点を簡単になくせるかというとなくせません。岩瀬氏の経営しているライフネット生命もその点の壁にぶち当たっているのがわかります。そこを知らずに読むと、偏った見方が身につく危険があります。
例えば、

・「特約等をはじめとした商品内容が複雑化して、販売側すらその内容を正しく判断できない。」
→ このため、岩瀬氏の会社はシンプルな保険を2商品だけ当初は売っていました。しかし、シンプルな保険と言うのは同一視点で比較しやすいので、商品性で差別化できず価格競争に陥ります。実際、後発の会社が類似商品が出してきて、契約が低迷しました。その打開策として、同社は、女性用の保険や追加の医療保険の販売を開始して、同社の保険ですら複雑になってきました。

・営業費用に対する批判
...続きを読む ›
1 コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
生命保険の実態について書かれた本は多々あるが、現状分析のレベルでは本書は群を抜いている。(著者がネット販売を基本とするライフネット生命の共同設立者かつ経営者であるため、その主張にバイアスがかかっていることは認識しておかなければならないが、従来型の生命保険会社の問題点を理解するには、問題はないと思う。)

一般的に、ほとんどの人が生命保険の契約内容を正確に把握しないで加入している。(加入する時期が比較的若年であることも、関係していると考えられる。)

例えば、私たちが支払った保険料の3分の1から半分が、保険会社の経費や利益として使われている。
また、一般に普及している(掛け捨てでない)生命保険では、そのうちの相当分が投資に割り当てられ、満期になると返金があるので、その中身を十分に理解していない加入者はその利率の損得とは無関係に掛け捨てより得をした気分になってしまう。

医療保険も同様で、例えば、CMなどでがん保険に入っていたので多額の医療費を払うことができたと視聴者の不安感に訴えている。しかし、日本の健康保険制度は、世界でも類を見ないほど充実しており、健康保険でカバーされている範囲なら、高額医療費がかかっても自己負担は10万円程度におさえられていることを知らない人は多い。

現在の日本の生命保険
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
数年前に、転職で年収が減少するのを機に、家計の支出項目をゼロベースで見直し、
その一環としてバブル期に契約した終身保険をを「払い済み」にしました。
「払い済み」とは、契約を継続しつつも、以降の保険料の払い込みを停止することです。
支払い保険料が減るために、保険金は当初の契約時よりも下がりますが、
メリットとして契約時の高い予定利率のままで保険契約を維持することができます。

北欧等の福祉国家は別格として、日本は先進国の中でも類を見ないほど、
公的医療保険制度が充実しています。本来、民間の生命保険に求められるのは、
それを補完する保障であるにもかかわらず、高額療養費制度のことを伏せて、
医療費の自己負担を針小棒大に誇張して、業容拡大と販売競争を行ってきました。
その犠牲者が、高額な保険料を負担している消費者である事は、
本書を読めばお分かりいただけると思います。

「特約等をはじめとした商品内容が複雑化して、販売側すらその内容を正しく判断できない。」
→「その結果、多数の不払い事例が判明し、解明のために膨大な費用とエネルギーを投入した。」
→「でも、それらに要した費用は、やがて保険料という形で契約者が負担する。」
というのも、
...続きを読む ›
1 コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
良い点は他のレビュアーが書いているので、記載が不足していると思われる点を書きます。

まず1点目は、三大疾病特約と介護特約についてです。がん、脳卒中、心筋梗塞で長期入院した場合や要介護状態になった場合に
数百万から数千万といった高額な給付金が支払われる特約ですが、ほとんどの生保にあってライフネットには無い商品です。
万が一に備えるという保険の性質そのものに非常にマッチしている特約で、契約者も多いと思います。
「障害者になると収入が無くなる。家のリフォームも必要だ」などと営業マンに脅されると備えておきたくなるものです。
こういった特約について岩瀬さんがどう考えているか、ライフネットで準備していないのはなぜかを読みたかったです。
(保険商品が複雑になりすぎる、実際に支払われるケースは稀であまり意味がない、といったところでしょうか)

2点目は年金保険の保険料控除制度についてです。現在は金利が低いため、
保険会社にお金を預けて塩漬けにしてしまうのは良くないというのが本書の基本スタンスです。
これはもっともですが、税金の控除分まで含めて考えると必ずしもそうとは言えないでしょう。
途中解約すると損になるので自由に使えないお金になってしまうのは確かですが、貯金の一部を老後に備
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー