¥3,024
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
生命の歴史は繰り返すのか?ー進化の偶然と必然のナゾ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

生命の歴史は繰り返すのか?ー進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む 単行本(ソフトカバー) – 2019/6/1

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 4,868

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 生命の歴史は繰り返すのか?ー進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む
  • +
  • わたしは哺乳類です: 母乳から知能まで、進化の鍵はなにか
総額: ¥7,022
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

■地球の生命の歴史は、目を見張るような収斂の事例でいっぱいだ。眼や翼、木に登るトカゲは、何度も独立に進化した。一方で進化生物学者は、偶発性を示す例も数多く発見してきた。ランダムな遺伝的変異や、はるか昔のチョウの羽ばたきといった、ごくわずかな変化が、進化のたどる道筋をしばしば大きく書き換えた。この2つの力は、常に変わりつづける自然界で、それぞれどんな役割を果たしているのだろう?

■いま存在する動植物や、わたしたちヒトは、必然的に生まれたのか、それともたまたま運良く進化しただけなのか? ほかの惑星に存在する生命について、そこから何が言えるだろう?

■ジョナサン・ロソスは、進化生物学における最新のブレイクスルーが、いまなお続く科学界屈指の大論争にもたらした新たな知見を明らかにする。世界各地を訪れ、地球の生命史における最大のミステリーを、進化実験で解決しようと奮闘する研究者たちに出会う。ロソス自身も、このエキサイティングな新分野のリーダーのひとりだ。

■グッピーやショウジョウバエ、細菌、キツネ、シカネズミ、そして彼自身のカリブの島じまのアノールトカゲの実験を通して、生命のテープのリプレイがおこなわれ、進化がきわめて急速に、また予測可能なかたちで起こりうることが明らかになる。

■本書は、進化についての考え方や、議論のあり方を一変させるだろう。自然淘汰と進化的変化に関するロソスの洞察は、生態系の保護、食料供給の安定、有害なウイルスや細菌との闘いに、広く応用できる。臨場感たっぷりに描かれた、この進化をめぐる物語は、わたしたち人類について、そして自然界や宇宙における人類の役割について、新たな理解をもたらすだろう。

-----------------------------------------------------
【目次】
まえがき
序章 グッド・ダイナソー
第一部 自然界のドッペルゲンガー
第1章 進化のデジャヴ
第2章 繰り返される適応放散
第3章 進化の特異点
第二部 野生下での実験
第4章 進化は意外と速く起こる
第5章 色とりどりのトリニダード
第6章 島に取り残されたトカゲ
第7章 堆肥から先端科学へ
第8章 プールと砂場で進化を追う
第三部 顕微鏡下の進化
第9章 生命テープをリプレイする
第10章 フラスコの中のブレイクスルー
第11章 ちょっとした変更と酔っぱらったショウジョウバエ
第12章 ヒトという環境、ヒトがつくる環境
終章 運命と偶然:ヒトの誕生は不可避だったのか?
謝辞/訳者あとがき/巻末注/索引/イラストレーター紹介
-----------------------------------------------------


★《フォーブス》誌2017年度生物学書のベストブック・トップ10


★これまで広く一般向けに書かれたすべての進化生物学に関する本のなかで、本書は傑出した作品だ。壮大な地球の生命史、人類の存在の本質的な危うさ、地球外生命体の存在確率といったテーマを、これほど綿密に、わくわくするような筆致で描き出せるのは、科学者としてもナチュラリストとしても卓越した筆者ならではだ。──エドワード・O・ウィルソン(ハーバード大学名誉教授,『人類はどこから来て、どこへ行くのか』著者)

★「ときどき素晴らしい本が出版され、わたしたちが進化について理解していることを再考するのに役立つ。本書は魅惑的で、強烈で、やめられない。まさに、そういう本だ。生き生きとした筆致と思慮深く挑発的な洞察力を備えたロソスの進化論研究は、エドワード・O・ウィルソンの『人類はどこから来て、どこへ行くのか』(化学同人)とスティーヴン・J・グールドの『ワンダフル・ライフ』(早川書房)と並んで読む価値がある。」──BookPage

★「明晰かつ面白おかしく、学術的かつ情熱的に、進化生物学でわかったこの世界の壮大なしくみを描き出す。その物語は驚きでいっぱいだ。」──ワシントン・ポスト

★「どんな困難にもめげず、進化のメカニズムの解明に明け暮れる研究者たちの珠玉のエピソードは、驚くほど読みやすく、引き込まれずにはいられない。」──ネイチャー

★「進化をめぐる興味の尽きない問いに、空虚な思索ではなく、最新研究のフレッシュな発見から取り組む。個性豊かな生物たちも登場し、最高に刺激的だ。」──カール・ジンマー(『進化の教科書』 著者)

出版社からのコメント

進化は予測可能な方向をたどるのか、それとも偶発的なのか。グールドとコンウェイ=モリスによる科学界屈指の大論争は、進化実験で解決するというブレイクスルーにより、新しいフェーズに入りました。このエキサイティングな新分野の科学者たちは、グッピーやショウジョウバエ、細菌、シカネズミ、アノールトカゲの実験で生命テープをリプレイし、進化がきわめて急速に、また予測可能なかたちで起こりうることを明らかにしました。臨場感たっぷりに描かれた進化をめぐる物語は、著者の説得力のある筆致も相まって、わたしたちの思考を刺激します。ぜひ、ワクワクしながら読んでみてください。

商品の説明をすべて表示する

出版社より


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 400ページ
  • 出版社: 化学同人 (2019/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4759820078
  • ISBN-13: 978-4759820072
  • 発売日: 2019/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,909位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.3

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

ベスト500レビュアー
2019年6月7日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年6月9日
形式: 単行本(ソフトカバー)
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年6月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告