通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生命の惑星: ビッグバンから人類までの地球の進化 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 大力books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー少々キズ・上部ヨレ、ページ概ねきれいな状態です。帯なし。ご注文前に発送先ご確認お願いいたします。(番地・部屋番号など)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

生命の惑星: ビッグバンから人類までの地球の進化 単行本 – 2014/12/2

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/12/2
"もう一度試してください。"
¥ 6,696
¥ 6,696 ¥ 4,999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生命の惑星: ビッグバンから人類までの地球の進化
  • +
  • チェンジング・ブルー――気候変動の謎に迫る (岩波現代文庫)
総額: ¥8,035
ポイントの合計: 242pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

さまざまな生命を育む地球は,どのようにして生まれ,現在のような豊かな環境を作り出したのだろうか? 地球と同じような「生命の惑星」は他にも存在するのだろうか? 本書は,ビッグバンによる宇宙の創生から,太陽系の誕生,地球の進化,人類文明の台頭に至るまでの137億年の地球の歩みを辿る壮大な物語である.また,この物語を明らかにするために科学者たちがいかに考えて理論を組み立てたか,またその理論はどれほど信頼できるのかを,予備知識のない読者にも理解できるよう丁寧に解説する.ダークエネルギーやスノーボールアース仮説,太陽系外惑星など,近年急激に理解が進んだ話題まで網羅されており,現代宇宙科学の入門書としても最適な一冊.

内容(「BOOK」データベースより)

ビッグバンによる宇宙創生、元素の生成、太陽系の誕生、惑星の進化、生命の進化と絶滅、人類文明の台頭…。科学者たちはいかにして壮大な地球史を読み解いてきたのか。科学探偵が解き明かす地球137億年の軌跡。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 686ページ
  • 出版社: 京都大学学術出版会 (2014/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4876985413
  • ISBN-13: 978-4876985418
  • 発売日: 2014/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.4 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 411,938位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

同じテーマの本は多いが,薄い入門書を10冊読むなら,本書1冊を精読した方がずっと勉強になる。
まず,宇宙史・地球史・生命史を理解するのに必要な学問を,根本の原理からていねいに説き起こしてくれるのがありがたい。物質の構成,放射性崩壊,有機化学と無機化学,そしてもちろん地球物理・地質学・気候学から分子生物学・進化学まで。必要な学問の前提知識なしで読める。たとえば,高校物理の原子分野だとか,化学で習う酸化還元反応だとかの内容は,こう使うのだということがよく分かる。厳密さを維持して基礎から研究の到達点を示す水準は非専門書としては最高レベルではないか。
一方で,根底に流れているブロッカー教授の哲学を感じ取れるのも魅力だ。取り上げられるすべての事実と論考が,宇宙が誕生してから,現在私たちがここに存在するまでの流れを浮かび上がらせるように構成されている。一大絵巻を見るようでとても感動する。複数の専門家が分担執筆した編著書にはない力強さがある。
それだけに,最後から二番目の章で扱われる環境問題に対して慄然とする思いを強くするし,最終章で語られる宇宙生物学に未来への明るさを感じる。扇情的な表現は使われていないが,基礎科学の成果の積み重ねにより科学の語ることばを強める好例を見る思いだ。
ひとつだけ物足りなさを感じるのは訳題。少し平凡でインパクトが弱い感じがする。
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
高い本だが読み進むうちにそうでないことを納得する。レベルを落とさずに解かり易く、論理的にかつ丁寧に記述してあり、しかもストーリーになっている。ハーバードの講義がもととなっているとのことだが、こういう講義が聴けるとはまったく羨ましい。他のコメントにあることも納得する。近年における推薦に値する図書の筆頭格ではないか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
やさしい語り口、比ゆや例示を用いて分かり易さを意識してくれている。
各章の頭には、テーマ毎の問題意識を投げかけ、章の終わりにはまとめで振り返ることができる。
ざっくり読むだけで、言わんとするところは概ね伝わってくる。

近年、様々なメディアで、一般向けに、関連するトピックが取り上げられている。
国内外の科学者が監修しているものも多い。
本書を読むことで、その多くが、宇宙史のどこに結びつくのかが整理された。
さらに、いままで聞いたことが無かった研究成果も多く、視野が広がった。

自説(※)を懇々と述べるのではなく、多くの研究者の主要な仮説・研究内容を紹介し、
数字を挙げて検証し、ところどころでは、正しらしさを10点満点で評価している。
そのため、現段階でほぼ確定している事柄や、まだまだ研究をすべき事柄が
よく分かった。
※ただし、最終章の手前の「舵を取る人類]の章では、著者の熱い思いが伝わってきた。
世の中には「CO2増加は地球温暖化の(原因ではなく)結果だ」と主張する人もいるとのこと。
コップに浮かべた氷を例に「温暖化しても海水面は上昇しない」とテレビで言い放った「教授」を思い出した。
ぜひ、一部産業のみに奉仕する「教授」「
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
面白かったです。生命がこんなにいろいろな現象と複雑に絡み合っていることを知り、驚きました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告