通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
生き物の死にざま がカートに入りました
+ ¥340 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 文藝書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 棚保管時のスレが若干ありますが、本自体のコンディションは概ね良好です。書き込み等もありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

生き物の死にざま (日本語) 単行本 – 2019/7/11

5つ星のうち4.4 102個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,540
¥1,492 ¥1,315
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 生き物の死にざま
  • +
  • ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか
  • +
  • 失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!
総額: ¥4,510
ポイントの合計: 69pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

すべては「命のバトン」をつなぐために──

子に身を捧げる、交尾で力尽きる、仲間の死に涙する……
限られた命を懸命に生きる姿が胸を打つエッセイ!

生きものたちは、晩年をどう生き、どのようにこの世を去るのだろう──
老体に鞭打って花の蜜を集めるミツバチ、
地面に仰向けになり空を見ることなく死んでいくセミ、
成虫としては1時間しか生きられないカゲロウ……
生きものたちの奮闘と哀切を描く珠玉の29話。生きものイラスト30点以上収載。


<目次より>
1 空が見えない最期──セミ
2 子に身を捧ぐ生涯──ハサミムシ
3 母なる川で循環していく命──サケ
4 子を想い命がけの侵入と脱出──アカイエカ
5 三億年命をつないできたつわもの──カゲロウ
6 メスに食われながらも交尾をやめないオス──カマキリ
7 交尾に明け暮れ、死す──アンテキヌス
8 メスに寄生し、放精後はメスに吸収されるオス──チョウチンアンコウ
9 生涯一度きりの交接と子への愛 タコ
10 無数の卵の死の上に在る生魚──マンボウ
11 生きていることが生きがい──クラゲ
12 海と陸の危険に満ちた一生──ウミガメ
13 深海のメスのカニはなぜ冷たい海に向かったか──イエティクラブ
14 太古より海底に降り注ぐプランクトンの遺骸──マリンスノー
15 餌にたどりつくまでの長く危険な道のり アリ
16 卵を産めなくなった女王アリの最期──シロアリ
17 戦うために生まれてきた永遠の幼虫──兵隊アブラムシ
18 冬を前に現れ、冬とともに死す“雪虫”──ワタアブラムシ
19 老化しない奇妙な生き物──ハダカデバネズミ
20 花の蜜集めは晩年に課された危険な任務──ミツバチ
21 なぜ危険を顧みず道路を横切るのか──ヒキガエル
22 巣を出ることなく生涯を閉じるメス──ミノムシ(オオミノガ)
23 クモの巣に餌がかかるのをただただ待つ──ジョロウグモ
24 草食動物も肉食動物も最後は肉に──シマウマとライオン
25 出荷までの四、五〇日間──ニワトリ
26 実験室で閉じる生涯──ネズミ
27 ヒトを必要としたオオカミの子孫の今──イヌ
28 かつては神とされた獣たちの終焉──ニホンオオカミ
29 死を悼む動物なのか──ゾウ

内容(「BOOK」データベースより)

すべては「命のバトン」をつなぐために―ゾウ、サケ、セミ、ミツバチ…生命の“最後の輝き”を描く哀切と感動の物語。

続きを見る

出版社より

生き物の死にざま8万部画像

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 草思社 (2019/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794224060
  • ISBN-13: 978-4794224064
  • 発売日: 2019/7/11
  • 梱包サイズ: 17.4 x 13 x 1.6 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,080位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
評価の数 102
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

ベスト1000レビュアー
2019年8月22日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
98人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月17日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
56人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月4日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
66人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年9月16日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年9月3日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年9月23日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月21日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月18日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告