この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


生まれる地名、消える地名―「平成の大合併」で日本地図に大異変! (日本語) 単行本 – 2005/6/1

5つ星のうち2.1 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

地名から日本の社会・文化が透けて見える。ひらがな・ブランド・大風呂敷・旧国名など「平成の大合併」で生まれた新地名の由来、幻に終わったトンデモ地名・消えた地名など激変した最新ニッポン地名事情。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

今尾/恵介
1959年横浜市生まれ。管楽器専門誌「パイパーズ」編集部を経て91年より地名・地図・鉄道などに関する執筆活動を開始。現在(財)日本地図センター客員研究員、日本国際地図学会評議員、関東学院大学非常勤講師、日野の昭和史を綴る会会員。東京都日野市在住。日野市町名地番整理審議委員時代には地元・下田の地名保存運動にかかわった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2005/6/1
  • 単行本 : 286ページ
  • ISBN-10 : 440800796X
  • ISBN-13 : 978-4408007960
  • 出版社 : 実業之日本社 (2005/6/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.1 2個の評価