中古品
¥2,616
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ▲ 本体に反りあり ▲ 外観:多少使用感、スレキズ・薄汚れ・薄ヤケ少々
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


生命の建築―荒川修作・藤井博巳対談集 (日本語) 単行本 – 1999/3/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,616
¥6,893 ¥2,616
お届け日: 8月10日 - 11日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

政治、経済、思想が混沌を極め、ますます方向性を喪失した現代社会。「共同性の意思の力」による「都市化」。日常の生活空間を使用する、真の「総合化」…。まさにいま、革新的な創造者によって新たな「建築」のコンセプトに基づく、コミュニティーとしての「街」や「都市」が実現されようとしている。これまで、「普通」に扱われてきたさまざまな観念の、価値の転向が、この「建築」から始まろうとしている。ふたりのラディカリストによる最も危険な対論。

内容(「MARC」データベースより)

新たな「建築」のコンセプトに基づく、コミュニティーとしての「街」や「都市」が、今実現しようとしている-。これまで普通に扱われてきた様々な観念の価値の転向についての、画家と建築家の危険な対論。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト500レビュアー
2011年5月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入