通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発... がカートに入りました
+ ¥ 250 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見 (文春文庫) 文庫 – 2015/3/10

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥ 1,296 ¥ 11
文庫
¥ 594
¥ 594 ¥ 46

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見 (文春文庫)
  • +
  • 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
  • +
  • 新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)
総額: ¥2,300
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

〝記憶〟とは一体、何なのか?

働きバチは幸せ? 進化に目的はない? 福岡ハカセが明かす生命の神秘に好奇心を心地よく刺激される『週刊文春』人気連載第二弾。

内容(「BOOK」データベースより)

〝記憶〟とは一体、何なのか?

働きバチは幸せ? 進化に目的はない? 福岡ハカセが明かす生命の神秘に好奇心を心地よく刺激される『週刊文春』人気連載第二弾。

「記憶は不思議ならせん階段である」。生命と記憶の秘密を探る福岡ハカセの長い旅は、刺激的な脱線の連続。地球上で最も成功している生物とは?実は進化に目的はない?コンピューターはクイズで人間に勝てるか?そして記憶は何のためにあるのか?…知的好奇心を心地よく刺激される66の冒険譚。

「働きバチ」といえば、女王バチが君臨する王国で、一生働かされる奴隷のようなイメージを持っている人も多いと思いますが、「本当にそうか?」と人間側の視点を引っくり返すところに福岡ハカセの真骨頂があります。言われてみれば、女王バチの実態とは、「巣の奥に幽閉された産卵マシーン」なぜなら「働きバチは必要があれば女王を殺し、必要があれば新しい女王を作り出す」から。わずかな数の雄バチも、「用が済めば餌ももらえず捨てられる」。働きバチだけが、「よく食べ、よく学び、労働の喜びを感じ、世界の広さと豊かさを知り、天寿を全うして死ぬ。おまけにしんどい産卵は他人まかせ」というわけです。
「週刊文春」連載中の福岡ハカセの好評連載、待望の文庫最新刊は、こうした福岡ハカセの自在な視点と、ゆるぎない名文で、読む者の好奇心を心地よく刺激し続け、ついには自分の生命観に新たな「ゆらぎ」が生じていることに気付かされます。ほかに「筋トレでついた筋肉は実は子供に遺伝する可能性がある」「遭難者を殺すものは、飢餓や渇きでjはない。本当の死因は、絶望と孤独」「進化に目的はない」「クイズでは、コンピューターは人間には勝てない」といった興味深いラインナップが並びます。さらにオランダの画家・フェルメールの愛好家として、フェルメールの絵画にも科学者の視点から一考察を加えています。
タイトルが示すとおり、全編を通じるテーマは実は「記憶」。まえがきとあとがきでは、生命は生きている限り変化し続けている(「動的平衡」)のは当然として、そのかそけき流れのなかで、人間にとって自分を繋ぎとめるのは、「記憶」ではないか、と記しています。
「どんな文章であっても、何かを書くとき、知らず知らずのうちに私はいつもそのつながりを求めている。その手触りを探している。そんな気がする。散らばった記憶の断片。消えてしまった記憶の痕跡。このエッセイ集もまた、かつてそこにあり、今や失われてしまった何かを紡ぎ合わせるために書かれたものである」(「まえがき」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167903245
  • ISBN-13: 978-4167903244
  • 発売日: 2015/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,951位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年8月17日
形式: 文庫|Amazonで購入
2016年3月9日
形式: 単行本|Amazonで購入
2015年3月13日
形式: 文庫|Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年11月9日
形式: 文庫|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年1月5日
形式: 単行本|Amazonで購入
2015年5月4日
形式: 文庫|Amazonで購入
2013年4月20日
形式: 単行本|Amazonで購入
2015年12月25日
形式: 文庫
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー