中古品
¥ 1,800
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 明倫館書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少ヨゴレ・破れ等イタミあり。天地側部少ヨゴレ、一部ページ端少折れあり。その他本文はきれいな状態です。2003年初版
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生保年金数理〈2〉理論・実務編 単行本 – 2003/7

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者からのコメント

保険年金制度のバックボーンは数学である
 この本を読むと、保険年金制度は数学という一本のしっかりしたバックポーンがあるのだということがつくづく解ります。 エピソードとして19~20世紀の人物や歴史の紹介もあり、保険の発展の様子がよく解ります。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、アクチュアリーをめざそうとする学生や社会人のために、生保年金数理の基礎理論から応用までを詳しく解説した書である。前半では、第1巻に引続き生保数理の基礎理論と、その実務レベルにおける取り扱いについて言及する。後半では、年金数理の基礎理論から応用までを、具体例や例題を豊富に盛り込みながら懇切丁寧に解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 227ページ
  • 出版社: 培風館 (2003/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4563011126
  • ISBN-13: 978-4563011123
  • 発売日: 2003/07
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 678,062位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
2
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
大学教授と実務家のチームによる、生命保険数理および年金数理の解説書の第2巻。本書では、生保数理の後半および年金数理を取り扱っている。アクチュアリー試験対策を意識しているとの触れ込みだったが、指定教科書とは表記が微妙に異なっており(特に年金数理)、また解説もお世辞にも分かり易いとは言えない。第1巻に比べると演習問題が劇的に減少しており、試験対策書としてはイマイチ。
一方、試験とは縁遠い「死亡法則」「企業年金制度の選択」「国際アクチュアリー記号」などの歴史的・実務的トピックは、示唆に富む記述が多く読み応えバッチリ。むしろ試験合格後にこそじっくり目を通したい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かってはみた物の少々難しかったです。I をしっかり読み直してから再び挑戦するつもりです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック