Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,944

¥ 216の割引 (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ウジ トモコ]の生まれ変わるデザイン、持続と継続のためのブランド戦略ー老舗のデザイン・リニューアル事例から学ぶ、ビジネスのためのブランド・デザインマネジメント
Kindle App Ad

生まれ変わるデザイン、持続と継続のためのブランド戦略ー老舗のデザイン・リニューアル事例から学ぶ、ビジネスのためのブランド・デザインマネジメント Kindle版

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,944

紙の本の長さ: 256ページ

商品の説明

内容紹介

本書は、天保元年創業の福島県会津下郷地域にある老舗まんじゅう屋のデザイン・リニューアル案件をメインの実例にとり、ブランド・デザイン・マネジメントについて、知っておきたい考え方と重要性を解説します。現在、地方創生が政策としても推進され、インバウンド需要や六次産業化によって、地域ブランドの新設やリニューアルが日本中で起こっています。また、時の流れとともに縮小を余儀なくされる市場もあります。それらの施策をより持続可能なプロジェクトにする成功の鍵が、拡張可能なデザインシステムとデザイン・ガイドラインの活用です。ただ作っては捨ててしまうだけのデザインではなく、ブランドの「今」を守りながら新しい挑戦をして生き残っていくために必須のデザイン戦略について、現役アートディレクターの著者が成功実例を挙げながら紐解きます。使えば使うほど資産としての価値が上がるデザインを作り、育て、ブランドを守りながら未来を生き抜くための戦略をまとめた1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

地域ブランディングにも有効なデザイン・リニューアルの最先端事例を、ストーリー&ロジックで紹介!実例で紐解く、デザインによる問題解決。ビジネスマンのためのデザインの教科書。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13903 KB
  • 紙の本の長さ: 234 ページ
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社 (2016/6/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01HPH6KEU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 65,044位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
こんにちは、古舘健です。

ビジネスに関連するデザイン・芸術を学べる本を探していました。

先日読んだ反哲学入門 (新潮文庫)の中でも、ニーチェは近代の行き詰まりに対する解決策として、芸術を提示しており、
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
書店でロゴの刷新やブランドのてこ入れなんかをテーマにした本がないか探して、本書を買いました。ブランド本はかなりあり、ブランドデザイン、コーポレートアイデンティティについてデザイナーの側からの考え方を知るのにとても参考になりました。とはいえ、デザイナー側の…というのは、ハラケンさんや水野さんといった超有名デザイナーのブランド構築本とは異なり、もっと地に着いた、「うちの会社でも考えられる」感じ。そこが大変よく、そして、具体的なノウハウベースになっているところが勉強になります。ただ、3章以降はあえてノウハウ化を重視しているのでケーススタディとしてさらっと流すことができず、ちょっとまだ読後咀嚼できてない感じです。「売れるデザインのしくみ」も拝読しているので、こちらをいきなり読むより、あわせて読むほうが、より理解しやすいかと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover